週間ブログ拍手ランキング07/24~/30

2014年07月30日 18:53



「これは伊賀の教えなのだ。」 45

酒井忠次の妙技海老すくい 38

「赤松のシェフ2」 31
仙台ワラシ 28

源義経ほどの大将は 23
只今某が申せし事を思い当たらせ給うべし 21
酔っぱらいを笑った結果 21

昨日の広言にも似ぬものかな! 16
信長の乗馬 16
脱ぎ捨てた袴 13
武者之助と”信昌” 12



今週の1位はこちら!「これは伊賀の教えなのだ。」です!
若き日の家康の逸話としてよく知られたお話ですが、やはりいいお話ですね。
何が良いかといえば、やはり家康が生涯に渡り、その教えを守ったところだと思います。
鳥居忠吉も本望であっただろう、と感じますね。
まあそんな忠吉も家康本人も、後に城の床が抜けるほど貯蓄出来るような状況になるとは考えもしなかった
でしょうけどw流石に床を補強せよという忠告は出来ませんでした。
そんな、人の未来はわからないものだという感慨も持つお話です。

2位はこちら!酒井忠次の妙技海老すくいです!
ソ~イソイソイ~
こちらは、もしかすると戦国武将の宴会芸で最も有名なものかもしれませんw酒井忠次の海老すくいのお話。
これを長篠の合戦の前にもやっていたとは。
酒井忠次という人はまさに重臣の中の重臣で、酒井家の存在はある時期まで、松平(徳川)氏にとって、家臣というより
同盟者と言っていいものだったと思います。
そういう存在が積極的にこういう芸でみんなに緊張をほぐそうとする。それは結束も高まりますね。
そんな意味でも、いいお話だなと感じました。

今週管理人が気になった逸話はこちら!「赤松のシェフ2」です!
卵のふわふわ!静岡の袋井宿の名物である「卵のふわふわ」と同じものでしょうか?
袋井宿の者は江戸時代発祥とされていますが、これと同じものだとすると、室町には既に存在していたのですね。
そんな、料理史の面でも面白いお話だと思いました。しかしどれも美味しそうで困るw



今週もたくさんの拍手を、各逸話に頂きました。いつも本当に有難うございます!
また気に入った逸話を見つけましたら、そこの拍手ボタンを押してやってくださいね!
( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーサイト