殿の謡は面白くもなんともありません

2014年06月01日 18:50

44 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/05/31(土) 21:11:36.50 ID:8zryTt9M
ある時、黒田長政が江戸より帰国して。家老や近習の士を多く呼び集めこのように言った

「江戸において観世太夫に謡を習ってきた。観世太夫は、私の謡がとても良いと殊更褒めてくれた。
そこで、お前たちに歌って聞かせたいと思う。」

と、柏崎の一節を歌った。家老やその他の士はこれを聞くと皆、音曲の面白きことを褒め称えた。
ところが、毛利但馬だけは少しも褒めず、どころか頻りと落涙していた。長政はこれを怪しんで、
「但馬はどうして泣いているのか」
と聞いた。但馬はこれに
「鉢を開く(托鉢をすること。転じて乞食をすること)事になる悲しさに、泣いているのです。」
と答えた。

長政は「それはどういうことか?」と尋ねると、

「私が泣いたのは、殿の謡に感動したわけでは断じてありません!
よくよく聞いてみてください。殿の謡は節、拍子も間違っており、さらに面白くもなんともありません!
(我等泣申候事、更に御うたひを感じ申にては御座なく候。
能々御聞候へ。殿の御うたひ、節、拍子もちがいたる様にて、更に面白くも御座なく候。)

観世太夫が褒めたというのは、殿は大名でありますから、御意に入ろうとするためか、又は当座の挨拶として
褒めたのです。
それをまことの事だと思うべきではありません!

それなのにこの御列座の者共は、当家にては歴々の臣下であり、善悪共に正直に物を言い、殿を諌めるべき
者共であるのに、今、天下が無事となり面々の身の上も良くなって、保身ばかり考え、武勇も忠節も
忘れへつらいばかりを申している!

このように君は昏く臣下のへつらいを好み、臣下は君にへつらって忠を忘れ、腰が抜け、御用に立たなくなって
しまった以上、御家は滅亡し、私も浪人となり鉢を開いて生きていくことに成るでしょう。
その悲しさに泣いたのです!」

長政はこれを着いてたちまち興の冷めた顔となり、奥に行ってしまった。
列座の家老たちは「但馬は軽はずみなことを言ってしまった。」と、彼を叱りつけた。

しばらくして長政が、奥より脇差しを一腰持って出てきた。これを見た一同は
『長政様は怒って但馬を斬るために脇差しを持ちだしたのだ!』
と恐怖した。

ところが、長政は但馬の傍に座ると、感涙を流し
「汝が只今の諫言、私のためにおいて甚だ忠節であると思った。父・如水公が蘇って仰られたとしても、
これ以上の諫言はなかったであろう。感悦の至である。それにより、この脇差しを褒美として与える。」

と言ったのである。

(黒田家譜)

http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2037.html
こちらで既出ですが、出典などが無かったので、詳しいバージョンということで。




45 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/05/31(土) 22:06:57.86 ID:rBlRcv3C
いつもの心温まる黒田家の光景ですな

これ言い方がきっついけど長政とお家を心配してるから許されてるんだろうなw

46 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/05/31(土) 22:15:06.03 ID:o8pEomZt
このせいでジャイアンリサイタル扱いされるNGMSがかわいそう

47 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/05/31(土) 23:14:47.69 ID:7dCdP+Rz
細川家だとまた違った様相を呈するんだろうなぁ

48 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/05/31(土) 23:23:11.73 ID:/QKZq8XW
諫即斬

49 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/06/01(日) 00:35:16.98 ID:iyZcRjC2
奥さんと黒田がからまなければ、忠興さんは常識人なのだが

50 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/06/01(日) 01:04:11.80 ID:v8C0BWn+
忠興はほっといてもそれなりに有能だから

51 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/06/01(日) 01:28:50.48 ID:mrXMJj30
サラッとマジ感涙させてしまう幽斎様

52 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/06/01(日) 01:33:08.36 ID:X5B7lJCD
忠興は自称歌を詠めない幽斎だから

53 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/06/01(日) 01:42:04.87 ID:lIJDTgVk
>47
「長政とは違って下手じゃないので」

54 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/06/01(日) 02:15:07.31 ID:VS/050wn
黒田長政って本当名君だよな
よく官兵衛の野望を見抜けず阻んだって言われてるけど、
関ヶ原の時点で親の庇護を脱して自分の足で生きてくって決意してたから自分で手柄立てて最善を尽くしたんじゃないのか

55 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/06/01(日) 05:20:07.72 ID:ep0TcIJC
又兵衛「私が泣いたのは、殿の謡に感動したわけでは断じてありません」

56 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/06/01(日) 11:43:16.22 ID:0qWw9ecG
野心はあったんだろうけど、戦乱の世を再来させてまで自家を飛躍させたかったわけじゃないんでしょう<長政
だいたい!、官兵衛が狙い通り天下奪取に成功しても、そのあと秀吉や家康以上に「うまくやれる」とは思えないよ。

57 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/06/01(日) 11:45:15.94 ID:+UuoJmDB
だいたい徳川軍にいる長政が殺されたら、後継者どうするんだ

58 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/06/01(日) 13:06:49.91 ID:0tgv+GsI
>>57
またつくればいい

スポンサーサイト