近習衆には特別に御目利きが大切

2015年11月15日 17:36

643 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/14(土) 20:14:51.63 ID:yMPR9k3F
 上様を始め御大名様方は、お側にお召し仕えなさっている近習衆には特別に御目利きが大切かと思われます。
太閤様のお気に入りの曽呂利新左衛門、武田勝頼公の出頭跡部大炊(勝資)、長坂長閑(光堅)、近くでは毛利家の安国寺恵瓊等、
その媚びへつらう趣は色々違いますが、甚だ無礼邪智の者たちです。
 大炊・長閑の不埒により武田家が滅びました。
毛利家も安国寺の邪智により御国の数が減らされますなど、元春公、隆景公が在世でありましたら、あれほどの不覚もあるはずがなく、
元春公の嫡子元長公はかねて目つきが険しい男と太閤様が仰せられていたが、安国寺の邪智に覆われて、毛利家は衰えるような事、甚だ恐ろしいことで、
御治世はとても油断はできないかと思われます。

  ならびに、近年猿楽が表道具のようになっております。とにかく人柄のよろしき者は稀であると承っております。
その様子は根が遊芸ゆえであるためと考えられます。あまり貴人の御前近くに召出されますことはよろしくないことと思われます。
猿楽に限らず、何の芸でもこの御心得は有ってほしいものです。
 また茶道の事は貴人から下人まで流行しておりますが、これも殊の外物がいる芸ですので、じっくり心得なされたい事と思われます。
(本阿弥行状記)



644 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/14(土) 23:47:37.27 ID:jjwBLfAa
元長が不細工なのは母親譲りだろw

646 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/15(日) 03:20:49.81 ID:uMAWvDTe
そろりさんって何かしたか?
甚だ無礼邪智の者っていわれてるが

647 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/15(日) 04:42:41.90 ID:74sZUguT
乱でいうところの狂阿弥な感じだろう

648 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/15(日) 08:44:41.25 ID:BSYj7TKJ
そろりさんって外国の人だったのかな。

スポンサーサイト

勝頼が信長に使いを送った結果

2015年08月04日 12:05

152 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/03(月) 22:41:05.92 ID:ea1bPGQk
天正8年、長坂長閑斎武田勝頼に申し上げた
織田信長に使いを送り、音信を行ってしかるべきと存じます。」

しかしこれに、小山田兵衛をはじめ皆反対した
「信長は殊の外威の強き大将ですから、使いを寄越すほど辱い事は無く、彼は当家を手に入れたと
考えるでしょう。ですからそれはやめたほうがいいと考えます。
それに例え使いを送ったとしても、信長が当家を滅ぼすための工夫、思案を止めることはないでしょう。」

長坂長閑斎は反論した
「信玄公の御代、我らは信長の分国である美濃岩村に攻撃したが、信長からは織田掃部、赤澤といった
者たちを甲府までさし寄越した。それを悪しきこととは誰も申さなかった。
また信玄公ご他界の後、越後の上杉輝虎(謙信)は、信長が持っていた加賀の松任を取り、越前にも
焼き討ちを行った。それでも信長は佐々という者を春日山に付け置いていた。

そのような信長のやり方と同じように、当方も行って然るべきなのです。」
この言葉に従い、武田勝頼は安土に使いを送った。

そしてその返事が届くと、その末尾には、日付からはるか一寸も下げた場所に『武田四郎殿へ』と
書かれてた。

4年前の暮れ、上杉輝虎が信長に、「有無の合戦を行おう」と決戦を要求する書状を送った時の
信長からの返答には、日付と同じ位置から少し上げたほどに輝虎の名を書いていたが、それですら
信玄公の時代とは大きく異なっていたというのに、勝頼公への返事には、殊の外下げて書かれていると
沙汰された。
早くも被官扱いの文章、その名付けにも、少しも武田家を尊重する様子はない。このような
信長・家康方の強気に、武田家の者達の恐れること大方無かった。

武辺の儀は勝るとも劣ることはない。だが、信長が軍勢を出せば、野山も埋め尽くすほどの大軍である。
長篠合戦の時の倍以上の軍勢を出してくるだろう。武田家中ではそのように予想したのだ。

(甲陽軍鑑)

勝頼が信長に使いを送った結果、という逸話である。



153 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/04(火) 09:47:02.16 ID:D6SEtJnd
天正八年◎月X日

                                                                       武田四郎殿へ
こうですね?

154 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/04(火) 10:30:11.73 ID:6QDetX0/
何が悪い話?

155 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/04(火) 11:06:43.56 ID:6u7F90GO
長閑斎にしてみれば対等のつもりが下に見られたって嘆きでしょ

156 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/04(火) 13:22:23.31 ID:AmVPb3SD
窓口があればこそ勝長が帰還できたというもの

高坂の臆病分別

2015年06月15日 18:28

918 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/15(月) 18:25:24.09 ID:TFr5nDKH
天正2年。武田勝頼は徳川方の高天神城を降伏させ、遠江の城東郡を手に入れた。
これについて甲府御館で御祝いがあり、召しだされた侍大将衆に盃が下された。
高坂弾正(春日虎綱)は盃を下された後、立ちながら長坂長閑に向かって言った

「武田の御家滅亡と定められた御盃はこれである。」

「弾正の言っていることは話にならない」
長坂は言い返した。

その後、内藤修理と高坂弾正の共に、3年の内に当家滅亡と発言した。人々がその理由を尋ねると、
内藤も高坂も同じように語った
「東美濃において数カ所の城を落とし、その上高天神城を落城させ、城東郡を手に入れられた。
しかしこの成功のため勝頼公は、家老衆の意見を御取り上げすることがなくなり、長坂長閑、跡部大炊介の
言うがままになってしまった。
やがて信長家康の両軍を相手にして、勝頼公は無理な御一戦を遂げられることに成るだろう。
その時は面々方々、みな討ち死にすてその後武田家滅亡疑いない。
この原因は、東美濃、遠州城東郡の両所における御手柄、しかも1年の内にこのように成った故である。」

人々はこれを聞くと、「高坂、内藤は臆病分別である」と笑った。さらにこの話は、長坂、跡部より
勝頼に伝えられ、勝頼も内々に、高坂、内藤を悪しく思うように成った。しかしそうは言っても
信玄以来の侍大将であったため、高坂は勝頼の近くに参り、周りの人を下がらせて意見を述べた

「東美濃を、信長の子息でこの甲府におられる御坊に下され、彼を誰か近き御親類衆の聟になされ、
信長と和平を結び、また城東郡を、家康の弟源三郎が信玄公の時代に人質に召し置かれていましたが、
彼は甲州より脱走しました。しかし和平の扱いをする上は万事を差置き、信玄公の御息女である
おきく御料人、信玄公はこれを伊勢の長島に嫁がせると決めて居られましたが、この御料人を
家康の舎弟へ嫁がせましょう。

こうして信長、家康と和睦した上で、北条に対し攻めこむべきです。そうなれば家康は領地を返還されたことを
信長からの恩以上に忝く思い、加勢を申し出るでしょうし、更に信長も、都の敵に対処するのに
当家との御無事を喜び、加勢を差し寄越すこと疑いありません。
こうして当方の所領する国に、小田原北条氏の持ち分を加え一つに御支配なされれば、以後勝頼公の
思し召しに叶わぬことなどなくなると、私は分別しております。」

後で勝頼はこの高坂の申し出について、長坂長閑に相談した。長坂はこれを聞くと
「勿体なき弾正の分別違いです。都へのお望みをなくして向かってくる敵と和睦し、今まで味方である
北条殿を敵にするというのは全く心得ることの出来ない義であります。
取った国郡を人のほうに渡すというのは、下劣な喩え話に『猫に鰹節を預ける』などといいますが、
おおかた弾正の分別もそのたぐいの事です。」

勝頼は長坂の判断を尊重していたので、これにより弾正の意見を取り上げることはなかった。

(甲陽軍鑑)



919 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/15(月) 19:22:12.63 ID:ZwfcSEVp
普通なら打ち首だろ
主家の滅亡を予知するなんてな

920 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/15(月) 19:31:32.84 ID:zYQMxmTq
戦がなくなった江戸時代は切腹をも厭わない諫言が最大の忠義みたいになってましてこんな話ばかりです
あ、別に黒田家譜を名指ししてるわけでは有りません

921 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/15(月) 19:32:59.65 ID:6paD1heP
典型的な事後予言かと思われます

922 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/15(月) 19:33:32.07 ID:n+THu5Ck
これだけ言われても何もできない勝頼さんかわいそう

923 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/15(月) 20:06:23.37 ID:ciLV2POB
もし仮にこの記述が本当のことだとしてだ、
高坂弾正にせよ内藤修理にせよ現在進行形で戦争してる相手に領土を割譲、和睦の上、
その和睦相手の為に先鋒務めろとか内通疑われて殺されても文句言えないよなw

ていうか、「勿体ない」って、
「とんでもない」とか「途方もない」とかそういう意味でも使ったんだ。

924 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/15(月) 22:16:29.77 ID:55JkhUFl
つーか天目山で最期まで付き従った長坂長閑、跡部大炊介が何故ここまでこきおろされなきゃならんのだ!?

925 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/15(月) 22:55:53.42 ID:5I8D26Wu
大久保彦左衛門「だってあいつ嫌いだしー」

926 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/16(火) 03:15:50.77 ID:md4jrR7f
>>923
もともとが仏教の『勿体(物体)』が無いってこと否定的な言葉。
そこからさらに勿体は尊いものって考えから惜しいとかおそれ多いって意味でも使われるようになった。

927 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/16(火) 08:12:33.18 ID:8ssKM7dD
扱いにくい老臣っているよね
長篠で一掃した勝頼は策士といっていい

928 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/16(火) 08:24:11.99 ID:5lmlGBWs
つまり策士、策に溺れる、か

929 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/16(火) 10:43:35.80 ID:YGT/T4l7
川中島あたりのせいもあるが、武田って重臣が討ち死にしすぎなイメージがある

実際にちゃんと調べてはないから偏見だけども
なにか軍制に欠陥があったんでは?とも思っちゃうな

931 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/16(火) 11:18:10.62 ID:5lmlGBWs
>>918
なんか松姫を信忠に送り届ければすべて上手くいくような気がしてきた


馬場美濃守が言うには

2015年02月27日 18:37

478 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/27(金) 08:51:26.56 ID:83Rm2EW+
信長・家康が勢いに乗って後を追ってきたら、信濃の中まで入れて一合戦しましょう。
そこでは敵は大軍といえども、勝頼公の勝ちは必定でありましょう。」
と申すと、長坂長閑殿は、
「新羅三郎公より武田始まって信玄公までの二十七代の間、敵を見て軍勢を引き込むことは無かったので、
二十八代勝頼公の御大に軍勢をひくのはいかがかと思う。」
と言い、勝頼公はその意見に賛成し軍勢を引き入れなさらなかった。

 次に馬場美濃守が言うには
「それでは長篠の城を力攻めしてはどうか、味方の死傷者は千人出るであろう。
すると、この長篠の城には多くて鉄砲五百丁あるであろう。
ならば、一時攻め寄せるなら、始めの鉄砲で五百人討ち死にし、二番目は慌てて撃つのであろう。
これは手負いが五百人、合わせて死傷者が千人は出るであろうが、そのうち死傷者が少しは少ないかもしれない。
それを機会に軍勢を引くことがもっともである。」
また長坂長閑が言うには、
「『味方の一騎が討たれたら、敵の千騎が勢いを得る』と言われているように、この大軍を引受けて、味方千人を失うのはいかがか。」
これも勝頼公は長閑殿の意見をもっともであると思われた。

 また馬場美濃守が言うには、
「そうであるなら、城を攻め落とし、敵を追い出して、城に御屋形様を置いて、
逍遥軒公を始め御親類衆を尽く後ろに陣を敷いて、総勢を御旗本の先鋒とし、
山県と内藤と拙者の三人が、川を越えて、時々の競り合いをして長期戦に持ち込めば、
味方は信州から人夫の運送が近くてよいが、敵は河内・和泉の軍勢もあるので、長く陣を張れず、
最後には信長は引き上げるでしょう。」
長坂長閑が申すには、
「馬場美濃の判断は悪い。信長程の大将がただ引くであろうか。押しかけて戦をする時はどうするのだ。」
馬場美濃が言うには、
「そうなれば合戦をなされないのは叶わぬことであろう。」
長閑が言うには、
「むこうから仕掛けられて合戦するのも、こちらから進むのも同じであろう。」
長閑の意見に勝頼は大きくうなずいて、
「御旗・楯無よ、明日の合戦は延ばさぬ」
と御誓文を立てられた、御旗は八幡太郎義家公の御旗である。楯無とは新羅三郎公の御具足である。
(甲陽軍鑑)




479 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/27(金) 09:57:03.08 ID:bOUTJH8i
馬場さんは一体何を言ってるんだ

480 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/27(金) 09:58:31.70 ID:Zm7NHSqI
長閑は批判するだけで代案は出さんのじゃの


馬場さんはどうにかして撤兵したかったんでしょ

481 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/27(金) 10:32:29.86 ID:zNeTheTz
武田の軍勢で死傷者一千も出したらその後がガタガタになりそうな

482 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/27(金) 13:09:32.43 ID:/it2LZ40
死傷一千でガタガタなら信玄時代にとっくに崩壊
してる様にも思うけど

483 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/27(金) 14:17:20.82 ID:zcdkFO7v
長閑の言うことは尤もなのに
おかしく聞こえるのは軍鑑だからか

鉄砲が五百あるからって最初の一撃で五百死ぬってどうなのよ

484 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/27(金) 14:20:35.76 ID:VjeZRkmf
>>480
勝頼は主戦じゃからの
代案ださんのは主君の意向に従ってるのよ