かへすゝ良くゝ御ようしやうなさるへく候

2015年07月02日 15:40

10 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/01(水) 19:08:23.66 ID:l403MoGk
「かへすゝ
良くゝ
御ようしやう
なさるへく候、いよゝめてたき
御さうまち申候、
六月六日の御文、
たしかに
とゝき申候、おとゝさま
御わつらひ、すこ
しつゝよく
御さ候よし
うけたまハり、
めてたく存候、
上方よりくすし
やかてまいり候ハん
まゝ、いよゝ
御本ふくな
さるへきと申
まいらせ候、よく
ゝ御ようしやう
なさるへく候、
めてたくかしく、
六月廿八日
とら藤
おかかさま□□□」
(慶長十六年六月二十八日付 正応院?宛て 加藤忠広自筆書状 本妙寺所蔵)

意訳:
「どうかよくご養生なさってください、嬉しいお知らせを待っています。
6月6日の手紙は確かに届きました。
お父さんの病気が少しずつ良くなってきたと聞いて嬉しく思います。
上方からのお医者さんがもうすぐそちらに着くそうなので
きっと元気になると思っています、しっかり養生してください。
6月28日 とら藤より お母さんへ」

父親の加藤清正が病に倒れたとの知らせを受け、当時江戸に居た加藤忠広
国許の生母の正応院(玉目氏)あるいは継室の清浄院(水野氏)に宛てて送った自筆書状。
手紙の日付を見て悲しくなったので「悪い話」としてこちらに。




11 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/01(水) 19:56:33.36 ID:GRwVQ/AE
当時熊本からなら5日はかかったんじゃない?それでも遅いけどw

12 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/01(水) 20:42:44.24 ID:sBZv/hoe
熊本から江戸だと1300kmくらいかな
届くのに22日なら1日60kmくらいの移動距離だろうか


13 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/01(水) 23:17:45.31 ID:lmB6mT5K
手紙が熊本に着いたころには・・・だな。

しかし、当時電話とは言わないまでも、
電報があったら歴史はどうなっただろうかと時々思うわw

14 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/02(木) 00:53:05.07 ID:5gWZB0YA
忠広ママの正応院は忠広とずっと一緒にいたらしいから
多分清浄院宛の手紙だろう

忠広はこの時は徳川方の清浄院を慕ってる感じだけど
この後玉目氏方と徳川方は対立していって
忠広も徳川方に反発していくという…
スポンサーサイト