隣接していた主の政宗とやらが

2016年09月04日 14:17

58 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/09/04(日) 10:31:28.65 ID:dE41Oe15
南部の地を仙台侵せしときのこと并侵地の広さ

奥州の南部の人がいる。
今青山大膳侯の家臣である。岡本祐助と称す。
彼は予の小臣の小楠十乃助なる者に以下の事を語った。

「南部侯の領内は広々と開けているので、
昔はあたかも限りが知れないと思われるほどの地であった。
ある頃の主は幼稚であったので、
隣接していた主の政宗とやらが、
徐々に領界の傍示を南部領へ移し立て、
仙台領を広めて、ついに大河がある辺りまで領境を及ぼした。
南部では大いに驚いたが、幸いにしてその河辺りに大洞窟があったのでそれを拠点にして、
この中に人衆を屯し弓銃を備え、仙台から人が来たら防御を専らとするようにしたら、
仙台の侵奪が止んだ。
今なおその穴の中に従卒を三十人ほど置いていて、
古昔からそのことは替わっていない。
なので今に至っても、交守して長城の塞兵の如しである。」

また言う。
「かの河向かいの、かつて仙台が侵略した地はおよそ二十万石とか。
今、目で全てを見渡すことができない大広田である。
今その所には、仙台侯の土着の士が多い。
それなのに南部侯の領有の地名を苗字にする者がいるのは、
彼らはかつて南部から仙台に従った、不義の輩であろう。」

以上は小人の話なので、実否は疑わしい。
(甲子夜話三篇)

バス停コピペを思い出す

バス停コピペ

バス停
かつて、バス停を毎日ちょっとずつ家の方に近づけていた。
苦労して毎日コツコツとやったのに、ある日一気に元の位置に戻された。
ふざけんな。




59 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/09/05(月) 12:22:55.41 ID:A8Sc2ruY
本にすると面白いね

60 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/09/05(月) 13:31:03.55 ID:WluS7hFV
初対面の額を平手打ちして激昂した相手に仕返しされる逸話が好き

61 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/09/05(月) 13:32:33.87 ID:vV2TbTzk
政宗の逸話はしょうがねえなーって感想ばかりだw

62 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/09/05(月) 22:35:33.44 ID:ZYCSMBwN
>>58
なんかほのぼのとしてワロタw
スポンサーサイト