楽焼の事

2016年01月25日 15:16

229 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/25(月) 06:52:19.75 ID:lrPzvY3Q
 楽焼の事
飴屋長次郎の親は中華の人である。長次郎は陶器を焼き始めたので飴屋焼と言った。
天正十二年豊臣殿下が樂という字の印を贈られたので、これを姓として樂焼と言い始めたという。
今の吉兵衛は樂の制作に関して非常に優れている。

私たちは吉兵衛にうわぐすり等の伝を譲り受けることができたので慰みに焼くことができている。

後代吉兵衛の作は重宝するだろう。しかし現在は先代よりも苦しい様子である。
総じて名人は皆貧乏なものである。
(本阿弥行状記)



スポンサーサイト