FC2ブログ

アンコールワットに渡ったという森本一房について

2019年05月24日 14:41

61 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/24(金) 11:45:39.91 ID:ISgK1XN7
加藤清正の家臣である森本義太夫(一久)の子(次男)を宇右衛門(一房)という。
牢人の後、宇右衛門は我が天祥公(松浦重信)の時、しばしば伽に出て咄などをしたという。

この人はかつて明国に渡り、そこから天竺に赴いたが、彼の国の境である流沙河を渡る時に
エビを見たが、殊の外大きく数尺に及んでいたと云った。
そこから檀特山に登り、祇園精舎をも見て、この伽藍の様は自ら図記して持ち帰った。(今その
子孫は我が(松浦家)家中にあり、正しくこれを伝えているが、現在有るのは模写だという)

またこの旅の最中、小人国に至り、折節小人が集まって、一石を運んで橋を掛けていたのを
宇右衛門見て、自分一人で石を水に渡したところ、小人たちは大いに喜び、謝礼と思わしき果物を
多く与えられた。これも今に伝わっているが、年を経た故か、現在では梅干しのようになっている。
(また、始めは多く有ったが、人に与えて現在ではわずかに二,三ほどとなっている。)

近頃、ある人によると、この宇右衛門が至った場所はまことの天竺ではなく他の国であるという。
流沙河というのも、これは砂漠のことであり水がある場所ではなく、我が国において普段聞き及んで
いるに任せてそう名付けたのだ。

また山舎の如きも皆異所であろう。彼の国ではああいった類の物はもっと多いはずである。
また小人国というものも南北様々な場所に伝承が有る。この小人国は一体何方のものだろうか。

彼が外域、遥か遠い場所に至った事自体は疑いないが、その当時は世界四大洲の説も未だ知れ渡って
いなかったため、非常に曖昧で分かり難い。

(甲子夜話)

アンコールワットに渡ったという森本一房についての甲子夜話の記事



62 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/24(金) 13:34:27.02 ID:DIUlQ1Gk
>>61
ガリバー旅行記みたいだなw

63 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/24(金) 15:24:00.04 ID:5bhEUb8Y
ガリバー「踏み絵を拒否したら怪しまれた」
スポンサーサイト



「なんとまあ、快いことだ!」

2014年08月17日 21:01

553 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/17(日) 14:36:45.69 ID:sit330gk
朝鮮において、どこの戦いでのことか、加藤清正の士大将の森本義太夫
(一久)は流れ矢に肘を射られてしまった。

このようなところに、庄林隼人(一心)が馳せて来るのを見た森本は、

「もしもし、手負いしてしまった。この矢を抜いてくだされ」

と言った。庄林が馬から下りて矢を抜き捨てると、森本は、

「なんとまあ、快いことだ!」

と言うや否や、馬にひらりと打ち乗り、一鞭打ってさっと駆け出し、

「庄林殿、続かれよ!」

と言い捨てて、敵に出会い、首を得た。二人とも清正の士大将にして、
大剛の者である。森本の槍は白鳥毛を鞘とし、庄林は黒鳥毛を鞘とした。
世の人は、黒鳥毛、白鳥毛、と言い合った(渾名したという意味か)。

――『常山紀談』




554 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/17(日) 14:48:56.56 ID:XnkegDf9
どこの戦いでのことかw
ストレートだなw

555 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/17(日) 14:51:59.73 ID:VVjdKVfz
戦以外でなんか聞いたことあると思ったら
アンコールワット落書きしたやつの父親か

556 名前:人間七七四年[] 投稿日:2014/08/17(日) 17:20:21.80 ID:LA87lVqN
>>553
森本義太夫が乗った馬ってまさかとは思うが庄林隼人が乗ってた馬じゃないよね?
森本義太夫が助けて貰った上に馬盗…拝借して活躍した様に見えるんだが…

源義経ほどの大将は

2014年07月27日 19:28

370 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 22:39:31.64 ID:Co23d2UJ
さて加藤清正がある時に家人の加藤右馬允、並河志摩、庄林隼人、森本義太夫
三宅角左衛門、木村又蔵、飯田覚兵衛、その他一騎当千の勇士らと同座で昔の
物語りをされた時、清正が、

「源義経の家士である武蔵房弁慶ほどの忠臣は、今も昔もいるはずがない」

と申されたところ、森本義太夫

「いや、武蔵房弁慶ほどの忠臣は昔は知りませんが、今は幾人もいるでしょう。
ですが、その主君の源義経ほどの大将は、今はいるはずもありません」

と申したので、清正を初め家人一同は笑いなさったということである。

名将良士と言われる人は、皆君臣の間が睦まじかったそうだ。神君(徳川家康
は人を引き立てなさることをよくなさった。ある時の御話の折、

「昔の鈴木三郎重家を忠義を兼ねた良士であると世に言うが、我が家には重家の
ような忠義の士が幾人もいる」

と、仰せられたそうである。

陶淵明の『渠も亦人の子也』(『此もまた人の子なり』)とは、本当に
格言というべきである。この言葉は高貴下賤ともによく人情に通じている。
名将良士が心を用いるところはここにある。

――『明良洪範続編』





371 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 22:42:18.22 ID:PPRdKStg
九州仲間の某家で同様の話があったならば…

372 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/27(日) 03:42:11.27 ID:zLeQ/84T
NGMSさんちか

373 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/27(日) 03:45:59.82 ID:mZBctROr
並河、三宅、木村ってなんか明智さんとこの旧臣っぽく感じなくもない

374 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/27(日) 08:37:07.44 ID:V+cZAXqT
でもこういう主従だか何だか分からん状態で放置しておくとお家騒動に繋がるのよね
太平の世では早急に悪久すべき

375 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/27(日) 10:50:20.36 ID:m510hudy
国衆を家臣化する過程は大名によって違うから一概に悪久するべきかと言うとビミョー

376 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/27(日) 11:17:44.06 ID:XnQ916Jd
>>371

黒田武士は知らんが、三河武士にはある

http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2639.html

377 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/27(日) 12:20:12.06 ID:+EQiIhCF
三河武士だと全員拙者のことでござる!とか思ってそうだなw

378 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/27(日) 21:50:36.34 ID:xw6A6oT7
想像しただけでめんどくさいw

379 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/28(月) 02:56:43.87 ID:NuNQEtm4
面倒すぎるw

380 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/28(月) 03:37:48.78 ID:9WmG8ITM
自分でそう思ってるくせに主君の言うことにあれくれ理屈つけて従わないんですね
分かります