FC2ブログ

【雑談】森蘭丸の蘭の字が

2020年02月01日 16:34

森蘭丸   
766 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/01(土) 00:29:57.50 ID:xb5ZsLQv
森蘭丸の蘭の字が他の兄弟の名前見る限り乱のがあってそうな気がせんでもないんだけど
やっぱり蘭の字なんだろうか

767 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/01(土) 01:07:34.67 ID:n/NFstfN
>>766
同時代史料だと、森乱、或いは乱法師。
蘭丸表記は江戸期になってからだね。

769 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/01(土) 03:00:00.37 ID:xb5ZsLQv
>>767
おお、やっぱり蘭の字は後付けでしたか
ありがとうございます

信長が後世に暴君的な扱いになっていくにあたって乱丸が傾国の美女的な扱いになっていくようになった感じなんですかね
その途上で麗しそうな当て字が当てはめられた的な

770 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/01(土) 03:12:15.38 ID:PeSnTRaX
>>766
館山市立博物館で見た蘭丸が団平八に宛てた自筆書状は「森乱」で花押部分の署名は「成利」だったよ

771 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/01(土) 03:22:34.69 ID:971EeQfn
芝居では名前を変えなきゃならないから
小田春長、森蘭丸、真柴久吉、武智光秀
というように変えていたら蘭丸だけややマイナーだからそのまま広まったのかと思った

772 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/01(土) 04:36:30.64 ID:72hdcskU
もし蘭丸がもっと表立って活躍してたらあの兄や弟みたいな性格で蘭じゃなく乱の方が有名になっていたのだろうか
どうにも蘭丸は大人しくてしっかり物のイメージしかないから本当は乱と言われても違和感がある

773 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/01(土) 11:52:50.07 ID:6FJYrFcW
傅兵衛 勝蔵 坊丸 力丸 千丸
ここに蘭を入れるのは違和感あるな
スポンサーサイト



『高遠の屋根ふき衆』

2020年01月30日 16:17

森長可   
761 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/01/30(木) 01:28:48.66 ID:Ii3m2zTb
天正五年五月、森蘭丸、坊丸、力丸の三人共、織田信長卿が召し出され、御近習に召し使われると
仰せ付けになられた。中でも蘭丸は、器量人に勝れ発明であったので、御寵愛限りなく思し召された
故に、御側を離される事がなかった。

信長卿が武田勝頼を攻められた時、御嫡子である信忠公に数万の軍兵相添えて、関東へ差向けられた。
武蔵守(森長可)も手勢を率いてお供し、信州伊奈郡、小笠原掃部の城に武蔵守は取り掛かり、攻めた所、
早速に城を明け渡して降参し、城内の者達は旗下に加わった。次に飯田城へ押し寄せ散々に戦い勝利を得られ、
城を乗っ取り、首三百余を信忠公へ進上した。
そして高遠城へ取り掛かり、息も継がせず、各務兵庫、渡辺越中、豊前縫九郎、同市之丞、細野左近、林新右衛門、
同長兵衛、井戸宇右衛門、その他家中一命を軽んじて攻め戦い、この城も長くかからず落とした。

信忠公は御感限りなく、「今に始まらぬ武蔵守が働きよ」と御喜悦斜めならず、御感状を下され、信州四郡、
更科、高井、水内、埴科を下され、海津城を拵え住居すべしと仰せ付けられた。そして海津城の普請のための
軍営が成就した所で、近辺の野伏一万が海津城へと押し寄せ、鬨の声を上げた。この時海津城は未だ堀も
出来ておらず逆茂木すら無かったため、森勢は各々外へ打ち出て追い捲いて、火の出るほど戦った。
野伏たちは堪らず散々に打ち負け引き退いたが、森勢はそれを追い詰め追い討ちをかけて、首三千余を討ち取り、
信忠公へ実検に入れ奉った。信忠公は再び御喜悦斜めならぬ様子であった。そして降伏した小幡備中、春日周防
からの人質を預けられた。

舎弟蘭丸は京都に在ったので、海津城は各務兵庫を城代と為し暫く居住した。そして信忠公は関東平均を
打ち納め、京都へ上洛された。これらの事は悉く信長記に書かれている。

(枠外註:高遠の城攻めで、織田の兵は武田の鋭武に当たること能わず、森の兵は城の屋根に上り、
屋根の上より鉄砲を撃ち入れたとか。『高遠の屋根ふき衆』と言って、その頃物笑いにしたという。)

(兼山記)



イケメンすぎて町娘から惚れられる森蘭丸

2018年12月23日 18:14

森蘭丸   
588 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/12/22(土) 22:24:08.35 ID:NOdo3XWy
イケメンすぎて町娘から惚れられる森蘭丸


森武州長可は濃州金山城におり、弟の蘭丸長定も同じところにいた。

金山の町人の娘が病になり今にも死んでしまいそうなときにこっそりと
「恥ずかしいですが限りのある命なので申します、どうにも出来ないことですが
 蘭丸君の世に妙なる御形を離れたところから見て、朝も夜もなく心が引かれて
 色恋に溺れてしまいました。このことは人に語らないで下さい」
と打ち伏せた。

ちょうどそのとき蘭丸が野に行く道でこれを聞き、小鷹を拳の上に止まらせて
その町人の家の娘の寝所へ入って、「まん、まん」と呼ばれると
娘は顔を持ち上げて苦しそうな息をしながら「あっ」と答えた。
「煩い早く良くなれ。我は必ず汝に配下を遣わす、またすぐに来るぞ」
と言って(蘭丸が)帰ると同時に(娘は)死んでしまった。
この女の名が"まん"といった。

この蘭丸長定は森三左衛門可成の次男、十五にして信長公に仕え、恩寵他に異なり
濃州岩村五万石の城主であった。
若いが勇智があり、本能寺の逆乱に死を先にして名を残す。


――『木村咄』
ちなみに著者の木村昌明は明智光秀の享年70才説が載ってる『武家聞伝記』の著者でもある。



589 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/12/23(日) 02:39:19.44 ID:3/L8vHvF
優しいな蘭丸

593 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/12/23(日) 17:54:42.79 ID:84QYjF74
>>588
そのまま死んじゃうのがリアルで悲しい

御爪が1つ足りません

2016年06月08日 17:09

813 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/06/08(水) 03:07:57.55 ID:/fdBuAhc
ある時、信長公が手の爪を取りなさるのを小姓が取り集めていた。
すると小姓があれこれ調べ、探し求めている様子だったので、

信長公が「何を探しておる?」と問いなさると、小姓は「御爪が1つ
足りません」との旨を申した。そこで信長公が御袖を払いなさった
ところ、爪が1つ落ちてきた。

信長公は御感心なされ、「物事にはこのように念を入れなければ
ならぬ」と仰せになり、小姓に御褒美を与えなさった。

――『備前老人物語』




814 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/06/08(水) 03:24:05.47 ID:mrEuZqdb
これが後に乱ちゃんの話になるんだっけ

815 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/06/08(水) 08:13:06.45 ID:RqtV25Pc
爪を取るだなんてどんな拷問だよ
サディストはやっぱ違うぜ

816 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/06/08(水) 12:54:18.75 ID:oRXpAH/t
備前老人物語みたいな逸話集のせいで
本来の人物像からかけ離れちゃったイメージを植え付けられた被害者は結構いると思うんです

織田信長には三つの自讃が

2013年09月23日 20:40

176 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/23(月) 18:28:42.07 ID:/tgL76Ie
織田信長には三つの自讃があった。

第一に奥州より献じられた白譜の鷹。これは希代の逸物である。

第二に青の馬。どんな砂浜石原を乗り回しても躓かない龍馬とも言うべき馬である。

第三に長康(森蘭丸)である。その忠功は世に知られている。

信長はこの三つがすぐれた秘蔵であると常々口にしていたという。

――『名将言行録』






妙国寺の蘇鉄

2011年08月07日 23:00

323 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/08/06(土) 21:10:08.31 ID:vHAMXvP6
堺の妙国寺には、樹齢1000年を超える大ソテツの木があった。当時から有名だったこのソテツを
織田信長は所望し、寺から安土城の庭に植え替えた。その後、夜半に目を覚ました信長は庭から

「妙国寺に帰ろう。」

という怪しい声が聞こえる事に気付いた。これを受け、蝋燭を手に森蘭丸は庭を調べた。その結果、
声の主が庭に植えた大ソテツである事を知った。蘭丸から報告を受けた信長は

「その様な薄気味悪い木など切り倒してしまえ!」

と人夫に切り倒すよう指示を出したが、今度はその人夫達が血を吐いて死んでしまった。
これを見た信長もやむを得ずソテツを寺に返したという。

尚、後年蘭丸が庭を調べている様が錦絵「新形三十六怪異・蘭丸蘇鉄之怪ヲ見ル図」として描かれ、
寺に返されたソテツも現在では国の天然記念物に指定されている。以上、ソテツのちょっと怖い話。




324 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/06(土) 22:18:46.62 ID:7A6dB43M
俺は小さい頃ソテツをヤシの木だと思っていたw

325 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/07(日) 00:44:46.56 ID:Zo48b/AT
俺も思ってたわw
ソテツ横に広がるのと縦に凄く伸びるのがあるよね
大名屋敷などであれだけ伸びてしまうと壁の向こうからでも目立つと思うけど
気にせず植えたのかな?
それとも広い敷地の中庭に植えたら見えなかったのか

326 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/07(日) 00:57:45.17 ID:3YsdiXFb
ソテツの話だけにソコツばっかりだな



俺もだが

327 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/07(日) 09:32:59.68 ID:Q70JF2DW
ソテツとシュロの区別がつかない

328 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/07(日) 09:59:09.50 ID:rqE5heeK
ソテツとソトウバの区別が

329 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/07(日) 10:15:24.51 ID:kofHXNT1
おすぎとピーコの区別が