国を寂滅する事は 越後のかねの諸行なりけり

2015年07月24日 12:44

97 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/23(木) 20:52:36.33 ID:pGcxwbcl
上杉謙信の死後、養子の景勝と景虎が争った御館の乱。
景虎への救援として、北条氏政、武田勝頼が援軍を出すと一報が入ると、景勝は
このままでは滅亡疑いないと分別し、勝頼の出頭人である長坂長閑、跡部大炊が欲を構え、万事に礼物を取り
賄賂にて事を済ますという話を聞いて、勝頼に対して手を入れ、長坂長閑・跡部大炊を頼んだ。
謙信が貯め置いた金子を取り出して、長坂、跡部に二千両づつ与え、勝頼に対しては一万両を贈り、その上で

『縁者と成る事を仰せ付けられれば、景勝は勝頼公の旗本と罷り成ります。
東上野は少しも残らず勝頼公に差し上げます。』

そう伝えてきたので、長坂・跡部は勝頼にこう申し上げた。

「信玄公が御他界される前、天下に赴く為として、支度のための金子を調達するため、後家や出家の妻にまで
税金を課しましたが、その時集まった資金は漸く7千両ばかりでした。
今、何事もない所で1万両の金子を集めることが出来れば、勝頼公のご威光は、信玄公の十双倍に増すこと
でしょう。
その上景勝は起請を提出し御旗本となり、未来永劫、ご無沙汰申し上げないと誓っています。
さらに東上野全部を手に入れられるというのは、大いなる徳分です。

景勝には、信玄公御在世の時、長島の一向宗に約束していた、お菊御寮人を、越し参らせるべきでしょう。
また、いかに小舅だからといって。景勝と対立している三郎景虎が勝つ事になれば、彼の兄である
小田原の北条氏政は大佞人であり欲の深い大名ですから、越後を取り、その後は勝頼公も退治しようと
企む事、疑いありません。」

この進言により、勝頼は景勝と和平を結び、景虎を見殺しにした。
これに武田家領内の侍達は大小に及ばず、町人、地下人、長袖の出家衆までこのことを聞くと、
『武田の御家御滅亡疑いない。義理を違え、きたなき欲を構えて金を取り、卑怯なる仕方、
何につけても一つとして良いというべきところがない。長坂長閑・跡部大炊両人ながら分別なく
礼金を取り、義理も恥も知らず、後々のことも考えず己が欲得ばかりに耽り、このように悪し意見を
申し上げたのに、それを良いと思し召し、それに同意するのは、これこそ勝頼公御滅亡の基である。」

そう、大小・上下共に沙汰したのである。

(中略)

この年の暮れ、甲府の三日市場という日市の立ち辻に二首の歌を詠んだ落書が立った

 無常やな 国を寂滅する事は 越後のかねの諸行なりけり

 金故に まつきに恥は大炊助 尻をすべても跡部なりけり


(甲陽軍鑑)



98 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/23(木) 23:20:06.67 ID:Ys5o13aR
甲相越の三国同盟でも織田に対抗するのは無理だから
何やっても滅亡する運命

99 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/23(木) 23:41:42.38 ID:QG9/5ciG
時間は稼げたんじゃないかな。結果は同じだろうけど。

100 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/24(金) 01:03:42.58 ID:1c405sEe
同盟つーか、武田が北条の傘下に入る代わりに、織田との戦いに援軍を出してもらえれば、かなり持ちこたえるんじゃないかね。
史実武田家の上州に注力している間に徳川に攻められる、ってこともなくなるし。

102 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/24(金) 02:12:52.44 ID:4sa+4i1A
三郎景虎への援軍をみれば本気で武田を助けると思うかい?

しかし義理を違えてとかさあ
駿河に侵攻した大悪人と比べたら大したことねえよ

103 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/24(金) 07:43:43.14 ID:A4u3IXsZ
信玄公のがもっと酷いことを、というか酷いことしかやってないよねw

104 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/24(金) 08:28:07.04 ID:Oh/+D5ws
上杉に何の義理があるというのだ

106 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/24(金) 10:29:56.83 ID:KEIZsXxu
勝頼が三度援軍を出したのに一度も援軍出してくれなかった北条なんて当てに成らんし
そもそもだから上杉にすり寄ったんじゃね

スポンサーサイト

唯一のちょっといい知らせ

2013年07月14日 19:12

688 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 15:12:23.32 ID:b5vxQ4Qx
 武田信玄の死後、後を継いだ武田勝頼は家臣たちから常に信玄と比較され、やりづらい
思いをしたが、そんな中でも長坂釣閑・跡部勝資の両名は積極的に支持してくれたので、
勝頼は この二人を側近として重用した。
 長篠合戦から七年後、織田・徳川の連合軍が武田領への侵攻を開始した。部下の寝返りや
領内の城が次々と陥落したなど良くない知らせばかり飛び込んできたため、戦況の不利を
認めざるをえない勝頼は守りの薄い本拠地の新府城を離れ、家臣の小山田信茂の居城である
岩殿城へ移って立てこもることにしたが、前途に不安を感じた将兵たちは移動途中で
次々と脱走していった。 (続く)

689 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 15:14:52.69 ID:b5vxQ4Qx
>>688の続き
 手勢の数を大幅に減らしながらようやく笹子峠に辿り着くと迎えに来ていた小山田信茂
の兵は心を変じて勝頼の軍勢に 鉄砲を撃ちかけてきた。このせいで勝頼の兵はさらに逃げ、
わずか43人に減ってしまった。 この時、逃げた者の中に勝頼が重用していた長坂釣閑・
跡部勝資も含まれていた。
「雑人どもが逃げ散るのは仕方ないが、長坂と跡部だけは許せぬ。追いかけて討ち取れ」
 と勝頼は土屋惣蔵と安西平左衛門に命じ、2人は弓に矢をつがえて追いかけた。もう日が
暮れかかっていたが跡部は提灯を馬の鞍の前輪に結び付けていたのでよくわかった。
 土屋惣蔵の放った矢が跡部勝資の背中に命中し、射落とすことが出来たが、長坂の方は
暗闇にまぎれて逃げてしまった。土屋たち2人は跡部の首を持ち帰って勝頼に報告した。
 この報告は織田・徳川連合軍の侵攻以来、良くない知らせばかり耳にしていた勝頼に
とって唯一のちょっといい知らせであった。




690 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 15:26:11.49 ID:b1n0iIqo
>>689
この逸話の出典は何でしょうか?
どこかで読んだような記憶があるんだけど思い出せなくて

691 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 15:34:19.15 ID:OpO7ySR5
甲陽軍鑑あたりじゃないの
長坂は勝頼と天目山で最後まで奮戦したはずだし、跡部も逃亡してないようなのに
二人まとめて逃亡したことになってる

692 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 15:36:59.79 ID:FMG1rW/R
なんでこんなに嫌われてるんだろう

693 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 15:50:01.36 ID:b1n0iIqo
甲陽軍鑑では跡部はいつの間にか逃げたことになってたし、
最近丸島先生に、信頼性が比較的高いと評価されてた甲乱記では、最後まで付いてきてたし…、
と思って調べたらわかった。この話、多分武田三代軍記だね

最後の二行が手元にある武田三代軍記とちょっとニュアンスが違う気もするけど、解釈の違いかな

694 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 16:09:47.10 ID:b5vxQ4Qx
>>690
688-689の話は武田三代軍記をもとにしました

土屋昌恒の大演説

2012年01月05日 22:00

280 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/01/05(木) 15:41:32.78 ID:ymtgiK8i

よし、知名度の低さ払拭のために、ちょっと、手元史料から逸話をまとめてくるノシ




281 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/01/05(木) 17:25:04.42 ID:ymtgiK8i
土屋昌恒の大演説(1)

武田家が長篠で手痛い敗戦を喫した際、敗走する武田勝頼の傍から離れることなく警護した土屋昌恒
その忠義を賞されて、戦死した兄土屋昌続と義父土屋貞綱の遺領と同心衆を共に引き継ぐことを認められ、
更に勝頼の側近として取り立てられて重く用いられることになった。
このとき、昌恒はまだ19歳(数えで20歳)。

幼い時から英明で知られた昌恒は、バリバリ仕事をこなし、
内政官としてもその手腕を発揮していった。
しかし、いかに昌恒が優秀であったとしても、まだまだ若年・若造に過ぎず、
信玄代からの重臣で、出頭人と呼ばれた跡部勝資の権勢には遠く及ばなかった。

それから、約10年が経ち、いよいよ昌恒がその本領を発揮できる歳になった頃には、
武田家は幾多の外交的失策を重ね、昌恒がいかに一人頑張ろうとも
すでに挽回不可能な状況に陥っていた。

そして、天正10年、木曽義昌の寝返りから始まった織田信長の武田征伐により、
武田家家臣団はあっという間に瓦解。
武田勝頼主従は、一門衆小山田信茂を頼って本拠地新府城から甲斐郡内の岩殿城へ向かうが、
先行して態勢を整え、迎えを寄越すはずの小山田から一向に連絡が来ない。
やむを得ず武田家宿縁の地天目山に逃れようとした勝頼主従は、天目山の麓、田野あたりで、
一帯が戦場になることを嫌った地下人を引き連れた武田家臣大熊備前守、甘利左衛門尉、
秋山摂津守らに鉄砲を撃ちかけられる。
時を同じくして、小山田信茂は既に勝頼を裏切り、関を閉ざして郡内への入領を阻んでいるとの報が入る。

ここで武田勝頼に対していつものように忠言する跡部勝資を見ていた土屋昌恒が口を開く。

続きます

282 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/01/05(木) 17:27:13.85 ID:ymtgiK8i
土屋昌恒の大演説(2)


跡部勝資「お館様。小山田が裏切ったからには、郡内への逃亡は不可能になりました。
     ここは、地下人たちの目をなんとかくらまして、天目山に逃れ一旦情勢を窺うべきです。」

これを聞いた昌恒は、他の者が発言する前に、勝頼に向かってこう述べた。
「私のような若輩者が発言するのは角が立つかもしれませんが、このような最悪の状況下においては、
 その者の年齢ではなく、その者の心が剛であるか否かでご判断ください。
 尾張守(跡部勝資のこと)様のおっしゃることはちょっと未練がましいとしか言いようがありません。
 こういう無分別な考え方こそが、今の最悪の状況を招き、
 武田家が滅亡の憂き目に遭っている原因に他なりません。
 よくよく分別をわきまえてください。

 数代に亘る家臣の小山田出羽守(信茂のこと)が敵となり、天目山の地下人にさえ背かれては、
 どんな鉄城鉄山に籠城したとしても、生き永らえられるとは到底思えません。
 侍は、死すべき時に死ななくては恥というもの。
 当家の祖、八幡太郎義家も侍は死すべきところを知るが肝要と言葉を残されております。

 たとえ兵が少なくなったといえども、新府城に留まって敵を迎え撃ち、
 命の限りに矢が尽き刀折れるまで戦った後
 一門ひとつの場所で腹を召されてこそ、武田の武名を顕し、
 信玄公以来の武勇の程を示せたというものです。
 それを人の道に反する小山田なんぞを頼ってここまで逃げ、身分卑しき者の手にかかって、
 御一門の屍を山野に晒すのは、後代までの恥辱だとは思いませんか?

 戦の勝敗は時の運ですので、戦って負けることは恥のようであっても実は恥ではありません。
 ただ戦うべき時に戦わず、死ぬべき時に死なないのは武門に傷をつけるものです。
 とある書に曰く、進むべき時に進まないのを臆病な将(臆将)といい、 
 引くべき時に引かないのを暗愚な将(闇将)といいます。
 とすれば合戦おける進退とは、結局のところ分別工夫によるものと言えます。

 ところが、尾張守(勝資)のおっしゃることは軽率で分別がないとしか言いようがありません。」

283 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/01/05(木) 17:34:58.02 ID:ymtgiK8i
土屋昌恒の大演説(3)


これまで昌恒には色々と溜まっていたものがあったのだろう。
ここでついに思いの丈を、怒りをにじませながら、終いには悲涙を流しながら言上する。

「…この期に及んでこんなことを申し上げてもしょうがないが、
 このまま胸の奥に仕舞っておくのも無念なのであえて言わせていただく。

 先年、越後にて景虎と喜平次(上杉景勝の事)が争ったとき、
 そこにいらっしゃる方々は欲をかいて黄金を欲しがり、
 景虎に対して不義となる判断をしたために、天下に悪名を広め、諸人から嘲りをうける結果となりました。

 そのため、武田家と北条家は同盟が崩れ、相互に怨敵とみなすことになり、
 ついには、このような状況にまで至ってしまいました。

 かつては、そこにいる方の邪欲によって当家は窮地に陥りました。
 そして今回、小山田を始として恩顧の侍達が、我らを見放しましたが、
 全ては、そこにいらっしゃる方の無分別な助言に起因します。

 敵は余所にいるのではございません。」

この言葉を聞いた跡部尾張守(勝資)は、一言も返答できず、赤面して平伏したという。

その後、覚悟を決めた勝頼主従は、織田方に対して最後の攻撃を仕掛けることとし、
昌恒は40騎ばかりを率いて死にもの狂いで突撃し「数千騎の敵を東西南北へ切散す」戦いぶりを見せた。
そして勝頼夫妻が無事自害したことを聞き届けると、
「人切りたるが面白サに、大将の御伴を外れるのは残念だ。
 さて皆の衆、最後の一戦をして、腹でも切るか」と言って、敵の大軍に向かって切っ先を並べて切り込み
一歩も引かず、戦場に屍が横たわり血が川のように流れるまで戦い、一人残らず討たれたという。



以上、軍記物のなかでは比較的信憑性が高いといわれる甲乱記より適当訳で。

ちょっと血生臭いけれど、バラバラになっていた主従が、最後の最期で一丸となった良い話?ということで。
長文失礼しました。




286 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/01/06(金) 00:23:04.10 ID:5b5gkNPV
>>281-283
乙にござる

287 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/01/06(金) 00:42:02.93 ID:qrdv8HGD
昌恒さんは非の打ち所のない立派な武士だ

でもどさくさにdisられる勝資さんカワイソス
最後までなんとか可能性を探るのもそれはそれで一つの見解だと思うし

288 名前:281[sage] 投稿日:2012/01/06(金) 01:30:55.58 ID:8suojzJK
あ、昌恒が兄と義父を相続したときの年齢、よく考えたら間違えてた…
当時16歳じゃなく19歳(数えで20歳)でした。すみません、訂正します。

>>287
結果論になっちゃうけど、あと3か月耐えれば、本能寺の変で信長が死ぬから、
勝頼はともかく信勝は、跡部勝資の助言に従って逃がしておいた方が良かったかもしれない。
でも、同じ甲乱記によれば、信勝は死の直前に
「ただ妄念なるは、新府城で信長を待ち受けて討死すべきところを、
臆病者どもの異見によってここまで逃げてきたのは残念だ」
とか言っちゃってるから、信勝も武士としては立派だけど、脱出ルートは無理筋みたい。

289 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/01/06(金) 01:36:34.63 ID:Cv9UI7oY
武田の完全滅亡がなければ信長信忠に光秀の行動も変わるのだから
三ヶ月たっても本能寺が起こるとは限らない

290 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/01/06(金) 01:45:52.66 ID:fIYQS0EC
ああ、軍記物ではあるが、土屋昌恒ってのはそこまでの武士だったのか。

そうしてから>>271を見ると、「周りとうまくいかず」ってのも分かるね。

二十歳そこそこで一国に関わる大仕事していたら、それは気負いすぎてもしきれないくらいの辛さだろう。
責任感もものすごい重圧だろうし、他人に対して尊大な態度を取ってしまうのも分かる。

それで、どんな大事な仕事をしていても楽な仕事だと思えと言ったのかな。
臆病でもいいってのは、臆病と呼ばれても命を大事にって意味かも。
つらいなあ。

291 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/01/06(金) 01:51:13.97 ID:d7QqeiGu
家を背負うって大変なんだな
もうちょっとニートで頑張るか

292 名前:人間七七四年[] 投稿日:2012/01/06(金) 01:59:41.35 ID:9TxS8Mu8
>>276 >>280-283
ありがとう、勉強になった。先ほどは失礼。

片手千人斬りの逸話にばかり眼が行きがちだけれど、全てにおいて秀でた逸材だったんだな。
唯一足りなかったのが年齢(≒キャリア)だったのが泣ける >>276 >>280-283
ありがとう、勉強になった。先ほどは失礼。

片手千人斬りの逸話にばかり眼が行きがちだけれど、全てにおいて秀でた逸材だったんだな。
唯一足りなかったのが年齢(≒キャリア)だったのが泣ける (´;ω;`)
逸話を読むにつけ、もっと早く生まれていればと思わざるを得ない。
逸話を読むにつけ、もっと早く生まれていればと思わざるを得ない。

293 名前:人間七七四年[] 投稿日:2012/01/06(金) 02:01:49.21 ID:9TxS8Mu8
ごめん、ミスったorz

294 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/01/06(金) 02:02:33.62 ID:UGXA6SpJ
>>292
感動したのは色々二度言いました状態になってるので良く分かるが、
少し落ち着けw


295 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/01/06(金) 02:03:58.16 ID:fIYQS0EC
ワロタwww

296 名前:281[sage] 投稿日:2012/01/06(金) 02:06:20.07 ID:8suojzJK
こんだけありがとうって何度も言われたの、久しぶりだw

297 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/01/06(金) 02:07:28.44 ID:16H/n99M
どうしてこうなったwww

その昌恒から敬愛されるかがみんも凄いが、
この人は武田滅亡の折どうしていたんだ??

298 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/01/06(金) 02:14:59.12 ID:fIYQS0EC
加賀美正行(3)を待て


と言いたいところだが
正行が「加々見長門」と同一人物なら、法善寺城で徳川方と戦い生害、と記述にぐふっ!!