蒲池鎮並の殉難

2010年08月14日 00:01

438 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/08/13(金) 12:25:13 ID:tQlZLx9p
龍造寺隆信の娘婿に蒲池鎮並という武将がいた。
筑後柳河を拠点とする実力者であり、彼の父は隆信の命の恩人でもあった。
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3917.html
それらの理由で娘の玉鶴姫を輿入れさせていたのだが、なんとなく邪魔になってきたので滅ぼすことにした。
隆信「娘を嫁にやってから、婿殿には一度も会ってないよね。今度、新しい城造ったから、婿殿に見せたいな」

こんな招待状が届いた。
父の人間性を熟知していた玉鶴姫は猛反対したのだが、
鎮並は天正9(1581)年5月26日、家来・芸人など300人を率いて柳河城を出立した。
が、やがて城内に早馬が駆け込んでくる。一行の護衛役の一人だった、吉田歌右衛門であった。

吉田「龍造寺の待ち伏せで、殿様も家来衆も芸人たちも、みんな殺されました!!」

先導役で行列から離れていた彼だけが助かったのである。
さらに隆信は蒲池の家来筋の田尻鑑種を寝返らせ、柳河城攻めを命じた。
蒲池側は篭城して徹底抗戦を選ぶ。この時玉鶴姫は、支城の塩塚城へ避難した。
隆信は玉鶴姫に帰還を命じたが、彼女は父よりも蒲池一族と命運をともにする道を選ぶ。
激怒した隆信は玉鶴姫ごと塩塚城殲滅の命を下した。
玉鶴姫は自害。姫に仕える女衆も、次々に後を追った。その数、108人という。

蒲池攻めについては当時ですら後味の悪い事件だったようで、その後の配下豪族の離反を生んだ
大きな要因となる。
家中ですら、四天王の一人百武賢兼が出陣を拒絶したほどだ。

現在でも、宗樹寺には地元の農民たちがこれを供養した「百八人塚」が残っている。
塚の標識には、「蒲池漣並(鎮並のこと)夫人外百八名塩塚落城殉難の地」と書かれてある。

「悪い話なら俺にまかせろ!」なクマーの話……




439 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/08/13(金) 12:38:52 ID:tQlZLx9p
ちなみに逸話と全くなんの関係も無いのだが、
蒲池鎮並の兄弟の子孫が松田聖子である。
スポンサーサイト

蒲池鎮並を説得した二人

2010年08月14日 00:00

444 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/08/13(金) 18:37:53 ID:nty13gnt
今日は佐賀祭り?悪い話には事欠かんなぁww

>>438の蒲池鎮漣の騙し討ちに関連して。

曽祖父と自身と、二度に渡って龍造寺滅亡の危機を救ってくれた蒲池氏。
しかしこの頃の蒲池氏は大友と龍造寺の間を行ったり来たりと腰が定まらず、近頃は
島津に接近しているとの噂もあった。
隆信はこの際、蒲池氏を滅ぼしてしまおうと考え、蒲池鎮漣を自分の隠居城である須
古城に招き、暗殺するコトにした。

死の宴への招待の使者が田原、西岡と言う両名。
しかし隆信が蒲池に不信を抱いているように、鎮漣も龍造寺に不信を抱いている。
中々鎮漣も首を縦には振らない。

しかし、二人の必死の説得に心動かされた人物がいた。
鎮漣の母、貞口院と、伯父、左馬太夫の二人である。
母と伯父、二人の肉親の説得もあり、鎮漣も漸く肥前須古城行きを納得してくれた。

そうして話が纏まった日の夜、田原、西岡の宿舎に使いが訪れる。
「こんな夜にいかなる用だ……?」
まさか陰謀が漏れ、討手が遣わされたのか、と緊張する両者。
しかしそうではなかった。
使者は鎮漣の母、貞口院からのモノで、

「鎮漣が隆信公とお会いするのは初めてのコト。道中の事、隆信公への取成しをよろ
しくお願いいたします」

という言伝と共に、酒や肴、黄金に加えて、自分の腰元から選りすぐりの美女を両名
に一人ずつ、贈り物として届けられたのである。

勿論コレは、道中の警固も含め、無事に帰国するまで鎮漣の身を宜しく頼む、という
コト。
田原は「受け取らねば疑われる」とこれらを受け取った。
しかし西岡は
「我等は偽りの使者。謀計は戦国の倣いによって仕方がないが、偽りを持って真の礼
を受けるコトは私には出来ない」
と考え、

「鎮漣公は須古に到着するどころか、未だこの城を出立すらしておりませぬ。この様
な褒美を頂いてしまっては隆信公に後日、お叱りを受けてしまうやも知れませぬ故、
鎮漣公をこの城に無事御帰しした後にこそ、美女も宝も胸を張って頂きましょう」
と、全くそれらに手をつけずに返却した。

この後、佐賀城で現当主、龍造寺政家との面会は何の問題もなく終わったのだが、隆
信の須古城への途上、待ち伏せを受けて鎮漣一向、全滅。
真っ先に龍造寺軍に切り込み、戦死したのは貞口院と共に鎮漣を説得した伯父、左馬
太夫だったという。

鎮漣は主従三名、近くの民家に走りこみ、逃げ遅れた老婆に湯を用意させ、沐浴を済
ませてから刺し違えて死んだ。
老婆の家の軒先には、小槍が一本、金の笄、金作りの太刀が一振り、置かれていた。
最後の沐浴をさせてくれた、老婆への礼なのだろう、と噂されたと言う。

やっぱ家臣も皆、後ろめたいって気持ちはあったんだね。
そこら辺に気付かず強行しちゃったから豪族連中に総スカン喰っちゃうワケで。
もうちょっと空気読もうぜ、クマさん。




445 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/08/13(金) 22:55:33 ID:5mRidA/8
左馬太夫は説得した手前先陣切らずを得られんかったんだろうなあ

446 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/08/13(金) 23:28:23 ID:Qd07Nrnj
まぁあわせる顔もないしこれは先陣切るしかない。
恥と思えばせめて奮戦して雪ぐべく先陣切るし
なんと卑怯なと憤激したらやはり先陣切って切り込むし