謡には三病がある

2015年01月07日 18:57

504 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/01/06(火) 20:44:25.71 ID:mIL2Ovl+
観世左近は謡で名声を得た者である。後に剃髪して安休(十世重成)と号した。

「謡には三病がある。声の良さ、覚えの強さ、拍子の利くこと。
この三事を備えることができる者の多くは、謡が完成ぜずに止めるのだ」

と、彼は人に教えた。これはいずれの道にもあるに違いないことである。

器用を頼りにする者は、自ら満足する。自ら満足する者は工夫を積まない。
工夫を積まない者は、諸芸の奥意を悟り難いのだ。

――『武将感状記』




スポンサーサイト