高橋元種の改易

2016年08月31日 21:30

45 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/30(火) 20:11:06.04 ID:ec+RNKRo
高橋右近大夫種統(元種か)はもともと豊前国に所領を持っていたが、日向の懸にも土地を有していた。
大友家が滅亡した後、天正16年7月、豊前より日向に移り、松尾城に居住し、その後慶長8年、再び
懸城を築いて松尾城から移った。

元種は初めのうちは行状も正しく、領民たちも皆その政に懐いていたが、中頃より行状大いに乱れ、
酒宴にひたり女色に溺れ、無道の挙動多かった。

その頃、板坂出羽守(直盛)という大名の甥に、水間勘兵衛(宇喜多左門か)というあぶれ者が有った。
彼が故あって、直盛の厩預かりの侍を討ち果たして出奔した。直盛は大いに怒って将軍家に訴えたため、
将軍家はあまねく天下の諸侯にその捜索を命じた。

この水間勘兵衛は伊予国、飛田信濃守(富田信高)内室の従兄弟であったので、一旦は富田家を頼って
匿われていたが、富田信高も匿いきれないと考え、官兵衛に扶持を与えて、肥後の加藤家を頼って
遣わした。しかし加藤家でも匿いきれず、高橋家を頼り、高千穂の山奥に匿うことと成った。

ところがこの水間勘兵衛は、元来悪逆無道の者であったので、高千穂において召し使っていた人夫の一人を
手打ちにした。この時、元種の家老である花田備前守は元種に向かって
「あの水間勘兵衛を加藤家に返されるべきです!」
と諌めたが、元種はそれを承知しなかった。
しかし、勘兵衛に殺された人夫の父は、我が子が非命に死んだことを無念に思い、関東まで密かに上り、
板崎家に訴え出た。

こうして水間勘兵衛の匿われた場所が露見し、高橋元種も隠しきることは出来ず、勘兵衛を搦め捕えて
関東に差し出した。
時に慶長18年夏、駿府において富田、加藤、高橋の三家が召され裁判が行われた。

富田家は勘兵衛に扶持を与えた罪により改易を仰せ付けられた。
加藤家は申し訳が立って無罪。
高橋家は匿い置いた罪によって、元種ならびにその嫡男に、出羽山形への配流を命ぜられた。

(日向纂記)

高橋元種が、富田信高と坂崎直盛の対立に巻き込まれて改易と成ったお話。



46 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/30(火) 20:20:27.58 ID:8e77uKs8
>>45
>人夫の一人を手打ち
匿われてるのにクズすぎるだろw

47 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/31(水) 00:05:59.17 ID:L4DywtDZ
叔父がクズなら甥の坂崎もクズでその甥もクズという連鎖

48 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/31(水) 00:35:56.01 ID:udK35cdD
>>45
正確には元種一家は棚倉の立花家預かりだな
しばらくは宗茂が元種のために復権の活動してくれてたらしいけど

57 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/09/03(土) 19:54:56.38 ID:AJFlgTjl
>>45のレスを見て思ったけど坂崎出羽守って歩く爆弾みたいなものだな

・宇喜多秀家(宇喜多騒動で家臣激減。関ケ原敗北で八丈島配流。ある意味直盛による最大の被害者)
・中村九郎兵衛(加賀前田家出身。宇喜多家執政。大坂で直盛に襲撃されて加賀へ逃亡)
・宇喜多忠家(息子が起こした騒動のせいで宇喜多家を退転隠棲する羽目になる)
・富田信高(直盛甥隠匿事件で改易に追い込まれた人その1)
・佐野信吉(富田信高の弟。直盛甥隠匿事件で改易に追い込まれた人その2)
・高橋元種(秋月種実の子。直盛のせいで改易に追い込まれた人その3)

以上は坂崎直盛被害者の会と言っていいと思う

その他

・千姫(直盛の逆恨みで襲撃されそうになった人)
・本多忠刻(忠勝の孫。小松姫の甥。千姫の再婚相手。直盛のとばっちりを受けそうになった人)
・立花宗茂(西国無双。千姫奪取未遂事件時に直盛の乱鎮圧の計策をひねり出したのはこの人らしい)
・柳生宗矩(宗茂の計策を胸に直盛を説得し切腹に追い込み乱を鎮める。二枚笠紋を直盛から譲られる)
・小野寺義道(元・出羽横手城主。直盛に恩義を感じ直盛十三回忌時に墓を建立)
・明石全登(大坂城七将星。元・宇喜多家客分。キリシタンになったのは直盛の勧めという)

スポンサーサイト

高橋元種失敗する

2010年06月17日 00:01

407 名前:sage[] 投稿日:2010/06/15(火) 22:12:27 ID:wro4E+7x
高橋元種失敗する

三田井を滅ぼし高千穂を手に入れた高橋元種が次に狙ったのは隣接する米良領地だった
豊臣政権のもと天下統一されたことなんてお構いなしだ
文禄5年(1596)朝鮮出兵のドサクサに紛れて高橋元種が米良領に侵攻する
怒った米良は奉行の石田三成に訴えた
三成「では公平を期すために双方から言い分を聞こう」ということになった
米良は領地所有の正当性の証として名門・菊池家から続く家系図を抱いて必死の思いで自ら大坂へ向かった

そして裁定の日
高橋元種側からは誰も来なかった
さすがに言い訳が思いつかなかったのだろう。本人はもちろん家臣も来なかった。
米良は秀吉の前で系図を出し自らの正当性を訴え秀吉もこれを了承し、裁定は米良側の勝利となった
名門・菊池家の血統であることを認めた秀吉は改めて米良を別室へ招き丁重にもてなし
さらに手ずから槍を与えたと言われている

裁定をバックれた高橋元種だが何故か何の処分も受けていない
石田三成は翌年の慶長2年には今度は相良さんの御家騒動の裁定があったりで忙しく
さらに朝鮮の役のバタバタで、うやむやになったのだろう
失敗しつつも生き残る。それが秋月一族のクオリティ




408 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/15(火) 22:25:06 ID:k3dbRotS
高橋元種は延岡周辺の開発で地元ではそこそこ知名度があるらしいな

「槍飛」

2010年05月25日 00:02

>>849(まとめのhttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-4164.html)を読んで、
以前宮崎に行った際に読んだ逸話がこの関係の話だったと気がついた。

「槍飛」
高千穂を流れる五ヶ瀬川に、「槍飛」と呼ばれる幅2~3mほどの場所がある。
天正十九年の三田井城落城の際、城を脱出した家臣たちがここまで逃げてきたが、
この場所には橋がない。
何人かは棒高跳びの要領で槍の柄を手前の岸について飛び渡ることができたが、
槍を向こう岸についてしまった者は川の中に転落したと伝えられている。



962 名前:sage[] 投稿日:2010/05/23(日) 22:03:44 ID:oiv3Ue/c
>>961さん>>849を投稿した者です

その話は知らなかったので秋月好きの自分には凄い嬉しいです
ありがとうございました

九州成敗と高橋元種

2010年05月20日 00:00

849 名前:sage[] 投稿日:2010/05/19(水) 18:27:22 ID:2/Qq4dl2
地元を紹介しているブログより引用
そこには元ソースは宮崎県史とあったが違うとがあったらすいません

ラスボス・秀吉の九州征伐が終り降伏した秋月氏も何とか大名として存続することができた。
種実の次男、高橋元種も縣5万石で存続を認められた
めでたしめでたし・・・にはならないトンデモ無いミスが起きたのだ
高橋元種の領地宛行状に高千穂が入っていなかったのだ
これに希望を持ったのが高千穂嫡流の三田井氏だ
島津に味方したために取り潰しになるはずが領地の高千穂はミスで統治者不在の空白地帯になってしまった
三田井は島津ですら存続できたのだ自分たちだって残っていいはずだと思ったが
いかんせん、それを訴えるための人脈が無い
そんな三田井に高橋元種が親切顔で接近した

元種「自分も三田井殿の存続は認められてしかるべきと存じます。よろしければ参勤の折に関白殿下に取成ししましょう」
三田井、不安に思いつつも他に当ても無い「よろしくお願いします」と頭を下げた

そして元種がラスボス秀吉と拝謁した時、三田井のことを訴えた
元種「三田井は殿下の仕置きを不服として叛意を抱いております!」
ラスボス「なにぃ!そんな奴は成敗せよ!」
ラスボスにとって土着の勢力なんて目障りでしかない。
元種の言い分だけを取り上げ滅ぼすことを命じた

天正19年(1591年)9月、大義名分を得た高橋元種は三田井氏を滅ぼした
三田井の筆頭家老、甲斐宗摂(宗運庶子)を篭絡し城内に手引きさせたのだ
ただ、一族全員が殺されたわけではなく三田井の遺児は元種に仕えたのだが
例の親戚の狂騒男のせいで改易になった後は行方不明になったそうです

秋月種実の息子だなぁ
と、思わせる高橋元種の三田井氏を滅亡させた手口でした

850 名前:sage[] 投稿日:2010/05/19(水) 18:28:40 ID:2/Qq4dl2
>>849
書き漏らした
主君を裏切った甲斐宗摂は後日、元種によって粛清されたそうです




851 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/19(水) 19:24:43 ID:TxJYTm83
そこが秋月親子の魅力
秀吉に田んぼで踊れ唄えって言われて恥をかいたのも
いまじゃよい思い出w

854 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/19(水) 22:43:42 ID:O1Q/r297
九州や東国では、各地で豊臣の知行宛てがいをめぐる血みどろの惨劇が起こるんだよな

855 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/05/19(水) 22:53:16 ID:s7kRpLkB
うむ。

856 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/05/19(水) 23:01:31 ID:WAhQKC6t
>>854
秀吉にとって誰が正統な領主とか土地をめぐる経緯とか、
心底どうでもいいんだろうな。
自分に服するなら誰でもいいって感じ。