FC2ブログ

葉隠から、横尾内蔵之丞の誓紙

2011年06月15日 00:01

152 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/14(火) 17:20:14.01 ID:geQ44YMC
葉隠から

山本常朝
横尾内蔵之丞は天下無双の槍の使い手で、
直茂公から大変気に入られていた。
直茂公はお孫の元茂様に、
『内蔵之丞が若い時の武勇をお前にも見せたかった。
誠に惚れ惚れとする武士であったぞ。』
と語り聞かせるくらいであったのだ。
内蔵之丞も直茂公のお心を有り難く感じ、
公が亡くなられたときは一番に腹を切りお供をしますと約束の誓紙を差し上げていた。
ところがある時、内蔵之丞が百姓と揉め事を起こし裁判沙汰になった。
この裁判によって内蔵之丞のほうに無理があることがわかり、
裁判は内蔵之丞の負けということになった。
これに内蔵之丞はひどく腹を立て、
『百姓に味方され見捨てられた拙者が、どうして殿の後を追いましょうか。
差し上げていた誓紙をお返しください。』
と申し上げたところ、直茂公は、
『一方が良ければ、一方が悪くなる。
武勇は良いが、世間知らずが良くない。惜しいことだ。』
と、つぶやき誓紙を返されたとのことである




スポンサーサイト