この国には、自分の主君に対する忠誠心と言うものが

2014年04月25日 18:45

80 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/04/24(木) 21:30:05.08 ID:Ne/HH6LT
この国には、自分の主君に対する忠誠心と言うものがほとんどない。
必要となると謀反を起こし、敵と組み、また自分自身が領主となる。
それから、よりをもどして味方になったかと思うと、また裏切る。

しかし、それで自分の名誉を損なうということはないのである。

『日本諸事要録』より。
ヴァリニャーノ司祭の、すごーく率直な、侍への評価。




81 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/04/24(木) 23:25:45.53 ID:WNB1MB+g
従属国衆を家来とおもっちゃってるんじゃないか

82 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/04/24(木) 23:39:05.78 ID:64o6U2CJ
戦国時代ですし
とはいえそういう武士ばかりではないと思うけど

それに、助けるはずの東ローマで略奪、暴行、ついでに滅亡させちゃったりする
宗教的情熱あふれる西洋の騎士もなかなかのもんだぜ?! 耶蘇教の神父さんw

83 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/04/24(木) 23:53:21.53 ID:zogf4qTm
弟が王位簒奪したから助けてくれ、と懇願してきた亡命皇子を
帝位につけてやったのに、約束の金を払わなかった方が悪い、
と言ってみる

84 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/04/25(金) 14:05:57.82 ID:hSnNRti9
かといって同じカトリックの都市をヒャッハー!したら破

85 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/04/25(金) 20:29:34.24 ID:TsjUD0jW
カトリックじゃなくて正教の都市ですから

86 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/04/25(金) 20:31:59.17 ID:X+tYX9QW
たぶんコンスタンティノープルに行く前にハンガリー(カトリック)の都市をヴェネツィアの要請で
攻撃して教皇に一時的に破門された事を言っているのだろう
とスレ違いだが言ってみる

87 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/04/25(金) 23:30:42.79 ID:OD4bQaKz
アルビジョア十字軍とか

スポンサーサイト

宣教師の見た日本

2014年04月14日 18:57

791 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/04/14(月) 12:41:13.78 ID:AUVkqdDj
みんなの気分転換になれば

宣教師の見た日本

「人々はいずれも色白く、極めて礼儀正しい。一般庶民や労働者でも社会では驚嘆すべき礼節をもって
上品に育てられ、あたかも宮廷の使用人のように見受けられる。
東洋の他の諸民族のみならず、われらヨーロッパ人よりも優れている。国民は有能で、秀でた理解力を有し、
子供達は我等の学問や規律をよく学び取り、ヨーロッパの子供より容易にかつ短期間に我等の言葉の
読み書きを覚える。
また下層の人々の間にも我等ヨーロッパ人の間に見受けられる粗暴や無能力ということがなく、
一般にみな優れた理解力を有し、上品で、仕事に熟練している。

彼らは感情の慎みが深く、胸中に抱く感情を外に出したりはしない。」

ヴァリニャーノ『日本諸事要録』

美しかった昔の日本人の記録。




792 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/04/14(月) 14:29:40.19 ID:0M2f/20D
ヴァリニャーノさんが日本に非常に馴染むことができ、
日本人もヴァリニャーノさんにかなり好意的だったのは
ヴァリニャーノさんの柔軟性と現地適応能力に拠るところも
大きいな

793 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/04/14(月) 15:17:12.10 ID:FCpoj8/g
>>791
俺らの知ってるヒャッハー戦国時代と違うw

794 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/04/14(月) 16:02:04.35 ID:AUVkqdDj
ロスでは大地震の後に大規模な略奪や暴動が起きた。
日本では大地震の後に残ったコンビニに整然と並ぶ、長蛇の人の列が出来た。

世界から後者のニュースは「実に日本人らしい。」と驚嘆されたと言う。ヴァリさんが見てた昔の風景と
被ると思う。逸話じゃなくコラムだろとか突っ込むのは無しでお願い。

795 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/04/14(月) 16:10:43.21 ID:DwRkVVM7
ザビエル、ヴァリニャーノ系の「日本人すげー」
フロイスとかの「日本人ひたすら野蛮」
宣教師の評価も両極端だわな。まぁどっちもある意味正解なんですけど

796 名前:人間七七四年[] 投稿日:2014/04/14(月) 16:22:49.42 ID:s7lc4QLE
一人の人間でも振れ幅は大きいし、
どの宣教師の記述も正しいんだろうと思うわ~

798 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/04/14(月) 16:48:18.52 ID:AUVkqdDj
>>796
後世に日本を訪れたイザベラバードの『日本紀行』と『朝鮮紀行』の対比も面白い。
(amazonレビューで比較も簡単)
明治時代の外国人の技師や外交官らも概ね「OrientalJapan」と日本には好意的。

802 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/04/15(火) 03:59:04.76 ID:mlx71Fzz
>>793
実は当時のヨーロッパとかも大概だった可能性が

803 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/04/15(火) 04:22:30.62 ID:j8mHKhqv
門徒は根切りぞ!言うてるのも三十年戦争とあんま変わらんか

イエズス会巡察師ヴァリニャーノ、兵庫津の関を破る

2010年07月17日 00:00

910 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 00:40:33 ID:Gx/9XZvj
天正九年(1581)の事
イエズス会巡察師ヴァリニャーノらキリシタンの一行は、豊後から堺へと船で向かった。

この時ヴァリニャーノは船頭に、こう要求した
「我々は急いでいる。兵庫津(現在の神戸)に立ち寄らず、直接に境に向かって欲しい。」

「そ、それは…」
船頭は戸惑った。兵庫津には関があり、そこに必ず寄港して通行料を払う決まりになっているのだ。
しかもこの関はただの関ではない、かつて東大寺と興福寺が管理を任された、国家公認の関
なのである。無断でここを通り抜ければ一体、どんなことになるか…

「税は必ず払いに行かなければならない!それを果たさないとあのあたりを治める領主と
まずい事になる!」

「心配することはない」
ヴァリニャーノは船頭を説得した。

「何も税を払わないということではない。堺から税を支払わせる。とにかく堺に直接船を
向かわせるんだ。」

こうしてヴァリニャーノは堺行を強行させた。かの船はスピードを上げ、兵庫津を通り抜ける。

…と、それを見逃す兵庫津の海賊衆ではない。
「おいおい、どこかの馬鹿が関を破りやがったぜ?」
「関破りがどんな事に成るか、馬鹿にも解るように教えてやらないとな…。船出せーーー!!!」

兵庫津の海賊衆はその艦隊の中から、2隻の快速艇を出動させた!
気がついた時には既に、ヴァリニャーノの船は海賊衆の船に、直ぐ後ろに猛追されていた。

「船頭さん逃げて!堺港まで早く!」
「だから言ったのに!こうなるって解ってたんだから!」

堺の手前で、捕まった。

「お前たち関破りをすると、どうなるか分かっているよな…?」

海賊衆は拿捕したヴァリニャーノを乗せた船を、150クルザード(約160貫文)と見積もった。
米価などを元に現在の貨幣に治すと、約1120万円ほどだそうだ。

「それだけの金額を支払え。そうすれば開放してやる。」

結局ヴァリニャーノたちはこれを支払った。
ちなみに最初から兵庫津に寄港しておけば、支払いは4、もしくは5クルザードほどで済んだそうである。

以上、『イエズス会日本報告書』より、
ヴァリニャーノ、少しばかり急いだために、大変な代価を支払う。と言うお話。




912 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 00:51:55 ID:6X44Hyor
不正を働いた者が報いを受けたいい話じゃないかw

913 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 01:10:36 ID:JbFN6O2d
>>899
その場に遭遇したら俺も笑ってしまいそうだw

914 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 01:18:15 ID:zAh/M+pB
>>910
マカオあたりで変にアジア慣れしてたのがいかんかったのかもな。

915 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 07:17:56 ID:VIJoLXYc
キセルをした奴はよけいに高く付くことになる、いい教訓ですねw