原田氏の転変

2015年08月02日 13:53

80 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/02(日) 09:08:53.43 ID:S4HvM1GE
面白そうなスレだ……

天正十四年 豊臣秀吉の九州征伐が始まると信種は娘を逃し、自身は居城の高祖城籠城を決める。
しかし小早川隆景の軍に囲まれ、黒田官兵衛の降伏勧告を受諾。信種は秀吉の前に引き出された。

秀吉「僕に楯突くなんて中々やるじゃん。それで君の領地はどこだったかなぁ?」
信種(これはチャンス。過小報告すれば全部の領地を取り上げられずに済むぞ)「私は伊都のみを治めているものでございます」

信種の言葉を聞くと秀吉は急に恐ろしい顔つきになり、こういった。

秀吉「お前は嘘つきだ。事前調査でお前の領地は全て把握している。この場で嘘をつくなど、人の上に立つ器ではない」

信種は一言の失言により全ての領地を没収され、佐々成政の配下に組み込まれてしまった。
秀吉に嘘をつき、それが即バレした事が記録に残ってるおそらく唯一の人。

佐々が懲罰で切腹した後は、後釜の加藤清正配下となる。
朝鮮出兵の際は、清正に付き従い朝鮮へ従軍したが、名護屋城に信種をしたって五百人余りの旧臣が集結し、そのまま朝鮮へ帯同したという。
しかし帰国後、次代の原田嘉種が清正と対立し追放されてしまう。
原田家は次に寺沢広高の配下となった。
島原の乱の際は富岡城に立て篭り、城代が戦死すると、代わりに指揮を取り富岡城を守りぬく。
が、島原の乱の責任で寺沢も改易。
にっちもさっちも行かなくなった原田は江戸に出て天海に窮状を相談すると……

天海「原田が豊臣に反抗したのは、徳川に尽くしたのと同義だ」

そう言葉をいただき、会津の保科正之を紹介されその配下となった。
漢の霊帝を祖先と公称し、元寇で功を上げ、朝鮮出兵にも胎動した生粋の九州人が、
一言の過ちで秀吉の怒りを買い、ついには故郷を去ることになった顛末。

481 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/02(日) 09:11:44.02 ID:S4HvM1GE
戦国時代ではないが、それから数百年後……
慶応四年の幕末の戊辰戦争時、上は松平容保から下は兵卒の女房子供まで抱えて、会津藩は籠城戦を行った。
その中には原田氏の子孫、原田対馬がいて、彼はその優秀さから籠城戦突入時に家老にまで引き上げられていた。
戊辰戦争の会津の悲惨さは白虎隊などで伝えられている通りであるが、
実はそれ以上の悲劇が、籠城した城内で起こる寸前だった。
急な籠城戦になったため、食料の備蓄が足りなくなっていたのだが、
この解決方法を下問された家老が、口減らしのために
一緒に立てこもっていた婦女子全員を斬首することを提案し、あわやこれが実行寸前にまでなる。
その時、敢然と異を唱えたのが原田対馬であった。
原田の反対もあり婦女子の斬首は取りやめとなり、その後すぐに会津は降伏した。
なんとなく後の戦陣訓ってこの辺の東北の風土から出た気がするのと、
九州人は生きる事に意地汚いというお話し。

……というよりも原田氏からすれば、たかだか一度の籠城戦に敗れた程度で
死のう死のう団になる東北人が理解できなかったのかもしれない。

戦国時代までは悪い話だけれど、数百年後に会津の婦女子を救う、原田氏のいい話。



482 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/02(日) 09:14:06.86 ID:S4HvM1GE
あ、前半の出典は糸島戦国史と糸島伝説集です。

483 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/02(日) 09:52:34.57 ID:FR9tdf2C
いきなり信種と書かれても困っちゃうのう
ちゃんと原田信種と書いて欲しかったわさ

484 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/02(日) 10:51:37.45 ID:pqHJNuIX
いや、分かるだろ

485 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/02(日) 12:46:39.59 ID:tzOLS/j8
浅利信種「…俺の知名度って」

スポンサーサイト

原田了栄の戦い

2010年08月20日 00:00

535 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/08/18(水) 23:42:47 ID:exlXwPYr
九州ネタに便乗しマイナー小ネタ

秋月種実の宗家(大蔵系嫡流)の原田氏だが、大友と竜造寺の争いに板挟みになった
原田氏で比較的に知名度があるのが原田了栄なのだが、彼には4人の息子がいた
二男は草野家に養子となり男子を設けて無くなったのだが、長男と三男は、大友家との戦いで戦死。
了栄は4男・親種に家督を譲った。

それからしばらくして天正2年、雷神・道雪が原田家に強硬なクレームを捻じ込んだ
原田家は先年、大友家臣の臼杵一族の者と争いになり、これを討ってしまった
それを今頃になって糾弾してきたのだ
臼杵とのことは口実で、実際は竜造寺寄りになってきた原田氏に対する牽制のための抗議だった
竜造寺家には、すでに9年も前に亡き二男の息子を人質に出しており、
いまさら縁を切るというわけにもいかず、かといって大友にも逆らえない
苦悩する了栄を見た、4男の親種は高楼に登って叫んだ

「父、了栄の代わりに我が首を大友に持って行くが良い!!」
と、言い終わるやいなや切腹し、自ら首を切り落としたのだった
自分で自分の首を切り落とせるのか、という疑問はさて置き、原田氏の無念さが伝わる

この4男の死で了栄には息子が一人もいなくなってしまった
残るは二男の子で、竜造寺へ人質に出していた孫の信種だけだった
竜造寺から原田を引き離そうとしたのが、結果的に竜造寺に近しい人物が家督を継ぐという皮肉な結果になる
了栄は息子の仇をとるため天正7年に、生松原の戦いで道雪に挑み戦死する

武勇と忠義を称えられる道雪だが、望んでもいない大国同士の争いに巻き込まれ
やられちゃう人たちは堪らないだろう
近年、原田了栄の墓が発見されたらしいので、郷土史に新たな足跡が刻まれるのは喜ばしいと思う




536 名前:sage[] 投稿日:2010/08/18(水) 23:45:22 ID:exlXwPYr
>>535
一か月ぶりに投下したんでsage忘れた
ちと、宇喜多さんとこで茶の指南を受けてくる

537 名前:奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM [] 投稿日:2010/08/18(水) 23:47:59 ID:QQv7ibNc
死ななくていいから了栄の諱を教えれ。


540 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/08/18(水) 23:55:00 ID:9xI26xk6
>>537
原田隆種……かな?
「隆」の字はクマーから貰ったんでしょうね。

541 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/08/19(木) 00:00:17 ID:GaCD4SgN
>>535
大友宗麟に池田川原合戦の責任を問われ了栄の首を要求されると親種は櫓に駆け上り、腹を掻き切り
「我が首を渡せ」と叫び自ら首をはねた。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/Strumgeschutz-3/harada.kasin.htm


四天王の一人が私の先祖

マジで

542 名前:sage[] 投稿日:2010/08/19(木) 00:02:00 ID:hdwkBnRe
>>537
>>540
隆種だけど「隆」の字は大内義隆から貰った
もともとは大内義隆の配下だったから

孫の信種がクマーから「信」と妻を貰ってる


543 名前:sage[] 投稿日:2010/08/19(木) 00:08:18 ID:hdwkBnRe
>>541
マジ?大蔵系が好きなんで羨ましい
紹介されたサイトの方が、自分がネットから拾ったのより詳しいな
ありがとう

544 名前:540[sage] 投稿日:2010/08/19(木) 00:14:54 ID:Lqyx/9Wd
>>542
あ、そうか。大内義隆がいましたっけ。
つか、クマーの「隆」の字がそもそも大内から貰ったモノでしたね。

輝姫の伝説「落石さま」

2010年06月30日 00:00

987 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/06/29(火) 20:52:05 ID:hhJXXK2Y
埋めに大蔵系嫡流原田氏最後の姫君、輝姫の伝説「落石さま」

話は天正14年(1586年)4月、当主の原田信種が一人娘の輝姫14歳を逃がすとこから始る
当時は豊臣秀吉の九州征伐で、原田氏は島津に従がっていたので、いつ攻撃を受けるか分らない状況だった

信種「姫は乳母とともに乳母の郷里に逃げるのだ」
輝姫様「いやです!弟の嘉種も残るのでしょう?!姫も共に戦います!」
信種「嘉種は若年だが嫡男ゆえ城に残るのだ。女子のそなたは今後、原田の家がどのように零落しても生き延びるのだ!」
姫君は乳母と供を一人だけ連れ高祖(たかす)城を出た


乳母「おちいさま(輝姫を乳母は、こう呼んでいた)お労しい・・・」
城の中しかしらぬ姫君が慣れぬ足で歩き続け、乳母の郷里で漁村の野北(のぎた)浦に辿りついた
乳母の夫は「殿様が・・・ワシら夫婦を頼れを言って下さったのか・・・もったいねぇ!」
と喜んで受け入れ、村人たちも姫君の境遇に同情し海の幸、山の幸と食糧を提供した

やがて野北浦に父の高祖城が秀吉軍によって落城した話が伝わる
それを聞くと姫君は、立ち上がり振袖の裾を千切ると乳母夫婦に宣言した

輝姫「今日よりは一人の娘です。いつまでも人様の情にすがり続けるわけには参りません。私は魚を行商して稼ぎます」
乳母夫婦が必死で止めたが姫君の決意は固く、その日から魚を担いで村々を回り売り始めた
姫様は名前を輝姫からテルと改め、手広く行商し、かつて姫君として暮らした高祖まで売り歩きました


村人は「なんと雄々しい姫様じゃ。ワシらの娘にも見習わせよう」と褒め称え
野北浦では「娘は魚の行商を経験してからが一人前の女だ」とまで言われるようになる
やがて輝姫・・いえ、おテルは村の漁師と結婚し平凡だが幸せな家庭を築いたそうだ

姫君が亡くなると村人は彼女を「行商の神」として祀りお堂を建てました
それが福岡県志摩町野北の戒宝寺に残る「落石さま」堂です
名前の由来は、乳母が輝姫様を「おちいさま」と呼んでいたのが
「落石(おちいし)さま」に転化したと言われています
今は訪れる人も疎らとなっていますが、毎年9月1日が御祓いの日だそうです

ソースは糸島市史を紹介したHP




988 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/29(火) 21:16:42 ID:3Wh1ryy3
おちいさまと結婚した漁師になりたい

989 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/06/29(火) 21:24:36 ID:hhJXXK2Y
通常なら手が届かぬ高嶺の花で神様に祀られるほど稼ぐ働き者の女房
漁師は人生の勝ち組















料理の腕はメシマズな可能性

990 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/29(火) 21:28:00 ID:ogfLxMdC
一瞬「原田氏最強の姫君」にみえて、筋肉モリモリの姫が巨岩を投げて戦う話かと思った。

991 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/29(火) 21:37:09 ID:bQ3hroq7
ここのスレ見てるとそういう話もどこかにありそうに思えてくるから怖いw

992 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/29(火) 21:38:26 ID:45Jml0ua
大坂で原田直政が死ななければもらったかも知れないのかな。

993 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/06/29(火) 21:41:34 ID:hhJXXK2Y
>>990殿を婿候補として、ぜひ手合わせ願いたいと某本○家の姫君が捜してます