FC2ブログ

田中太郎五郎の討死

2011年10月09日 22:14

14 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/10/08(土) 22:54:44.62 ID:onLeTo27
田中太郎五郎の討死

津軽統一戦に乗り出した大浦為信(津軽為信)は支配者の南部氏だけでなく、
浪岡の北畠氏ら有力領主や彼らが頼った出羽安東氏を敵に回すことになった。
1579年に六羽川で連合軍と激突し、大浦勢は本陣まで追い込まれた。

だが為信の乗馬は泥にはまり、逃げられない。これを見た家臣の田中太郎五郎
吉祥は為信の兜などを貰い受けると、馬の尻を槍で刺して泥から抜け出させ、
主君を逃がした。自らは為信の身代わりとなり、銃弾を浴びて討死した。

連合軍は為信を討ったと思い込んで油断したところを逆襲され、出羽に退いた。
太郎五郎の亡骸と槍は、翌朝に戦場を訪れた妻が見つけ、江戸時代に弘前藩が
創建した岩木山の高照神社の宝物館で今も見ることができる。

田中家は弘前藩で功臣の家系として遇され、昭和になってから戦跡には子孫の
佐藤尚武氏(ソ連が対日宣戦した時のモスクワ大使)らが「津軽之忠臣」碑を
建てた。

15 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/10/08(土) 23:13:14.85 ID:onLeTo27
>>14は高照神社の展示を見た記憶をネットで補いながら書いたが、合戦では
よくある状況であるとはいえ、三方ケ原で家康を逃がした夏目吉信の逸話と
似ているので、忠臣の最期としてテンプレ補正がかかっているかも知れない。
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-category-337.html

ちなみに今年は弘前城が築城400年ということで色々行事をやっていていて、
この3連休は津軽家菩提寺の長勝寺でヒゲ殿の木像を公開しています(今日
見てきました)。

http://www.city.hirosaki.aomori.jp/hirosaki400th/topics/pdf/201109bikkuri.pdf




16 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/08(土) 23:27:14.54 ID:iBjxXhYf
太郎なのか五郎なのかはっきりしろ
スポンサーサイト