松倉長門守の遺臣

2014年03月14日 19:10

631 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/14(金) 18:39:47.90 ID:00PVhXC7
島原一乱の後、松倉長門守(勝家)は罰せられて家は断絶した。

その家士に野村治右衛門という新参者がいたのだが、
長門守の死骸が品川に捨ててあるのを乞い請けて浅草金性院に葬った。

譜代旧恩の士も多くいるのにそれらはどこへか退散し、
新参者がかえって忠を尽くしたのだ。

また、同家の士に内藤瀬兵衛という者がいた。長門守は罰せられる前に
金三百両を持たせ上京させていた。その後、長門守ならびに
弟の右近、三弥たちはそれぞれ御仕置となり家は断絶に至ったために

金子を返すべき人がいないので所司代のもとに持参し、その由を申して
「闕所金なので差し上げます」と言った。所司代の板倉周防守(重宗)は
その義心を感じて「お前の金子にせよ」と言って与えた。

瀬兵衛はやむを得ず受納して旅宿へも帰らず、ただちに大徳寺へ持参し、
「主人が御仕置になり家は断絶したので、この金を納めますから、
永く主人の追善を頼み入ります」と言って三百両を寄付した。

島原で武功の家士は多いけれども、この二人の至忠のようなものは
ふたつと無い。『国亡びて忠臣顕る』という古語に違わないことである。

――『明良洪範』




632 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/15(土) 00:16:09.89 ID:JPexOhDu
主家、主人ってのはたとえ滅んでも忠臣の中に残るもんだね

633 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/15(土) 00:38:50.06 ID:ADSPrJrm
こんな呪われた金いらんわ
捨て捨て


スポンサーサイト