FC2ブログ

それをくびきる今福浄閑にも

2018年11月23日 21:19

523 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/11/22(木) 23:56:06.49 ID:gS7QotLX
甲州武田家の譜代衆で高位の侍であった今福浄閑は、若い頃より試しものを良く斬る人で、しかも上手であり、
据え物を斬ってその頸が落ちる時、脇差で傷口を貫き、地面に落ちる途中ですくい上げるほどの手練であった。
ためし物の上手であったため、武田家中の侍衆は大身、小身共に浄閑にこれを頼まぬ者はなく、其のようであったので
47,8歳までに千人も斬ったと噂されが、実際にも百人から二百人は斬っただろう。

ところがこの人はどうしたわけか、その子供が幾人も病死していた。しかしながらこの今福浄閑は参学などして
心も才知勝れた人物であったので、下劣な批判に取り合わず、子供が死ぬのも不昧因果(因果をくらまさない)と申し
少しも取り合わなかった。

ある時、信州岩村の法興和尚が来られた時、今村浄閑も彼の元を訪問した。法興和尚は浄閑へこう言った
「そなたは良い歳であるのに、ためし物の罪作りをしているのは勿体無い。」
浄閑は申した
「私が斬っているのは、囚人の科が斬らせているのです。」

法興も「それは尤もである。」と答え、暫く間をおいてこのような事を頼んだ「今福入道よ、この囲炉裏へ
炭を入れてくれないだろうか?」

「畏まって候」そう浄閑が炭を持ってきて囲炉裏へ入れようとすると、和尚は言った
「大きな炭を火箸で入れるのはどうだろうか?名にし負う武田幕下歴々の今福入道なのだから、指で持って
炭を入れてほしい。」

この浄閑と言う人は又、興のある人物で諸芸に達し、能などする時、古保庄太夫などと立ち会っても浄閑の方が
上手であるという程の人であったため、炭をいかにも面白く囲炉裏へ入れた。

そうして彼が立ち退く時、その手を拭った。これを見た和尚が言った「今福入道は、どうして手を拭うのか?」

「今の炭にて汚れたのです。」

「その炭を焼いた炭焼の手も汚れていただろう。」

「炭焼は炭を作り取り出すのですから汚れるのは当然です。今は炭を取った手が汚れたのです。」

これを聞いて法興和尚は
「では先刻、その方のためし物となる人間には科があると言ったが、それをくびきる今福浄閑にも罪があるのではないか?」

この教えにより、今福浄閑はその後、ためし物を斬ることは無くなったという。

(甲陽軍鑑)



524 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/11/23(金) 05:35:26.28 ID:Kw2DX8n0
家に帰ったらまず手洗いうがいの始まりか

526 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/11/23(金) 15:28:47.65 ID:cAkTgeNM
>>523
良い説法だ
スポンサーサイト



上杉謙信「この九里に一里を足して」

2012年07月15日 20:45

421 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/15(日) 08:15:05.39 ID:SmZeOzs0
上杉謙信がかつて師事した僧に、信州岩村田、龍雲寺の法興和尚という人があった。
彼は永禄11年9月の下旬に、武田家よりの密命を帯びて甲州長延寺の実了和尚と共に
和解勧告のため越後を訪れた事のある僧である。

この法興和尚が越後に参侯したある時のこと。謙信は自ら大きな栗を和尚に与え

「この九里(栗)に一里を足して、十里にして食われよ。」と云った。

和尚はそれを受け取ると
「皮を剥いて、五里五里と噛み割らせて頂きたい。」と答えた。

この和尚の当意即妙の才に、謙信も嘆賞したのだという。

上杉謙信言行録)



422 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/15(日) 08:22:48.05 ID:Pc/b83PT
謙信「見事、ほかに所望のものがあれば用意するが」
僧「稚児の尻(四里)はむり(六里)ですかな」
謙信「三里に灸をすえなされ、七里以内にいると斬りますぞ」

423 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/15(日) 08:26:44.81 ID:fxVkWU3x
四里から六里矢理食ってみよ

424 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/15(日) 09:02:52.43 ID:S8Uc4zAO
昆陽「九里四里甘き十三里という食べ物がございましてな・・・」

425 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/15(日) 09:57:52.93 ID:YQ2Ny3GU
>>421
一里=ひとり

なるほど一人で召し上がって下さいって意味か

427 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/15(日) 10:54:37.39 ID:+5QxG8ej
>>424
川越は江戸から十三里あって甘藷の産地だったんだよね(´・ω・`)