それでも文句があるのなら

2014年06月19日 20:08

559 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/06/19(木) 15:12:46.41 ID:ctSfZihg
以前より所有者がはっきりしていて、広さも田畠何反とはっきりしている場所では、境界についての論争をおこす者はいない。
それを取り巻く山野を開墾していき、最後に隣との境界に行き着いたときに、
「ここは俺の所領だろうが!」などと主張し合って争いが起こるのだという。
その場合の解決方法。土地証文も境目の標識も無いのだから、係争地を測って折半させるのがよろしい。
それでも文句があるのなら、ワシが没収して他人に与えるから。

(結城氏新法度・第五八条)




スポンサーサイト