平島公方、足利義維の阿波脱出

2010年05月23日 00:00

934 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/22(土) 02:43:22 ID:7bjIclZO
ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-4110.htmlにもあるように、
天文二十二年、阿波守護細川持隆が三好義賢に殺されるという事件が発生した。
細川京兆家や足利将軍家への路線対立が原因で、
この弑逆に反発した義賢の舅、久米義広をはじめとする阿波国人の一部の決起を招く。
いわゆる鑓場の義戦である。

この事件は結果的にそれまでの阿波国人衆の団結を破壊し、
後の三好長治の暴政と相俟って阿波三好家衰退の遠因の大きな一つとなってしまうことになる。

……ところで、この時に三好義賢の行為に不快感を覚え、
公然とその支配に反旗を翻したのは久米の一味ばかりではなかった。

阿波平島に御所を置く平島公方、足利義維その人である。
彼はかねてより阿波細川家と三好家、そしてその主家たる細川晴元に推戴され、
かつては足利義晴を近江に逐って堺に公方府を開府した天下人であったのだが、
晴元の変心により堺公方府が打倒され、三好元長が殺害されると細川持隆に庇護される身となった。
つまり、彼にとっても細川持隆は晴元の裏切りからその身を守ってくれた恩人だったのである。


          ,;r'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
         ,r'";;;;:::::;彡-=―-=:、;;;;;;ヽ、
        /;;ィ''"´  _,,,,....ニ、 ,.,_ `ヾ;;;;〉
         `i!:: ,rニ彡三=、' ゙''ニ≧=、!´  山口へ行こうぜ・・・・・・
        r'ニヽ,   ( ・ソ,; (、・')  i'
         ll' '゙ ,;:'''"´~~,f_,,j  ヾ~`''ヾ.  久しぶりに・・・・・・
        ヽ) , :    ''" `ー''^ヘ   i!
        ll`7´    _,r''二ニヽ.     l  キレちまったよ・・・・・・
        !:::     ^''"''ー-=゙ゝ    リ
        l;:::      ヾ゙゙`^''フ    /(というかむしろ俺が行く)
        人、      `゙’゙::.   イ


935 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/22(土) 02:44:16 ID:7bjIclZO
恩人たる持隆はもはや亡く、阿波一国は裏切り者の義賢の支配する土地に成り果てた。
これに激怒した義維は、嫡子義栄や家臣を引きつれ周防の大内義長を頼って阿波を出た。
むろん、義賢は必死に止めたが、義維はその諫止を聞く事はなかった。
この頃には長慶率いる三好勢はすでに摂津の多くを支配下に収め、山城を窺う勢いである。
三好のご機嫌を伺っておけば、あわよくば義晴を打倒した後に将軍の座を狙えるかもしれない。
そんな可能性すら蹴って、彼は三好との絶縁を選んだのだ。
ただ、恩人である持隆に報いるというそれだけのために。




……とまあ格好よく出て行ったものの、結局二年も経たずに帰ってきたんですけどね。
どうも大内家というか陶晴賢一党としっくりこずに帰ってきたらしい。
そりゃ、下克上を良しとせずに国を出たのに、逃げた先も下克上で成立した政権ではねぇ。

その後の平島公方の末路はご存知の通り、第十四代将軍の誘惑には勝てなかったのだろう。
初志貫徹できない公方様の格好悪いお話。




936 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/22(土) 09:29:38 ID:PiSiAZsC
>>934-935
義隆時代ならともかく、
晴賢が睨みを利かせる義長政権ではさぞ居づらかっただろうなw
下手すると殺されかねないし
スポンサーサイト