知恩院の霊厳和尚和歌、公卿色を正ふする事

2017年01月04日 21:04

488 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/01/03(火) 18:03:03.71 ID:1MDJADtY
知恩院の霊厳和尚和歌、公卿色を正ふする事

昔知恩院にいた霊厳大和尚は高徳の聞こえがあって、人は皆崇尊していた。
ある日禁中で公卿が寄せ合いながら和尚へ和歌を乞おうと、
短冊を二つとり出して歌を求めた。
和尚は辞する様子もなく、にわかに筆を染めて、

南無阿弥陀南無阿弥陀仏南無阿弥陀
南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏

名号の六字の外をしらぬ身は
南無阿弥陀仏を歌によむなり

公卿は皆色を正しくしたという。

『浄土伝燈譜』には

「霊厳、檀蓮社雄誉は、松風と号す。
総州天羽郡佐貫の人〔一説に駿州府中の人、姓は今川氏〕である。
慶長十年に生実大厳寺に住む。一旦武命に逆らうことが有って、
房州に流罪となりそこに住んだ。
道風(修行でえた、人を導く教化のはたらき)が四方に靡いて
徳光は大いに輝いた。
武府は遥かにこれを聞いて、即召して東照神君に謁した。
敬信が他と異なり、遂に道本山霊厳寺を開いた。
後に公命により知恩院に住んだ〔第三十二世〕。
寛永十八年九月に寂した。」

(甲子夜話続編)



スポンサーサイト