小少将の年齢

2010年07月06日 00:00

小少将   
713 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/04(日) 21:03:19 ID:A2cr4+r+
この板では何かと話題の小少将さんですが、Wikipediaの元親のページを見ると彼女は「明智光秀の妹の娘」らしい。

明智光秀→1528年生まれ
細川真之→1538年生まれ
…( ̊Д ̊)
いやいや、光秀は15年生まれの説も有るから、妹が1歳差で、尚かつ11歳で小少将を生んで、
小少将もまた11歳で真之を生んだとなれば…

しかしそうなると、小少将が三好を見限って元親と懇ろになるであろう時期は80年代。
小少将を27年に生まれたとして83年に嫁いだとなると…元親44歳、小少将56さ……。

…( ̊Д ̊)
56歳て…!干支一回りじゃないか!
仮に元親がマザコンの婆専だったとしても、現代でも高齢出産どころではない年齢。
高齢出産の世界最高記録はスペイン東部バルセロナの67歳スペイン人女性が帝王切開で双子を生んでいるが…。
体外受精だとの事。
右近太夫生めたのか?
多分「関係ない」って言われるだろうけど、当時としては婚礼期過ぎている25歳で嫁取りをした元親と
適齢期で嫁いだ正室は年齢差があったらしい。
その正室と8人も子が出来た辺り元親が婆専の線は…。

ここのスレ的に「細川真之の母、三好利賢の妻、長宗我部元親の側室の小少将は同一人物だったか?」
ってのはスルー対象ですか?( ́ ・ω・ ̀ )




714 名前:奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM [sage] 投稿日:2010/07/04(日) 21:19:37 ID:PwnmOBzX
なにそのzdzdっぷり。

717 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/04(日) 21:29:03 ID:Re0DeWG1
小少将ネタは元親の記述に名前がある事でネタになってるからな
細川持隆・三好実休の小少将は出自と最後がはっきりしてる

元親の小少将は同一人物の可能性は低い
最後は確か二通りで
・篠原自遁と淡路へ駆け落ち
・細川真之と三好長治が不和となって兄弟が争う悲惨さを(やっと)知った小少将が
 細川真之を説得に向かうが細川家臣が納得せず殺害、大事なママンが殺された事に激怒した三好長治
 三好長治vs細川真之のマンコで繋がった男達の戦いへ
・↑の小少将殺害が無いのが前提、真之と長治小少将が元親の側室となっている

小少将は記述だけで同一だと証明できる物は何も存在しない
原因は夏草の賦でそういった供述を書いた司馬に影響されたのもデカイと思われ
朝倉にも確か小少将がいたような

718 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/04(日) 21:38:17 ID:b/Ep7tYx
>>713
この手のネタで言うと、応仁の乱で有名な畠山義就と、小笠原持長が同母兄弟だと
されているのだが…

小笠原持長が応永三年(1396)生まれ
畠山義就が永享九年(1437)生まれ

その差41歳…

しかも『母』は小笠原家でも畠山家でも「妾」として入っている。
つまり愛人ですよあなた。
小笠原持長を産んだ時10代だったとしても、
畠山義就を産んだときは50代ですよ。50代の愛人ですよ!
天下の管領、畠山持国の愛人がですよ!


この事を記した『豊前豊津小笠原家譜』の編纂者は、これを疑問に思わなかったのだろうか?

719 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/04(日) 21:44:08 ID:HHyoYhFo
フランスのアンリ二世の寵姫は二十歳上で、王が40で死ぬまで現役。
つまり還暦まで現役。
ネタぽいが中国には夏姫ちゅうバケモノがいますな。
皇帝より19歳年上なのに、明の成化帝に寵愛された万貴妃というのもある。

まあ熟女好きはどこにでもいるってこった。

720 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/04(日) 21:45:52 ID:W5ZYd0he
>>719
高齢出産の話では?

721 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/04(日) 21:59:48 ID:syOZhw/D
>>718
もう一人産んでるよな、その妾

722 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/04(日) 22:00:17 ID:43XY8ZTW
実際には親子丼だったのが同一人物にされてしまったケースが多いんじゃないかな。

723 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/04(日) 23:11:04 ID:TJt9HEhO
>>713
別人だった説とは逆になるが、やっぱ高齢出産の噂がある人物が一人いるね。
ラスボスの妾だった甲斐姫。

地元の埼玉県行田市青年会議所が発行している「忍城甲斐姫物語」では豊臣
秀頼の娘(天秀尼)を産んだ成田氏を甲斐姫と同一人物としています。
成田氏を成田一門の吾兵衛助直の娘、としているのは「徳川実紀」だそうで
すが、甲斐姫と同一人物と言うのは何がソースなのかは判りません。

甲斐姫は関東仕置きの時に18歳だったって説で計算すると、天秀尼が生まれ
た時には37歳。当時じゃ高齢出産も良いトコっスね。
小少将他、ココで名前の出てる面々と比べたらまだマシな年齢かも知れませ
んが……それでも天下人だった父の妾を寝取ったなんて言ったらちょっと外
聞悪すぎる気がする。

724 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/05(月) 00:42:59 ID:nwPvaMq8
高齢出産ならまーくんとこの嫁40超えで産んでるぞ

725 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/05(月) 01:13:40 ID:VPEYRZEQ
コンドーム等が無いから意外と高齢出産は多かったのかも

732 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/05(月) 22:58:18 ID:WIIjlkfM
嫁だの愛人だの側室が随分年上、といえば足利義政がいるだろ。
どのくらい年が離れていたかは不明だが、富子と結婚する前から付き合っていたその愛人は…

義 政 の 乳 母(しかも子供作ってます)

最低でも15歳くらいは上…それより乳母とは戦国期の倫理観がワカラン。
しかし乳母と同族の女子も愛人として囲ってたからこっちと混同されたのかも知れんが。
スポンサーサイト

小少将の傾国

2010年04月11日 00:03

小少将   
12 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 22:46:37 ID:atwj6awi
小少将の傾国


阿波守護細川家家臣、西条東城主、岡本清宗に一人の娘が生まれた。
この娘は輝くように美しく、成長するにつれ人々の評判となった。

天文(1532-55)のはじめの頃、岡本の主君、細川持隆の目にこの娘の姿が止まった。
持隆はたちまち心を奪われ、この娘を自分の側室とし、小少将(こしょうしょう)と呼ばせた。
この頃小少将、10代の前半だったといわれる。
彼女は持隆に深く愛され、天文7年(1538)には後に阿波最後の守護となる真之を産んだ。

が、その頃から、彼女の奔放な性格が頭をもたげ始めた。
小少将は細川持隆側室でありながら、その重臣であり、畿内を制する三好長慶の弟として実質的に阿波、及び
四国全体を支配している三好義賢(実休)と密通したのだ。義賢も小少将に夢中になった。

天文21年(1552)、義賢は細川持隆を謀殺する。政治上の対立もあったと言うが、義賢が先ずしたのは
小少将を自らの正妻としたことだった。小少将は正妻のことを指す大形殿と呼ばれ、長治と、後に讃岐十河氏を継いだ
存保の二子を産んだ。
時はまさに三好氏の絶頂期であった。義賢は小少将の美貌に骨抜きにされ、彼女は権勢を欲しいままにしたと言う。

だが、永禄5年(1562)、義賢は久米田合戦で戦死。
義賢の後は嫡男長治が継いだが、わずか9歳という若年のため、三好家重臣、篠原長房が後見した。

ところがこの頃、小少将は今度は、事もあろうか長房の一族(弟とも言われる)の篠原自遁と通じたのだ。
長房は自遁を強く諌めた。亡き主君の正妻と通じるとは何事か、長房自身の立場もなくなるではないか!
ところが自遁はこれを恨みに思い主君長治に讒言をし、元亀3年(1572)、これを信じた三好長治の軍勢に
攻められ、居城上桜城にて自刃して果てた。

この長房の死により、阿波の国人たちの心は三好家より離れていった。
さらに三好家の重臣の中で唯一松永久秀と対抗出来た篠原長房の死は、久秀の野心を解き放たせる結果ともなった。


やがて三好長治は同母兄の細川真之と対立し、天正5年(1577)、阿波荒田野で敗死。

これに勝った細川真之も天正10年(1582)10月、八幡原にて死亡。兄を殺された十河存保の攻撃によるものとも、
長曽我部元親による謀殺によるものとも言われる。

十河存保も天正14年(1586)秀吉の九州征伐に従軍し戸次川の戦いで戦士したこと、皆ご存知であろう。
小少将の子たちは争いあい、皆、悲劇のうちに死んだ。


さて、その小少将だが、彼女の居た勝瑞城は、天正10年(1582)、四国制覇を目指す長曽我部元親の攻撃によって
陥落する。この後の小少将の行方はわからなくなる。

が、しばらくすると彼女は、長曽我部家の記録に現れる。しかも元親の側室として。
この頃小少将、おそらく50前後であっただろう。その年齢であっても権力者を惹きつける美貌と魅力を、
小少将と言う女性は保っていたと言うことであろうか。

その後、小少将がどのような人生を送ったのかよく分からない。
彼女の美貌を愛した者たちの家、阿波守護細川家、三好家、篠原家、そして長曽我部家、
これらは皆滅びた。


戦国の阿波に現れた、傾国の美女に付いてのお話である。




参考

細川持隆の妻、小少将・悪い話
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2181.html

細川持隆の妻、小少将・悪い話

2009年06月05日 00:13

小少将   
30 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/04(木) 16:30:48 ID:0g6Jrwmf
いい話スレ9に出ていた四国ネタ関連。こわい女性(にょしょうと書くとブッ強敵ですね)の話
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-category-332.html

細川晴元が畿内で三好長慶に圧迫されすっかり左前になったとき
阿波守護・細川持隆は後の14代将軍・足利義栄を擁して上洛しようとしたけど、
三好長慶の次弟・義賢に阻まれてヌッ殺されてしまいました。これ天文年間(見性寺の変)

持隆嫡子・真之は、三好の傀儡として阿波守護に祭り上げられたが
実母の小少将はんが亡父持隆の側室から、実休義賢の嫁さんに収まってしまった。
しかもギシギシがんばって(久米田の戦いで義賢がスナイプされるまで)三好長治、十河存保をこさえて。

親父の仇・義賢は死んだものの今度は異父弟の三好長治たちに傀儡として利用される。
憎い仇の倅が兄弟なのである。しかも影に日に空気扱いされて。カーチャンは鬼だ!
辛抱たまらん真之は「敵の敵は味方じゃー!」とブチ切れて、とうとう土佐の長宗我部元親を
呼び込んだ

天正年間、とっくに畿内を織田信長に蚕食され地元でも評判の悪かった三好長治あっさり敗死。

だがしかし、長宗我部元親が真之を阿波国主として盛り立てる義理もなく、
怒った十河存保ら三好派の巻き返しで追い込まれた細川真之は長治の5年後に敗死。

……そこのろ真之・長治のママン小少将はんは長宗我部元親の側室に収まって懇ろになっておった。
やがて元親の五男・長宗我部右近大夫をこさえたというから、あんた幾つやねん。

「倅が死んだら、もっといい男の子を産めばいいじゃない」と言った記録はないけど
((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

小少将の倅は相克し合い、細川・三好はおろかやがて長宗我部の家も傾いて遂には滅び去った。
そんな傾国の美女?の話。どんな魔性の女だったのか、ちょっぴり見てみたかったような……




33 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/04(木) 18:18:47 ID:j2ibr27L
「息子が死んだらまた作ればいい」って元ネタ誰だっけ
イタリアの女傑だったのは覚えてるんだが名前が出てこないなあ


34 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/04(木) 18:28:42 ID:j2ibr27L
自己解決したカテリーナ・スフォルツァだ
なんか戦国の女性って母性愛強い人が多いイメージなんだが
やっぱちょっと母性に欠ける女性とかもいるもんだよな
生みの母と育ての母が違ったりするし当然といえば当然なのかな

35 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/04(木) 18:33:03 ID:hTMgA4cq
>>33
カテリーナ・スフォルツァ。ルネサンス期のイーモラとフォルリの領主。別名フォルリの牝虎。
反乱を起こされとらわれた時、反乱軍に子供を人質に渡して、「降伏するように説得してくるから!」と
騙して城に入って、そのまま籠城戦の指揮を取った。

その時に城壁に上がって反乱軍に向かって、下腹部を指差していったのが
「人質を殺すなら殺せ!子供なんてここからいくらでも出てくるんだから!」

反乱軍は気を飲まれて、結局人質を殺さなかったそうな。

36 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/04(木) 18:34:13 ID:hTMgA4cq
おおう、リロードしてなかった。すまん。

37 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/06/04(木) 18:44:43 ID:Ixsi4smj
完っ全にスレ違い

38 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/04(木) 18:50:42 ID:XZaEfRnb
>>33
牙大王じゃね?

39 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/04(木) 19:10:28 ID:YSR7o/Ir
>>37
まーまー数少ない四国逸話の一部という事で

62 名前:亀だが[sage] 投稿日:2009/06/05(金) 12:34:02 ID:bgOu5AHI
内容:
>30
地元の話じゃ、若年の三好長治を操っていた篠原自遁ともナニしていたらしいな小少将。

男が骨抜きにされる「わるい女」だったのか
勝ち味のあるところにどんどん乗り換えていった猛女、てのはウィキペにあったな

65 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/06/05(金) 13:46:24 ID:1GXVeLKa
>>62
前世は末喜/妲己/褒姒だったんだろw

69 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/05(金) 18:19:19 ID:h90H8RRT
>>65
夏姫が抜けてるw



関連
細川真之殺害の実態は……?
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3498.html