FC2ブログ

小田城再乗っ取り

2019年10月13日 17:43

509 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/10/13(日) 15:15:04.76 ID:EPNnuZ5J
>>508 の後のこと

小田天庵(氏治)と彦太郎守治父子は、小田城は取り返したものの、昨年大晦日の遺恨を果たすべく、
真壁暗夜軒道無(氏幹)を討とうとしていた。

天正元年(1573)四月下旬、小田父子は4千の兵を率いて筑波根の尾根続きである青柳山を越え、
新治の乙幡村へ着陣した。ここは真壁氏幹の領内である。小田勢は家という家に火をつけ狼藉を
働いた。

乙幡より太田源左衛門資晴の居る柿岡は行程一里半ほどの場所であるので、この噂はすぐに伝わり、
資晴はこの事を片野に居る父の三楽斎へと伝えた。三楽斎こそ、昨年真壁とともに小田を追い落とした
張本人である。三楽斎父子の他に、太田新六郎康資も共に資晴の加勢に来た。
しかし太田勢は小勢、小田方は多勢であるので、一戦を交えると太田方はすぐに近くにあった古屋敷に
駆け込み、その中に立て籠もった。そして小田勢が退くと打って出て、返せば古屋敷に逃げ込み
立て籠もる。そんな事を4、5回も繰り返して時を稼いでいるうちに、真壁氏幹と息子の右衛門太郎広幹が、
次男右衛門次郎久幹、甥の掃部介たちを引き連れ駆けつけ、小田勢が西の方より押し寄せると聞いて、
その方へと馬を急がせていた。所がそうではなく乙幡に敵が有ると解ると、山手に出ようと近道を駆けた。

真壁勢が近づくのをはるかに見た小田天庵父子は「これこそ当面の敵である。」と、太田父子を捨てて
真壁勢に向かった。この場所は三方を山に囲まれ、その中に十町ばかりの平場が有った。狭い場所であるが
小田勢はその中いっぱいに、蜘蛛の子を散らしたように待ち伏せた。

真壁氏幹はこれをよく見破り、先鋒が矢を射かけようとするのをしばらく止めると、敵の先鋒には
目もくれず、弓鉄砲を敵の本陣に向かって激しく射込ませた。小田勢はまたたくまに裏崩れをはじめ、
右往左往した。

(中略)

かくして小田勢は敗北し、もと来た道をしどろになって退く所を、真壁勢はすかさず追撃した。
天庵父子は帰りの四里ほどの道を、一度も返すこと無く逃げていった。
この時、未だ古屋敷に籠もっていた三楽斎父子は軍勢を外に出すと、逃げていく小田勢には手も触れず
ただその傍を一緒にどこまでも走った。そしてやっと小田城の近くになると、小田勢が言っているのと
同じようにわめきながら、味方を装って敵とともに手勢もろとも城内へなだれ込んだ。それから城門へ
上がって太田の旗を押し立てた。

これを見た天庵父子は歯噛みをして口惜しがり、残兵を集めてすぐに奪い返そうとしたが。後より
真壁勢がすぐに追い付いてきたため、このまま前後を敵に挟まれてはどうにも成らないと、城を捨て、
天庵は藤沢城へ、彦太郎守治は木田余城へ逃げ込み、後日の運に任せたという。

(関八州古戦録)

天庵様が鬼真壁に敗れるというお話。なんで直接小田城乗っ取りを企てた太田父子ではなく
真壁氏幹を目の敵にしたのかはよくわからない。


スポンサーサイト



最後の小田城落城

2010年09月04日 00:00

750 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/03(金) 17:58:27 ID:78+dxaM6
最後の小田城落城

http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-4588.htmlにあるように、
元亀3年の大みそかの宴会でぐでんぐでんになったところを太田資正・真壁氏幹らに強襲され、正月
そうそうに落城の憂き目をみた小田氏治はこのままでは終わる男ではなかった。

同年の2月、記録的な大雪に見舞われた小田城にひたひたと迫る軍勢の姿。
坂東武士のハルウララもとい坂東武士の不死鳥こと小田氏治の手勢であった。そして、大雪の日に攻め
てくることがないとすっかり油断していた小田城の佐竹番衆から見事小田城を奪還した。
しかし、氏治はこの程度の手柄では満足しない。
「真壁のヤロー、小田家恒例の年越し連歌会を台無しにしやがって。これより真壁領に攻め込むぞ!」
同年の4月17日、小田軍4000人は真壁領に侵攻し乙幡村に放火、狼藉を行った。

「さては小田軍が攻めてきたのか!」乙幡村の一里先にある柿岡城主・梶原政景は、小田軍の侵攻を舅
真壁氏幹に知らせるとともに実父の片野城主・太田資正に援軍を要請した。
ほどなく資正勢が駆けつけ政景勢と合流し乙幡村で小田軍を迎え撃つも、寡勢の太田勢のみでは4000人
の小田軍とは勝負にならず、村内の古屋敷に立て籠もっては屋敷を出、出ては屋敷に引っ込みと、真壁
軍が駆け付けるまで時間稼ぎをすることになった。

とそこに真壁軍が乙幡村に迫ってきた。
しかし真壁軍の姿を見た小田氏治は不敵に笑う。
「さては太田勢はおとりで本体は真壁軍であったか。幸いにもこの村は三方を山に囲まれ伏兵を隠すに
は絶好の場所だわい。屋敷の太田勢はこのまま捨て置き、我等は伏兵となり真壁軍を待ち伏せるぞ!」

一方、到着した真壁氏幹は村の地形を見るや
「氏治の稚拙な用兵見破ったり。さては氏治の本陣はあの方角にあろう。者ども、伏兵はスルーして氏治
の本陣めがけて弓・鉄砲を喰らわせてやるがよい!」
と言い放つや氏治の本陣目がけて一斉射撃を加えた。

本陣をかく乱された小田軍は伏兵もろとも蜘蛛の子を散らすように四里先の小田城目掛けて逃げ帰る。
「父上、真壁殿の援軍が間に合ったようです。我等も屋敷を出て小田軍を追撃しましょう!」
「政景よ。ワシによい考えがある。小田軍に並走して小田城に向かうぞ。だが、決して小田軍に手出し
は無用ぞ。」と太田資正は家臣にある秘策を授けた。
そして、潰走する小田軍を追撃せずに併進するように太田勢がピタリと付き、やがて小田城に迫った。

「開門!氏治様のご帰還なり。」「われらは藤沢衆じゃ、門を開けてくれ。」城の前で叫ぶ小田軍の口上
を聞いた資正は、太田勢にその口上をマネさせたのだ。
そして、味方と勘違いした小田城の守備兵は敵の太田勢をうかうかと城内に招き入れてしまった。
「太田の旗印を城中に掲げよ!」
太田の旗印を見た小田城の守備兵は「すわ落城か!」とすっかり浮き足だって脱走しだした。

小田氏治はこの有様の前になすすべがなく藤沢城に落ち延びた。
それ以降小田家の旗がこの城にたなびくことはなかったという。




751 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/03(金) 18:21:32 ID:z4aHoJPt
生兵法はっていうか正直俺らがタイムスリップして敵の軍師やっても見破れそうなほどの軍略って言うか…w

752 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/03(金) 18:38:56 ID:Oa22tC2X
俺は小田さんに勝てる自信が無い。

753 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/03(金) 20:10:56 ID:UJ/Cwfnw
無策という訳ではないんだよな、いつも何かしら考えては自爆する。

754 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/03(金) 20:12:59 ID:NRU7bMrH
小田さんがダメな子なのか、相手の太田さんがすごいだけなのか…
太田資正も北条相手に引かずに戦い抜いた、何気に凄い人だし

755 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/09/03(金) 22:01:18 ID:ZokKapK/
カメレオンで言えばニーヤみたいだな。
負けても負けても全然戦意喪失しないで、いつもやる気十分。

756 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/03(金) 22:17:10 ID:qEj6m2xX
小田さん「消えろぶっとばされんうちにな」