山科言継が巻き込まれた夫婦喧嘩

2014年12月18日 18:51

390 名前:夫婦喧嘩は犬も喰わない[sage] 投稿日:2014/12/17(水) 23:11:11.57 ID:IOBS+uWI
山科言継が巻き込まれた夫婦喧嘩。
 『日記で読む日本中世史』の清水克行氏の執筆分から。

永禄二年七月十七日、山科家の下女が、盛大な夫婦喧嘩の挙句、髪を切られてしまった。
夫婦喧嘩の理由はわからないが、なんだか大げんかだったのは間違いない。
この当時、女性の髪は女性性の象徴。それを切ることは、大変な暴力にあたる。
……とはいえ、普通ならば一応、「家庭内暴力」の範疇ではある。

だが、下女の夫が同じ公家・甘露寺経元の下男だったから、話がややこしくなる。
この事件が、「山科家の下女が、甘露寺家の下男に攻撃された」という形になってしまうからである。
すぐさま言継は、甘露寺経元に対して「相当の成敗(=同程度の処罰)」を要求した。

しかし経元は当日「確認してから再度連絡します」と連絡したっきり、何日も言継へ連絡を返さない。
言継が問い返しても「留守です」のひとこと。
甘露寺家は、山科家の口入れで下男を処分することが体面に関わると判断したのである。
本来、言継と経元とは互いの家を訪問しあうなど、非常に親密な関係だったのだが……。

不誠実な甘露寺家に怒った言継は、二十日に曼殊院門跡へ仲裁を依頼したらしい。
翌日には、洛中の治安維持を担当する幕府侍所開闔・松田盛秀から、件の下男が20日の追放処分になった、と言継へ連絡があった。
曼殊院側が、甘露寺家にいろいろアドバイスしてくれたようだ。
「とりあえず隠しておいて有耶無耶にする」という甘露寺家の意図が丸見えだが、言継は了承した。

が、直後に山科家に謝罪しにきたのが、なぜか曼殊院の坊官であったのが、言継の癪に触る。
ただでさえ甘露寺側の不誠実な対応に苛ついていた言継は、「甘露寺側からの直接の謝罪があるべきだ」と怒って面会拒否。
松田盛秀を通して曼殊院に厳重に抗議した。

残念ながら、この後の経過は言継も記していない。
どうやら両家の対立は沈静化したようではあるが、どうにも体面とは難しいものである。


で、問題の下男。20日の謹慎が解けたのち、あっさり甘露寺家に帰った。
どころか、山科家の下女ともよりを戻し、元の夫婦生活に戻ったようである。
長年の交友関係にあった山科家と甘露寺家とが、一触即発になったことなんて、忘れてしまったかのように。
挙句、10月1日には、その下男が腹痛を起こしたと甘露寺家から連絡があり、言継が薬を調合してやった。


 というわけで、主人とは関係なく喧嘩して仲直りして、なんていう下男下女の、夫婦仲のいい話?




392 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/17(水) 23:27:44.44 ID:SdudZCHY
言継が黙ってればただの夫婦喧嘩だわな
言継も悪いと思ったんだろう

スポンサーサイト