狂言、鷺仁右衛門、五徳の紋所。鷺と称する苗字の事

2017年04月06日 16:38

790 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/04/05(水) 22:38:22.47 ID:eT3s4jQ3
狂言、鷺仁右衛門、五徳の紋所。鷺と称する苗字の事

狂言師の鷺仁右衛門の紋所は五徳〔鉄三脚子〕の形である。
予はあるとき、その紋にはどのような由緒があるのかと問うた。

「これは某の祖が神君の側につかえていたときのことです。
神君は御戯れにハサミで色々な切り紙を遊ばれていた中で、
五徳の御きり形が有りました。
それを某の祖が賜り、続けて
ただちに家紋にせよとの命があったので、今に伝わっているのでございます。」

と言った。ならば御当家の古い賜物であった。
また鷺という苗字のことはどうなのだと問うと、

「これは昔"鷺"という狂言があり、某の祖先がその狂言を披露すると、
仰せで
『後で人に譲るのも口惜しいことだ。
以来はこの狂言は止めてしてはならない。
よって家名を鷺と称すべし』
とのことがありまして、これよりこのように称しています。
故にかの鷺という狂言の一巻は皆封じて今は家宝とし、
それからその狂言は今は演じないことに成りました。」

との答えがあった。
その仰せというのは神君か若しくは太閤であったか、今は忘れた。

『猿楽伝』という書には、
「鷺の家の本名は長命権之丞で、狂言の上手である。
太閤の御意に入れられている。九州名護屋で御宿泊の時、
水辺へ御成りがあって御遊興の時、権之丞は川へ飛び入り、
鷺のドジョウを踏むまねをして、御入興から鷺々と召され、
それから鷺と改めさせなさった。その子は鷺仁右衛門云々」

と記してあった。仁右衛門の言と等しくない。
しかし仁右衛門の言葉はその家の伝えなので、これに従うべきだ。


予はまた、祖先は朝鮮攻めのときには名護屋へ随従したのかと問うと
もちろん随ったとの答えがあった。
ならば名護屋御遊興云々のことも棄却してはならないだろう。

(甲子夜話続編)


スポンサーサイト

人が伝える話も時々違うものだ。

2016年10月18日 18:32

224 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/10/17(月) 23:58:55.58 ID:GuZsnBMu
能役者の古事

 人が伝える話も時々違うものだ。

 予が若年の頃、能役者笛吹の清甚兵衛が語ったことは以下のようなものであった。
「私どもはそもそも、奈良春日の神職の中からでました。
大夫、脇師の如きも同じです。」
と聞いていたが、この五月観世の宅に能見物に行ったとき、その弟四郎に、
『同職の今春大夫は奈良の神職か?』と問うたが、
そうではないという旨が返ってきた。
ならば『年々奈良の神事に赴くのか?』と問うたら、
「私の家の如きも以前はかの神事に同じく行っていましたが、
神祖の仰せで、『観世は行くに及ばず』、とのことが有りましたので今は赴きません。」
との答えであった。

 また大阪茶臼山の御陣所にも観世は御供していた。
そのときいつもは暇なので、こよりを多く持っており、
それを使って戦士の甲冑の毛ぎれ、あるいは損じたものにつぎ合せていたら、
人々はそれを重宝がり、こよりを観世から請い求めたという。
 予がかつて聞いたことに、道成寺の能の鐘の内には面の紐無かったので、
一時的に紙をよって面につけたことから起きたと。
この話とは異説である。しかし正しく子孫の伝なので用いるべきであろう。

 予はまたかの御陣中には何の御用を為したのかと尋ねると
「謡を度々命ぜられ、折には御囃子もあったと書き伝えております。」
との答えが返ってきた。
なので御陣中とても、今の治世に想っているものとは全く違うものだ。

 また、大夫[左衛門]の話では、
神祖の頃には、御出陣に謡うには必ず弓矢の立合と決まっていたそうだ。
[今では正三の夜に、御謡初として御前で謡うものである]
また御出船のときには船の立合を謡うもという。
この謡は今の乱曲の中に見えるが、多くの人は知らないものだ。

 かつて或る人の話に、
太閤名護屋在陣のとき、慰めに狂言をされた。折節”止動方角”の狂言をすることとなった。
神祖に太閤は「何の役をやりたいか」と問うと
神祖は御答として「某は何でもいいです。しいて言えば馬になりたい。」
と仰って馬となりなさった。
そこでは鷺仁右衛門の祖は太郎冠者として、恐れ多くも神祖に乗ったという。
今では鷺の家ではこの狂言は憚ってやらないと聞いた。
 しかし近頃今の仁右衛門がこの止動の狂言をしたので、
ある鼓の者に頼って鷺に以上の話をしても、今までそんな話は伝えていないとの返事であった。

ならばこの説は誤伝であろうか。
(甲子夜話)

諸説入り乱れる能役者逸話集