殿には腰が抜けられたと見えました!

2015年12月11日 07:32

755 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/10(木) 20:26:11.02 ID:GAXiWdNB
関ヶ原のあと、真田父子(昌幸、信繁)は助命かない、両人とも剃髪して染衣を着し、
高野山に赴くこととなった。この時、安房守昌幸は57歳で、于雪と号した。

この真田の譜代の士に、窪田正助という者があり、彼は昌幸に、供をしたいと強く乞うた。
しかし昌幸

「その志は嬉しいが、私が召し連れる人数は上より定められている。
である以上、我が心のままには出来ないのだ。」

それでも正助は
「ならば、私は草履取り代わりに参ります!」

「それは尚宜しからず!士を草履取りにするとは、後日の世の聞こえも如何か!」

これを聞いて正助は立ち上がり
「殿には腰が抜けられたと見えました!私をお役に立たないものと見定められましたか。
もはや存命しても申し甲斐ない!」

そう言い捨てその座から去ると、たちまち自害して果てた。
これを、昌幸は甚だ惜しんだという。

(明良洪範)



スポンサーサイト