FC2ブログ

為景は歌人でもあり

2018年08月18日 21:09

185 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/08/18(土) 09:28:06.28 ID:Pkf2Ft4G
為景(長尾為景)は16歳の頃に父・能景に従って関東に出陣し、これを戦の始めとして
信濃・越中・越後において戦功はもっとも多かった。

特に寺泊・椎谷の一戦では大いに勝利を得られ、積年の戦功によって天文4年(1535)
6月13日、後奈良院(後奈良天皇)より綸旨ならびに御旗を賜った。

およそ為景は一生の間に諸国所々において百回余りの合戦を行い、他に類を聞かずという。
この時の御旗は今に至って上杉家の重宝として相伝わる。

為景は歌人でもあり、後奈良院に一巻を奏覧した。その中に次の一首あり。

「蒼海の 有とはしらて 苗代の 水の底にも 蛙なくなり」

後奈良院はこの一首に叡感なされたという。

――『北越太平記』


スポンサーサイト



すると猿松が

2016年01月12日 18:22

179 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/01/11(月) 22:09:57.64 ID:iWayTfBO
長尾為景の治めていた府内の城外では、盗賊が出て人々を脅かしていた。
そこで為景はその盗賊を斬って首を獄門にかけた。

そんなある夜、為景が近侍のものに「あの盗賊を首を取ってこい」と命じたが、
皆恐れをなして取りにいこうとはしなかった。
すると猿松(謙信)が「自分が行こう」と言い出した。
為景は猿松に小刀を与えたが、彼は傘だけさして雨夜の中盗賊の首を取って、
(複数いたのか)その髪をつなぎ合わせて引き摺り引き摺り府内へ帰ったそうだ。



187 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/13(水) 13:08:11.73 ID:TjaJYsFf
>>179
水戸光圀の伝記で同じような話を見たが
(刑場から父の命令で幼少の頃夜に罪人の首を持ってくる)
度胸試しとしてありふれてたのか、それともどっちかがもう一つの逸話をもとにしたのか

越後の長尾為景は、敵に欺かれ

2015年11月21日 15:58

659 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/21(土) 06:30:42.45 ID:2Y1Dfm7p
天文11年、越後の長尾為景は加賀国に攻め込んだが、敵に欺かれ、梅壇野という場所で闇々と討たれ死んだ。

この時為景は、一向宗の一揆を平らげようと加賀国に向かったのであるが、敵は欺いて降参して案内し、
道に落とし穴を所々に拵えた場所へと為景の軍勢を導き、悉く陥れて殺したのだという。

(藩翰譜)
落とし穴にやられた為景公



660 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/21(土) 08:17:54.18 ID:wn/bYGO4
アトロパテネ会戦の元ネタがここにあったのか
いや、あの人が知るわけないか

いまでは越後で病死か横死したことになってるみたいだけど、なんで親父と混ざってしまったんだろ?

661 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/21(土) 09:55:32.03 ID:R4jm39uY
あれ?落とし穴殺人事件ってあったけど、あれも石川県だったよな?

662 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/21(土) 13:58:08.44 ID:Jh5tEOYI
梅じゃなくて栴檀(せんだん)だね、細かいことだけど

663 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/21(土) 14:12:49.61 ID:tsx5EEJ/
義元の号も梅岳承芳か栴岳承芳かわかりにくい
泉岳寺だから後者だろうけど

上杉謙信の幼少期

2013年09月11日 20:11

296 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/10(火) 21:51:59.08 ID:gmqUApuH
後の上杉謙信、長尾虎千代がちょうど6歳の時のことである。
虎千代はあまりに乱暴や我儘が甚だしく、父親である長尾為景もほとほと困り果て、
手習いや学問を学ばせれば、少しは性格も治ると考え、春日山城下の禅院・仙林寺の
天室和尚の元に預けられた。

ところが、虎千代はなかなか、師の坊主のグズグズした意見など受け入れる様子はなく、
暇さえあれば相撲を取るとか庭木を伐るとか、小僧を泣かし寺男を困らせることを
毎日の日課のようにして過ごした。

寛仁大度の天室和尚ではあったが、もはや手のつけようがなく、為景に事情を知らせ
春日山城へと送り返した。これは翌7歳の時のことである。

これには為景も仕方なく、家臣の加治安芸守春綱を頼んで、彼の養子とし家の安泰を図ろうと
思ったが、これは虎千代が承知をしなかった。

そこで為景は再び天室和尚と相談し、今度は下越後・古志郡なる栃尾の浄安寺に預けることにした。
そしてこれが、虎千代と長尾為景の父子の、永遠の別れともなった。
上杉謙信言行録)

どうしようもなく凶暴だったらしい、上杉謙信の幼少期についての逸話である。




297 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/10(火) 22:22:52.67 ID:4KOPYZhu
壮年期も関東にとってはどうしようもなく凶暴ですから

298 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/10(火) 22:24:19.66 ID:o00DY311
諦めんなよ父ちゃん

299 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/10(火) 22:32:35.90 ID:ScdTIMwV
三つ子の魂百まで、だな…

300 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/10(火) 23:01:06.49 ID:xCbFLYSa
これが軍神教育なわけだ

301 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/10(火) 23:04:53.10 ID:3pSLM9xq
なんか怖いな

302 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/10(火) 23:24:15.21 ID:5DFvgp7w
乳幼児にして女の乳首を噛みちぎるのが、大好きだった吉法師ほど凶暴ではない