豊前城井氏の滅亡

2015年05月24日 13:38

840 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/23(土) 17:35:33.18 ID:47Lo43ok
中津城において城井鎮房が討たれると、野村太郎兵衛は城内にいる城井の家来たちを「追い払い申さん!」と
表口に走り出た。黒田長政はあらかじめ、「城井を討ち取れば、次の間に控えている者達は早々表へ出て、
侍たちにその事を申し聞かせ、城井の家人たちを打ち殺すべし。」と言いつけてあった。
そのため、城井が討ち取られると同時に、次の間に控えていた侍たちは速やかに玄関に飛び出て呼びかけた。

「只今城井を討ち止められた!彼の郎党たちを追い払え!」

これを聞いて、表に並み居た侍たちは、城井が討たれることを待ち受けていたので、その家人たちを
我先に討たんと駆け出した。

城井の家人たちはその主人が討たれたことを知ると、大勢が中津城の玄関から中に斬り込もうとした。
しかし玄関には戸がさしてあったため、露地口を押し破って侵入しようとしたが、黒田側も
ここを破られてはならぬと、面々命を惜しまず防ぎ戦ったため、城井の家人の内、屈強の者達多く討たれ、
残る兵たちは皆、門外に追い出された。この時野口藤九郎は城井方数人を斬り防いだ。
益田興介は玄関にあった番鑓を取り、大勢をせり付け外に追い出した。黒田宇兵衛も敵を討って手柄を表した。
大野九郎左衛門はかねてより鑓を持って厩の中に隠れていて、城井を討ったと聞くと即座に突いて出て、
敵3人を突き伏せ数人を追い散らした。その他敵を討ったもの多かった。
台所にも敵5,60人が切り込もうとしたが、そこに居合わせた武士数人、並びに中元、小物、台所の下部ら
まで出合い防ぎ戦った。

この口で討ち漏らした敵達は皆門外に追い出し、そして城門を閉ざした。味方の中にも内海甚左衛門らが
討ち死にした。その他負傷したものも多かった。

敵は城外に皆集まっていた。中津城下に住む味方の諸侍は早鐘の音を聞きつけ、何事かと思い速やかに
駆けつけたが、鎧を着る暇もなく、素肌で取るものもとりあえず出てきた者もあり、或いは
素早く鎧を着て出てきた者もあり、鉄砲頭は足軽に鉄砲を持たせて急ぎ駆けてきた。
大手の門を固めて、鉄砲を討たせつつ敵を防いだ。そうしている内に城下の味方も追々に駆けつけ、
城井の家人たちに討って懸かり、逃げる彼らを追い討ちにして数多討ち取った。
その中でも、城井の家老である塩田内記という武功の名のある者をも討ち取った。
残る者達は皆敗北し、澤田の方面へと逃げ帰った。

そうすると黒田長政は、「城井の邸宅のある澤田に押し寄せ、残る者達を尽く討ち果たすべし!」と
自ら出馬した。澤田に残っていた城井の家人たちはあまりに突然のことなので混乱し、出撃して防ぎ戦ったが、
黒田方はこれを物ともせず、鉄砲で撃ちすくめ攻め入った。搦手に回った黒田の兵たちは、城井の館近くの
民家に火をかけると、やがて館に延焼して、男女尽くあちらこちらに逃げ惑った。

城井の家人はあるいは討ち取られ、あるいは逃げ散った。
城井の館は瞬く間に攻め破られ、城井の妻子も皆捕虜とされ、たちまちの内に彼の地は平定された。
城井鎮房の父である長甫は、豊後を目指して落ちようとしたが、途中で追手にからめ捕られ殺された。

長政はその日の内に中津城に帰った。城井の父子一族13人、中津にて磔に掛けられた。
城井を討ったことは長政より孝高(官兵衛)に注進され、城井の嫡子・弥三郎も肥後にて誅せられた。

おおよそ、この城井中務(鎮房)は勇猛さを誇り、その上城井谷は極めて良い要害であったので、
他所から侵し攻めてくる事がなく、その切所を頼んで、ますます近隣を侵略したが、彼は時勢を知らず、
小を以って大に仕えるという理をわきまえなかった。そのため、公の命に従わず叛逆をなし、ついに
先祖より久しき家を滅ぼし、その身も滅ぼしたのだ。愚かな事である。

(黒田家譜)

城井氏滅亡に関しての、黒田家譜の記事である。



841 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/23(土) 23:01:15.64 ID:ts/FSc7D
騙し討する奴がよく言うぜ

842 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/23(土) 23:02:50.05 ID:42ZDHsJt
家譜だからな

843 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/23(土) 23:22:00.15 ID:v7JEP0jI
最後の一節はまあ事実というか

844 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/24(日) 11:17:14.24 ID:jncOzvIq
じじつというよりは、まりでしょ。

845 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/24(日) 21:22:44.21 ID:T/Voltrr


846 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/24(日) 22:04:23.98 ID:Zt4BT1+C
黒田は家は残したが汚い名前を残したのは事実
死のうは一定なんとやら

847 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/25(月) 00:04:57.55 ID:uSD+J2WA
家譜は既に身分の上下が固まってきた時代に書かれた書物だから仕方ない
とは言え読んだらカチンとくるのも事実

848 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/25(月) 00:53:32.38 ID:bH4oaLsP
誅殺の影響か
鎮房の怨念で黒田家の男系血筋も絶えたし
フィフティーフィフティーさ

スポンサーサイト

【雑談】城井城址

2014年09月23日 18:21

334 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/23(火) 08:33:23.26 ID:Wa3gJHuA
【雑談】
他スレでも公表したけども、5月に城井谷の城に行ってきた。
大河で城井(宇都宮)朝房が肥後で殺され、鶴姫が脱走(黒田説でもねえじゃん)ということで。
一応タイムリーな話題で。

http://i.imgur.com/hRY6Ae8.jpg
hRY6Ae8.jpg

http://i.imgur.com/A9etGTe.jpg
A9etGTe.jpg

http://i.imgur.com/VTdOR7W.jpg
VTdOR7W.jpg

http://i.imgur.com/FeN6XnB.jpg
FeN6XnB.jpg

http://i.imgur.com/6E5hasx.jpg
6E5hasx.jpg

http://i.imgur.com/aZ6VbCy.jpg
aZ6VbCy.jpg

http://i.imgur.com/QYOko5q.jpg
QYOko5q.jpg

http://i.imgur.com/bsnxHSr.jpg
bsnxHSr.jpg

http://i.imgur.com/x4v6yNT.jpg
x4v6yNT.jpg

http://i.imgur.com/cXAeKv4.jpg
cXAeKv4.jpg

http://i.imgur.com/peCETYF.jpg
peCETYF.jpg

http://i.imgur.com/5kDKnRY.jpg
5kDKnRY.jpg

http://i.imgur.com/jDh7KHb.jpg
jDh7KHb.jpg

http://i.imgur.com/P7lnjEA.jpg
P7lnjEA.jpg

http://i.imgur.com/AEIrkQV.jpg
AEIrkQV.jpg

http://i.imgur.com/7q86bH9.jpg
7q86bH9.jpg

http://i.imgur.com/UOBfcrP.jpg
UOBfcrP.jpg


黒田長政はよくこんな城を攻めようとしたよね。
城井(宇都宮)鎮房もよく守ったよ。

本拠地の大平城とは3kmしか離れてないそうだけど

ところで何故この城の写真を撮ったかって?
エロゲーの題材に使うからだよw





335 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/23(火) 09:16:08.04 ID:9SIFTDCn
>>334
なんか凄いな
古めかしい天守?櫓?もあるけど現存物では無いんだよね?

338 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/23(火) 12:48:53.77 ID:TSBI00DD
城井氏って自分で宇都宮を名乗ったことあるの?

339 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/23(火) 13:18:17.35 ID:Wa3gJHuA
>>338
宇都宮が本姓だから、文書によって宇都宮と城井を分けてたと思う

340 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/23(火) 13:22:39.97 ID:Wa3gJHuA
>>335
三丁弓の岩の看板の上のやつは地元の自衛隊の方の手作りらしい

自然の門とか入口とかあったね。

何も残ってない。
籠城するための城は確かみたい

341 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/23(火) 13:28:09.18 ID:LxEW4jTe
ミニチュアっぽいな

342 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/23(火) 13:37:41.96 ID:sGawgak6
僅かな手勢で道案内しただけで得た伊予12万石を蹴って本領にしがみつく愚かさよ

343 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/23(火) 16:49:09.32 ID:/gS95BtJ
城井って何万石だっけ?

344 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/23(火) 20:15:26.88 ID:Wa3gJHuA
>>343
どっかから聞いたけど3万石くらいだったらしいよ

宇都宮(城井)鎮房謀殺

2010年04月13日 00:04

311 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 18:42:49 ID:GjrCDrzG
豊前つながりでちょっと書いたんで貼ってみる。黒田は主人公じゃないけど。

312 名前:1[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 18:43:48 ID:GjrCDrzG
秀吉  おまえにくれてやった豊前の国に、城井なんちゃらって地侍がいるだろ
官兵衛 はい
秀吉  あいつ、転封命令に従わないでゴチャゴチャ言ってるから、殺しといて
官兵衛 はっ

313 名前:2[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 18:44:31 ID:GjrCDrzG
鎮房  あの猿は、父祖伝来の土地を朱印状ひとつで取り上げるつもりか
朝房  どこで聞きつけたのか、当家の家宝も召し出せと言って来ております
鎮房  今度ばかりは覚悟を決めた。鎌倉の世よりこの地に住んで四百余年、民百姓と共に耕した城井谷の山河が我らの枕ぞ
朝房  とーちゃんかっこいい!

314 名前:3[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 18:45:47 ID:GjrCDrzG
長政  鉄砲もろくに扱えぬ田舎侍どもめ。コテンパンに叩きのめしてやる
又兵衛 親父殿にも相談せずにおまえが総大将なんて、大丈夫かよ
長政  うるさい。農民が教えてくれたこの山道から攻め込まれるとは鎮房も予期してないはずッ
旗本A 若様!前方の岩陰より猛烈な矢の雨!待ち伏せされていたようです
又兵衛 おいおい・・・
長政  相手はせいぜい千五百、こちらは毛利の援軍含めて二万。負けるはずがない!突撃!!
旗本B さらに左右より兵!狭い山道にて我が軍は身動き取れず、隊伍が分断されております!
長政  なんの、相手は寡兵!押しつぶせ!まだ俺のターンだ!
旗本C 背後に軍勢!旗印は左三ツ巴!城井勢です!
長政  なんの、相手は(ry
旗本C もはや下知も届きません!ここは早くお逃れくだされ!
又兵衛 あ~あやっぱりな・・・

315 名前:4[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 18:46:48 ID:GjrCDrzG
官兵衛 (城井に呼応して近隣各地で地侍が蜂起か。面倒なことになったな・・・)
恵瓊  拙僧にお任せを。城井の鶴姫と長政殿の婚姻を条件に和睦を纏めてみせますぞ
長政  え?ぼくにお嫁さん!?
官兵衛 かたじけない。ではその間に他の乱を平定するとしよう
長政  美人系?それとも可愛い系?
又兵衛 おまえもう氏んで良いよ

316 名前:5[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 18:47:59 ID:GjrCDrzG
鎮房  中津城にて鶴姫の婚儀だと
家老  典礼にかこつけた黒田の謀でしょうか
鎮房  まあよい、これも時代じゃ。ご先祖の高恩には先の戦で報いた。父上、よろしいですな
長房  頭領の貴様が好きにせい
鎮房  谷も色づき、もう収穫期じゃ。領主の座を守るために田畑を荒らすは本意ではない
家老  殿!
鎮房  儂は武士として死にに参る。朝房の身重の嫁御を実家に逃す手筈だけは整えておけ
家老  はっ・・・

317 名前:6[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 18:49:33 ID:GjrCDrzG
長政  父上、いよいよ鎮房を騙し討ちですな!
又兵衛 静かにしろ馬鹿
長政  馬鹿とはなんだ馬鹿
官兵衛 いいから黙れ馬鹿。おまえの嫁に聞かれたらどうする
長政  (´・ ω・`)
官兵衛 (緒戦でこっぴどく負け、娘を人質に誘き出して騙し討ちか・・・残したくない歴史だな)

鎮房  やあやあ、婚儀と聞いて参りましたが、随分簡素な席ですな
長政  武家の不調法、お許し下され。時にお供衆はどちらに?
鎮房  ご城下の合元寺に置いて参った。ほんの四十名ほどなので安心めされよ
長政  寡兵にござるな。安心いたした
又兵衛 (この馬鹿が・・・)
鎮房  名高き後藤殿がお相手とは、この鎮房一生の誉にござる
又兵衛 ・・・

318 名前:7[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 18:51:40 ID:GjrCDrzG
鎮房は小姓と二人で数十名を道連れにし、最後は又兵衛の槍にかかった。
城井谷の館は急襲を受け、老父長房ほか一族が誅せられた。
同じ頃、事前に肥後一揆鎮圧の与力として参陣させられていた朝房も、逗留先で夜討ちに遭って果てている。
合元寺では血で血を洗う激闘が繰り広げられ、寺の土壁は赤く染まった。
その後、洗っても洗っても血の色が滲み出てくることから、同寺は赤壁寺とも呼ばれるようになった。
中津城下では城井の怨霊伝説が囁かれ、官兵衛は城井神社を祀って慰霊に努めた。

豊前宇都宮氏は城井谷の地で代を重ねて城井氏となり、領民に愛され、一族郎党は結束して戦国の世を勇戦した。
武門の名を惜しみ潔く散った鎮房が見事なら、かの地から一族を引き離すが肝要と見た秀吉の慧眼もまた見事と言える。
こうして、城井家は歴史の表舞台から去った。

朝房の妻・竜子は進壱岐守らに護られて英彦山に逃れ、忘れ形見の男児を産んだ。子は朝末と名付けられた。
江戸初期、朝末を城井谷の領主として迎えるべく遺臣たちが諸方に働きかけた記録が残るが、ついに願いは叶わなかった。
朝末は福井松平家の旗本として一生を終えたという。

319 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 19:00:04 ID:GjrCDrzG
以上、前に見聞きした話をベースに書いた。多少端折ってるけど一応史実のはず。




320 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 19:19:41 ID:ees48gsC
まあ既出ではあるが謀殺の内容と後日談は初出ですな
しかし福井の松平さんも秀康以来多種多様な人材を召抱えているなw

http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-167.html
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-893.html

321 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 19:56:46 ID:eDNoMnDm
悪意のある書き方だなあ。せめて悪い話に書くべき。

322 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 20:06:58 ID:+DFSwLNX
戦国期はこういう謀殺を汚点とは考えないよね
長政はこの時城井さんを殺った刀をずっと持ち歩いてたし

323 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 20:08:55 ID:NGAJTAnG
>>319
中津周辺の出身?
別に逸話スレだから史実じゃないけどいいですよ

324 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 20:09:39 ID:141DWTZy
本当に汚点みたいな暗殺は歴史の表舞台には出てこないだろうしね

325 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 20:10:15 ID:/c2nrwOw
宇都宮一族のなかでも一番悲惨な結末に思えるけど、
鎮房の華麗な散り際は、感銘を受けるいい話なんじゃないだろうか?

326 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 20:17:40 ID:+DFSwLNX
そういや、フロイスは殺したい相手を饗宴に招いて油断させたところを騙し討ちにするのがこの国の慣習、とか書いてたな

327 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 20:21:40 ID:vkhWPP4N
中央の政局に関わってないローカルな話だから有名じゃないけど
城井谷関連の怨念の史実浸食ぶりはやばいからなあ…
黒田節とかマジで歌うのタブーらしいよ

酒は飲め飲め飲むならば
日の本一のこの槍を
飲みとるほどに飲むならば

「宇都宮鎮房に酒を飲ませて騙し討ちした歌」だから

前にどっかのスレで黒田関連の話題になった時、自称地元の人がとんでも説を書き込んで
フルボッコされてたけど、実は本人は地元に伝わる伝説に懐疑的な人だったらしく
「まだ現実味のある話を選んだのにこれもデタラメですか…」と落ち込んでいたのが印象的だった

328 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/04/12(月) 20:39:12 ID:zspGITFZ
こういう暗殺話や直家さんの暗殺劇に慣れ親しむと
今の実生活でも暗殺くらいいんじゃないかと思ってしまうから困る。

329 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 20:49:51 ID:GjrCDrzG
祖先が城井の殿様に仕えてた(自称)から、バイアスが掛かってるのは間違いない。
でも別に謀殺酷いウキョー!!ってつもりも無い。個人的には苦労人の孝高さんも好きだし。

流れを読み誤って滅びた一地方領主にも、ちゃんと通すべき筋目があったって話を
書きたかった。荒らしてしまったならスマン

>>327
子供の頃聞いた昔話の「いい殿様」はたいてい「うつのみやのお殿様」だし、
地元の人に愛されてたのはきっと事実なんじゃないかと。
あと、黒田節が歌われてるのは確かに聴いたことがなかった。なるほどタブーなんだw

史実が浸食される課程としては、文中に挙げた猟官運動の経緯が入るだろうね。
徳川さんに「こんなに正当な領主なんですよ!」って主張するために、偽書屋で
書物を偽造するのが当たり前だったらしいし。
そのための資金集めをするのが遺臣の仕事だったってことも宇都宮本に書いてた。

黒田如水の宇都宮鎮房謀殺・悪い話

2008年10月16日 12:09

845 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/09/06(土) 23:28:15 ID:j9yEXPFF
宇都宮(城井)鎮房。

毛利(大内)・大友という大勢力の間でうまく立ち回り勢力を保つ。
最盛期には豊前のほぼ全域を支配する。
地方領主の悲しさか、秀吉の権威を読めず、転封を拒否したのは
最大の失敗だったが、黒田氏に反旗を翻し、反豊臣の檄を飛ばした際は
多くの国人が彼に従った。(秀吉が在地の国人を圧迫したせいもあるけど)
僅か300余の兵で居城を奪還。
黒田孝高・長政親子の大軍に攻め込まれるも、地の利を生かしてこれを撃退。
長政は命からがら逃げ帰る。
攻めあぐねた黒田氏は所領安堵と鎮房娘・鶴姫(13歳)と長政の婚姻を条件に和睦。
しかし、騙まし討ちに遭って暗殺される。(鶴姫も後に磔刑)

この際、中津城には黒田氏の陰謀で小姓1人と鎮房だけで乗り込んだのだが
暗殺に際し、黒田方は2人を殺すのに19人の手負いを出したという。
強弓の使い手としても有名で、その武勇は黒田氏も賞賛している。
また築城技術にも優れ、領内のあちこちに砦を築き、敵兵を分散させては
各個撃破するという先述を得意とした戦上手でもあった。




134 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/09/07(日) 13:10:27 ID:yX83dHCl
>>132
まあこの話、黒田寄りの見方で言うと「如水の留守を狙ってアポなしで武装した兵200を
率いて乗り込んできた(黒田方は足軽雑用含めて100くらい)」って説もありましてね…
この辺は双方+後世含めてどろどろ悪い話で好き