差首鍋(さすなべ)城

2014年11月07日 18:45

702 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/07(金) 01:50:41.02 ID:trL7jKmu
差首鍋(さすなべ)城

天正9(1581)年、天童八楯を降し勢いに乗る最上義光に対し「山形に仕える道理は無いわ」と臣従を拒否していた
若き勇将鮭延秀綱の治めていた兼山領へ義光は出陣
氏家守棟の懐柔で幾つかの鮭延方の城館は戦わずして最上軍の傘下となったが、野沢の沓沢玄蕃といった者が
鮭延方で気を吐き、進撃する最上軍を相手に篭城戦を続けていた
玄蕃の篭る城は三方を川に囲まれた断崖絶壁の台地上にあり、城中には清水もあったがいくさの最中に水は枯れ、
兵たちは夜間に最上軍の隙を見ては城塀から
ふもとを流れる川にヒモを付けた鍋を吊り降ろして水をくみ、呑み水を確保し継戦した
結局城は焼打ちに遭って落城したが
この故事にちなんで当地は「差首鍋」と呼ばれるようになったという



703 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/07(金) 01:57:05.99 ID:trL7jKmu
(´・ω・`)「塀の上から首を突き出して、一生懸命にヒモの付いた鍋ではるか下方を流れる川から水を汲み上げる姿って、敵ながらシュールだと思うんよ」

704 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/07(金) 08:24:42.72 ID:osbj2YI1
よい火縄の的になりそうだね

スポンサーサイト