FC2ブログ

「田路勘四郎、衣笠を扶ける事」

2013年04月24日 19:53

374 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/23(火) 22:57:47.10 ID:FJpSGa4H
「田路勘四郎、衣笠を扶ける事」

赤松左兵衛尉広秀も、朝鮮征伐で渡海した大名の一人である。
その臣・田路(とうじ)勘四郎は強弓の使い手で、多くの敵を射斃し、追い払うと、小川の堤の上を馬で進んでいた。

その時、一頭の放れ馬が堤の下を駆け去っていった。
あれは衣笠宗兵衛の馬・・・。
田路は思った。「ああ、衣笠は討たれてしまったのか。」と。

さらに先へと進んでいくと、その衣笠がいるではないか!一人の朝鮮人によって生け捕りにされた衣笠宗兵衛が!

衣笠を捕らえた朝鮮人は、左の脇に胴を挟み、右の手で首を握って小川の流れに押し浸し、
二口三口と水を飲ませては引き上げ、水を飲ませては引き上げという狼藉を働いていた。

それを見た田路勘四郎は、朝鮮人の背後へ駆けよせて抜刀し、背中を袈裟懸けにして斬り殺し、衣笠を救出したのである。

「衣笠っ!いったい何があったのだ!?」
「あの朝鮮人が敵対してきたので対峙していると、拝み打ちに「丁!」と斬り付けてきた。
そして、長い袖を捲りあげて纏うや、「ひた」と組んで、あっという間にわしを横抱きにしてしまったのだ。
もちろん全力を出して逃れようとしたのだが、それ以上の力は出なかった。
奴が何人力かということは知らぬが、まるで2,3歳の小児を抱いているかのようだった。
そして、わしを抱えたままこの川に降りてあのようなことをし、我が面を見て笑うこと数度・・・。
これ以上の無念は無かったが、貴殿のおかげで不慮の難を逃れることができた。」

二人は、連れ立って陣所に帰った。(と、武将感状にある。)

(播陽物語(播陽万宝知恵袋に収録))

四書五経の筆写や、袖珍本の制作を依頼するという形で費用を用立て、姜沆の帰国をサポートしたという
逸話のある赤松広秀だが、その部下は朝鮮でひどい目に遭っていたようだ




375 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/24(水) 01:14:13.43 ID:+gyH3aIl
その敵は一体何がしたかったんだ……
情報でも聞き出したかったのか、ただ単に気の済むまでいたぶろうとしただけなのか

376 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/24(水) 07:16:05.98 ID:4jGU2sif
自分達の陣地に連れ帰らずにその場で拷問するってのが間抜けだな

377 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/24(水) 08:00:23.51 ID:tBbyCNyz
義兵が復讐に猛ってただけとか

スポンサーサイト



「普尊」平井貞利

2013年02月19日 19:52

460 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/19(火) 14:57:33.00 ID:5xyDwjl/
赤松広秀の臣・平井備中守貞利は、主家の移封に従って播磨の龍野から但馬の竹田へ移ったが、
鳥取城の一件で広秀が自害に追い込まれ、赤松家が改易となると、故郷の龍野へ戻ってきた。

龍野赤松家の旧臣の中には、円尾孫右衛門横山五郎兵衛宗信片岡治兵衛など、龍野に残って
醸造業を営んでいるものがあり、
平井貞利もまた、醸造業「石橋屋」を開業したのである。

醸造業者となったとは言え、貞利は家康によって処断された大名家の旧臣。
役人がたびたびやってきては、赤松家のことを詮索していった。
しかし貞利は、他の者たちのことを慮って「赤松のことは存ぜず」としか答えず、
死ぬまでそれを貫き通したのである。
そんな彼はいつしか「不存」と名乗るようになり、戒名もまた、不存にちなんだ
「普尊」と付けられている。

なお、龍野赤松家の旧臣たちが始めた醸造業は、円尾氏が発明した淡口醤油によって
その名を轟かせることとなる。
また、片岡治兵衛の開いた「幾久屋」が合併等の変遷を経たものが、今のヒガシマル醤油である。





462 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/19(火) 20:15:05.31 ID:j/KRVdar
>>460
旧臣等はなんでみんな醸造業を営んだんだろうな。
ところで、ヒガシマル醤油って関西の方だと有名なの?

463 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/19(火) 20:38:02.16 ID:TN0rvxxE
>>462
ヒガシマルは全国シェアでもトップ5に入るメーカーだよ。
関西は、関東じゃあまり造らない淡口(うすくち)しょうゆの需要が多いしね。

464 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/19(火) 20:42:54.47 ID:2PJn0+PE
鴻池「醸造業といえば、山中鹿之介の子孫であるわれわれだろう」