日比屋了慶娘モニカ、母を

2010年05月23日 00:00

938 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/22(土) 14:04:53 ID:OJgWvEQR

堺の商人、日比屋了慶。彼はキリシタンとして洗礼を受け、ディオゴという洗礼名を持っていた。
彼の子供達も皆、洗礼を受けていたのだが、ただ彼の妻一人が、実家の親族と共に
一向宗の信仰を護り、キリシタンにはならずに居た。

ディオゴの娘、モニカが二人目の子供を出産した時のコト。
産後の体調が思わしくなく、床に付いたままの状態が長く続いた。

ディオゴもその妻も大層心配し、特に妻(モニカにとっては母)は家が近いコトも
あって毎日のように娘の見舞いに行っていた。

母「病気の時だからこそ、ちゃんと食事は取らないとダメよ。そんなんじゃいつま  で経っても良くならないわ」

食欲がない娘に、無理矢理にでも栄養を取らせようとする母。

娘「お母様、私はもういいの。死ぬのは覚悟しているわ……でも、たった一つ、お  母様のコトだけが心配なの」
母「何を言ってるの!ちゃんと食べればちゃんと良くなります!それに、皆に心配
  をかけてるのはアナタじゃないの!」

気弱なコトを言うモニカ。そしてそれを叱りとばし、生まれたばかりの子供の為にも元気になりなさい、と諭す母。

娘「だって、私がこのまま食事を取らずに死んだら、皆、何て言うかしら……」
母「……どういうコト?」
娘「きっと皆、お母様が私を殺したって言うわ」
母「な、なんてコトを言い出すのこの娘は!私がアナタを殺したりするハズないじ  ゃないの!」
娘「私、お母様が改宗したら、嬉しくって嬉しくって、きっと元気が出ると思うわ。
  でも、お母様は何度言っても、改宗して下さらないのだもの」
母「そ、ソレとコレとは……」
娘「キリシタンは嘘をついちゃいけないの。だから堺中のキリシタンがこう言うわ。
  『日比屋の奥さんは娘を見殺しにした』『娘の命よりも悪魔の教えを取った』
  って」

母「……………………」

娘「あぁっ!お母様が改宗してくだされば、私も食欲が湧くに違いないのにっ!!」
母「わかった、わかりましたっ、改宗します!洗礼受けます!キリシタンになりま  す!コレでいいのっ!?」
娘「まぁ!流石お母様!モニカ嬉しいっ!!」

と、まぁ病床での脅迫で母親を見事コロばせた日比屋モニカ。
母親はイネスという洗礼名を受けたが、それから間もなく、モニカは天に召された
そうである。

冗談抜きで死ぬか生きるかの瀬戸際で、自らを人質に取って母親を脅迫した娘さん。
しかも人質は結局助かりませんでした。というお話。


……こーゆー話を「いい話」として扱うんじゃないと何度言えば判るんだ、フロイス!!




939 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/22(土) 14:08:39 ID:n84DLREN
なんか創価の体験談に出てきそうな内容w

940 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/22(土) 15:43:44 ID:1roHVILt
>>939
創価に限らず怪しい健康食品とかでありそうだしなw
スポンサーサイト