なんだか逆である源義経の話

2014年09月18日 18:52

280 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/17(水) 17:41:52.94 ID:VPUM/uZ5
寺院(清水寺)までの途中に、すでに朽ちた非常に古い橋があり、昔ここで時の皇帝の兄弟で牛若殿(Vxiuagadono)と称する青年が誓いを立て、
戦において援助を受けるため悪魔と契約を交わした。
その誓いとは、多くの人が通る件の橋で悪魔のため千人を殺すことであり、昼夜、橋で待ち伏せ、彼一人で数か月のうちに九百五十人を殺したが、
それも一人の甚だ勇ましく名だたる仏僧が通行人とともに現れるまでのことであった。
仏僧は彼を負かしたが、その素性を知ったので殺さず、彼はそれ以後誓いを捨てた。

1571年10月6日付け ガスパル・ヴィレラの書簡より
ヴィレラの勘違いなのか当時そういう説があったのか、なんだか逆である源義経の話




281 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/17(水) 19:44:16.38 ID:mK6lYglD
天狗じゃ、天狗のry

282 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/17(水) 21:31:08.04 ID:3RQtDag8
宣教師の書いたものなのに、
僧侶(弁慶)の方がいい奴になってる不思議

283 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/17(水) 23:44:47.07 ID:KqskDwr1
まったく仏僧な世の中になったものじゃ

284 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/18(木) 02:19:34.70 ID:540eOArG
僧じゃのぅ

285 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/18(木) 05:41:44.23 ID:zLb3UDzU
>>282
つーことはやっぱそういう話が当時あったってことか?
ところでこの「皇帝」って天皇じゃなくて頼朝のことだよなたぶん

スポンサーサイト