春日山若武者先に落されて

2013年05月23日 22:08

690 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/05/23(木) 18:27:56.12 ID:06GvmBN2
同じ地名と言えば佐嘉の北、現在の脊振山地一帯である山内の入り口にある城は春日山城といって、謙信の居城と同名だな。


弘治3(1557)年に龍造寺勢はこの城を占拠して、小河信安に普請を命じ、仇敵神代勝利攻略の拠点としようとした。
城の守備は小河の一族が担当したが、九月勝利はこれを攻めて小河一族に多くの死者を出した。

十月十五月信安はこの仇を取らんと手勢を率いて山内に攻め込んで、隆信も軍を率いてその後を追ったが、
勝利もこの動きを察知して兵を招集して迎え撃った。
翌十六日、信安、勝利ともに敵軍の布陣を物見しようとしたところ、薄明かりの中でお互いばったりと遭遇した。
狭い地形でお互いの従者も加勢ができず、一騎討ちしかできないような場所であった。
信安は一族の仇とばかりに勝利の腹を槍で突いて傷をつけたが、勝利は槍を返し信安を突き、
勝利の従者が駆け寄って信安の首を刎ね討ち取った。
勝利も手負いであったが、龍造寺の先陣大将を討ち取ったことにより神代勢も勢いを増し、
ついに鉄布(かなしき)峠で龍造寺勢を大いに破った。

この頃一首の狂歌が与止日女神社に張り出されたという。
春日山若武者先に落されて また清恥をかくぞ鉄布(かなしき)

スポンサーサイト

神代勝利、龍の夢

2010年03月29日 00:08

714 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/28(日) 10:52:25 ID:u8tBh6o2
>>696 http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3909.html
小河信安といえば、http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-771.htmlの逸話があるが、
その中に登場する神代勝利の逸話である。

龍の夢


勝利は父の代に没落していたが、あるとき「 足に水を浸していると龍になった 」という夢を買い取った。
神代家の家運はそこから隆盛を迎え、居城を回復し少弐家の重臣として活躍した。
しかし、同じ少弐家中の龍造寺氏の台頭は目覚ましく、馬場頼周と勝利は龍造寺排斥を企ていったんは
成功するも、龍造寺隆信の登場により主家滅亡の憂き目にあう結果となった。

勝利にとっては隆信は主君の敵、隆信にとっては勝利は一族の敵であり、両者は不倶戴天の仇敵となった。
勝利は少弐家滅亡後も隆信と互角の戦いを続け、1555年に一旦和睦することとなった。
勝利を排除したい隆信は和睦の宴席で彼を毒殺することにしたが、未然にその陰謀を察知した勝利は巧みに
毒物を避けつつたらふく馳走を受け、呆然とする隆信を尻目に彼の愛馬を奪って悠然と引き返したという。

以降両軍は何度も干戈を交え、神出鬼没の勝利にほとほと手を焼いた隆信は縁組を交わして和睦するこ
ととなった。
和睦後は息子の長良に家督をゆずり隠居したが、嘉瀬川ダム発掘調査によると勝利の隠居所の規模は
かなり広壮だったと推測され、隠居所で見果てぬ龍の夢を追い求めていたのかも知れない。




716 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/28(日) 11:40:53 ID:oVOies6i
肥前のクマーとクマー代勝利がライバルだったわけだ

719 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/28(日) 13:03:27 ID:aHvwDqWg
夢を買うって…
なんかそんな話がまんが日本昔ばなしであったな