戸田重貞の人質盗み

2010年06月15日 00:00

801 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/14(月) 18:29:56 ID:94jZAwrc
永禄7年(1564)の事

東三河の仁連木城主、戸田重貞は、桶狭間以来衰退著しい今川家を見切り、東三河へと攻勢をかける
徳川家康につこうと考えていた。だが重貞の母親が、今川方の吉田城に人質にとられており、これを
何とかしないことには身動きが取れない。

その時重貞、吉田城の城代が双六好きなことを思い出した。ちなみにこの時代の双六とは、
今のバックギャモンのようなゲームである。

「そうだ!」
重貞は吉田城を尋ねると、城代にこう申し出た
「私も最近になって双六の面白さを知るようになりました。どうでしょう、御指南いただけないでしょうか?

その日より重貞はしげしげと吉田城に足を運び、城代と双六を楽しんだ。
ある時、重貞が下人に大唐びつ(衣服などを収納する箱)を背負わせてやってきた。

これには怪しいものは

吉田城の門前で番人の前で自分から唐びつを開けようとした。実際、その中には雑具など、
どうということの無いものが詰まっていた。番人たちは慌てて

「いえいえ、戸田殿の荷物なら確かめるまでもありません」

「そうですか、では通していただきます。しかしもし疑いがあるようなら、私は城内におりますので
いつでも言ってください。すぐに開けてご覧に入れます。」

「そこまでなさることはありません。よくわかっております。」

「では私がこの唐びつを持ってきたことを、よく覚えておいてください。」

そう言って城の中に入り、いつものように城代と双六を打って遊ぶ。その間に人質であった母親は、
予めの計画通り唐びつの中に隠れた。これを下人が抱え、番人に「先程の戸田様の唐びつです」とだけ言い
城の外に出た。

これを見届けた重貞の小姓が碁を打つ部屋の白洲に、しずしずと歩んできた。この合図に
重貞は双六を打ち終え退出、門を出ると馬上で薙刀をとり、唐びつから出した母を先にたてた。
するとかねてからの打ち合わせ通り仁連木より家臣たちが迎えに走ってきて、これらに守まれ
無事、帰城した。
これにより重貞は心置きなく、家康への臣従を誓った。

『これほど立派な人質盗みは、これまでに類がないほどだ』
戸田重貞の成功はそう、大きく讃えられたと言うことである。




802 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/14(月) 19:38:40 ID:/oiKNLnt
重貞が童貞に見えてしょうがない

803 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/06/14(月) 20:43:33 ID:1v3Urp2t
それは被害妄想w

804 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/14(月) 21:41:36 ID:BfPUY3DD
>>801
いい話だけどやっぱり>>802と同じだw

805 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/06/14(月) 22:29:26 ID:ZZSNt4AT
    (⌒⌒)
モチツケヨ l|l l|l  どどど童貞の何がいけないのでござるっ!
  ∧∧∧_∧
  (;゜Д(`・ω・´)") }}}
  ヽ 、と'^)  l^)´
  ~〉  ) )、 \
   (_ノ(__) ヽ_)))

806 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/14(月) 22:44:55 ID:yd45jzAf
>>802>>804
俺の代弁をしてくれて感謝する

807 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/06/14(月) 23:11:29 ID:sqEtQEmf
  小 面 童  /   ,、r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`';,、    ,r';;r"           _ノ
  わ が 貞  L_ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ,';;/             )     何
  っ .許 が  //;;/´         `' 、;;;;;;;;,,l;;'            /ヽ  と と
  ぱ さ.    /.,';/              ヽ;;;;,l;L_      .,,、,--ュ、 ';;;;;;;;;i な 童
  ま れ   l |;|┌--‐フ  ┌----、、   |;ヾr''‐ヽ,  ,、ィ'r-‐''''''‐ヽ ';;;;;;く !! 貞
  で る   i  |l ~~__´ 、   ``'__''''┘  |;;;;;l rO:、;  ´ ィ○ヽ    'i;;;;;厶,
  じ の   l _|. <,,O,> 〉   <,,O,,>    |;;;;;| `'''"/   `'''''"´     !;;;;;;;;ヽ
  ゃ は   ._ゝ'|.    /   、       |; ,'  /   、        |;;;;;;;;;;;;;レ、⌒Y⌒ヽ
  ぞ    「 | |    (    )       .ソ l  ,:'   _ ヽ       .|;;;;;;;//-'ノ
        ヽヽ |    _,ニ ニ,,,,,_        ', ゞ,' '"'` '"       i;;;;;i, `' /
⌒レ'⌒ヽ厂 ̄  `| ,、ィ-‐''__'''‐-`,、     ''  ', i、-----.、       `''"i`'''l
人_,、ノL_,iノ!   ',   :i゙''''''''''`l'  ` _人__人ノ_ヽ ヾ゙゙゙゙ニニ'\        ,'  ト、,
      /    ヽ.   L__」   「 止 笑 L_ ヽ〈    i|          Vi゙、
ハ ワ  {.     ヽ.  -、、、、 '  ノ  ま い  了゙, ,ヽ===-'゙ ,'     ,   // ヽ
ハ ハ   ヽ.     ハ       )  ら が  |  ',.' ,  ̄ , '    ノ  /./    ヽ,
ハ ハ    >  /|ヽヽ、___,,,,、 'く  ん    > ヽ.  ̄´   / ,、 ' /     / \
ハ ハ   /  ノ. | ヽ       フ      /  ノ:lゝt-,-‐''" / ,.ィ゙     /

808 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/14(月) 23:32:52 ID:7347L+XY
/ ̄ ̄ ̄ ̄\   |:::/, ─-.|  -──--、、 | ミ      / ̄ ̄ ̄ ̄
|         |  |::|    / l         ヽ ミ     |
|         |  |::|   .,l  .|   _ 、   /ヽ / ヽ ̄ ̄ .|
|    重    | -::::|-─-、  ,ヽ/ ̄::::─ヽ\_ミ( 丿   .|    私
|    貞    |/:::::::/┘::::::丶-ノ( ┘::::::::|/ ̄ |ミゝ___ |    は
|    だ    |\::::|ト.::::::::ノ| |  ゝ:::::::::ノノ ヽ  |ミ/ | |ミ|  |
|         |   .|  ̄'  | |  |  ̄ ̄    )   / |ミ|  |
|         |   |    (:  , _)      ノ   /  /ミ| |
|         >   |    .ゝ-/     イ   イ ̄ ヽヽ|.<
\____/     |   ,.====...、   |  |:::: _├  \____
         _── |           /── ̄ ̄
          | ::::::::::::::|  ::: ̄ ̄::::   | ハ :::::::::::::::::::::::::::
         | iiヽ ::::::::::::| ::    ::   | |iiヽ :::::::::::::::::::::::::
         | iiiiiiiiヽ ::::::::ヽ ::   :  /| |iiiヽ :::::::::::::::::::::::::
        | iiiiiiiiiiiiiii| :::::::::::ヽ___..,イ | |iiiiiヽ ::::::::::::::::::::::::


809 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/14(月) 23:36:20 ID:5aJ+wn+C
どうって事ないでござる。

810 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/14(月) 23:50:49 ID:YQ1hWeNn
この流れ何とかしなくては…
いあいあおにむさし!
あいあいおにむさし!
スポンサーサイト