革島ジョアン、同僚にからかわれ

2010年03月22日 00:02

454 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 22:12:26 ID:GopwGXGs
ルイス・フロイス「日本史」より


革島ジョアンと言うキリシタンの武士がいた。
彼は宗教について攻撃的で、いつも他の宗教、宗派の欺瞞を言い、争っていたのだと言う。

さて、このジョアンがある時同僚たちと共に、異教徒の崇敬を集める「西宮」という寺院に参拝した。
これはおそらく「西宮えびす」として有名な、西宮神社のことであろう。
参拝者で賑わう神社に入ると、ジョアンが普段から他宗教に対する敵愾心をあらわにしていたせいであろう、
同僚たちが彼のことをからかい始めた、

「革島、お主はキリスト教と言う邪悪な信仰に帰依して、神に対していつも罰当たりな言動をしているから、
こういう場所に来ればその罰を受けずにはいられないだろう。」

するとジョアン、たちまち怒り出し

「死人や、木石に過ぎない彫像のどこが恐ろしいものか!悪魔を表わした彫像を崇拝することが
いかに馬鹿げたものか、今ここでわしが教えてやる!わしの崇敬の仕方を見るが良い!」

そう言うとその神社の「偶像」の頭まで上り、その上から小便をした。
この行為は参拝の人々の憤激を買ったと言う。


今でもこんなことしたら、その場で袋叩きにあっても文句は言えないだろう。しかし、いくら信仰と言っても
その信仰心をこういう攻撃的で下品な形で表す人を讃えているあたりに、フロイスや当時の(あくまでこの当時の、である)
キリスト教の排他性、排撃姓を良く現している、と言える逸話である。




455 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 23:03:33 ID:nQHLRS9H
彫像がただの木石にすぎないっていうのはまあ事実だけどさ。
極端に走ると嫌われるよなあ。

456 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/20(土) 23:10:26 ID:7SaI/Wgi
タリバンと同じ理屈だよ…

459 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/21(日) 02:47:46 ID:OiQSv9rw
馬鹿にされたままじゃ帰れない武士の意地もあったのかもしれんが
こういう挑発にすぐ乗るような奴は長生きできないぞ

462 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/21(日) 11:47:34 ID:dIZgSooI
偶像崇拝はダメという事はジョアンは正教徒だったんだな。

467 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/21(日) 13:42:48 ID:40GRWWg0
この時代よりちょっと前に、ヨーロッパで宗教改革が起き、プロテスタントが
興こっている。
新教からの腐敗している、堕落している、という非難に対し、カトリック内部
からも自浄作用というか、改革運動が起こる。
この改革運動、腐敗や堕落を一掃する為のモノだから、妙に潔癖症で過激な教
団も多かったらしい。

……で、そーゆー過激派の中でも一番有名なのがイエズス会。(^^:
タリバンに例えた方がいたが、「原理主義過激派」という点ではまさしくイエ
ズス会はタリバンと同じ。


「この時代のキリスト教」というイメージだけではなく「日本に来たのは原理
主義グループ」という視点を持っておいた方がいいかも。

468 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/21(日) 13:48:02 ID:bcAe7+ub
>>462
正教徒は「イコン禁止だとふざけんなコラ」と喧嘩吹っかけた側じゃ
なかったっけ

ほんとにモノの崇拝が良くないと思ってたんなら、日本人がマリア像を
踏めずに殺されまくってる時に法難ktkrとか陶酔してないで
「いや別に踏んでもいいんだぜお前等、それ只の板」と言ってやれと
スポンサーサイト