深町理忠、龍造寺隆信を救う

2010年03月29日 00:12

115 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/28(日) 21:39:14 ID:hOxsLVuk
龍造寺家の臣、土橋栄益は目障りな隆信を追放するべく他の城主達と
つるんで隆信を包囲した。城には鍋島ら家臣もいたが状況は絶望的であった。

  「もはやこれまで…潔く腹を切ろう…」

隆信を始め全員が覚悟した時、敵側の将小田政光の家臣、深町理忠が城までやって来た。

  「今日は敵でも明日は味方となるのが武士の習いにござる。
  こたびの事を痛ましく思い、主君や諸将とも協議いたしました。
  隆信公の安全は保障いたしますゆえ、今宵のうちに城をお開きください。」

しかし隆信は理忠の申し出を信じようとしない。

  「馬鹿な、信じられぬ。騙し討ちされるくらいならここで腹を切る。」

すると再び理忠がやって来た。

  「神に誓って嘘ではござらぬ。かくなるうえは某が人質になりもうす。」

理忠は丸腰で城に入って行った。ここに至ってようやく信用した隆信はその夜、
2百人ほどで城を出て、敵の大軍の中を女子供にいたるまで柄を切った槍を構えて
駆け抜けていった。

それから8年後、理忠は隆信の急襲により討死した。
理忠の死を知った隆信はその死を惜しんだという。




117 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/28(日) 22:41:44 ID:UlDLro1i
なんかよくわからんけど長宗我部と竜造寺ってかもし出す雰囲気が俺の中でかぶる



関連
蒲池鑑盛。龍造寺隆信を匿う
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3917.html
スポンサーサイト