山本常朝「敵に首を打ち落とされても」

2011年02月27日 00:00

980 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/25(金) 23:58:16.70 ID:CDs81fSk
葉隠はこうでなくっちゃ!

山本常朝
「敵に首を打ち落とされても、そこからさらに一働きは出来るものだぞ。
新田義貞の最期(矢が眉間にあたり、自ら首を切り深泥に隠して後死す)がその証拠だ。
心が不甲斐ないから、一矢報いぬままだというのに倒れてしまうんだ。
最近では大野道賢の目覚ましい働き(大阪夏の陣後、堺の町を焼いた罪により火あぶりにされたが、
火あぶりにかけられながらも身じろぎせず、
焼死したところを確認する検使が火の始末を始めたところ、
焼死体に見えた道賢が飛び掛かり脇差を抜き取り、
一突きに殺した途端、たちまち灰になって崩れ倒れた。)を見るがいい。
これは、何かしてやろうと一筋に思いこんだ結果であろう。
武勇のためには、怨霊にも悪鬼にもなってやるぞ!と、
人並みはずれたふてぶてしさを心に持てば、


首が落ちても死ぬはずはない!!




981 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/25(金) 23:59:59.53 ID:UXi8VYEa
ちょっと待て
これはいい話なのか?

982 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 00:00:51.16 ID:WrN7CRq/
ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-4615.html
大野道犬斎治胤の執念
新田義貞の話は無いが、既出っぽい

983 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 00:08:46.22 ID:Sq51FbAX
>>981
たしかに微妙ですが、心意気の面でw

>>982
鍋島武士から見た大野道賢。関連した逸話ということでお許しください

988 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/02/26(土) 01:30:10.33 ID:hTC/UEnk
ホラーだろwww

989 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 15:58:43.13 ID:6iC3lGD7
>>980
   ____i ̄i___                     /ヽ /ヽ /\
   | _______  |                   i--ヽ ┴ 亠 イ--i
   |__|i----------i|__.|                   |__|~=====~|__|
   _,二二二二二,____                      | ======= |
  └---┐ TT ┌---┘                     .| ======= |
     ノ ノ .| |  __                     L__  __  ___」 ___
    / /  | └-┘ ノ                    ___ノ ノ | └-┘ |
    ̄     ̄ ̄ ̄                    \_/  \____/
   ┌-----------\                     .「~| i ̄ ̄ ̄ ̄~|
   --------フ /                    .┌┘└vニコ Eニニ、
        |^´/                      | || ∧》-┐ ┌┐ |
        | |                        Lノ| |┌-┘ └┘└i
        | |                         | | ~ニニニニニ~
        | |                         | |  | ┌-┐ |
      「二ノ                         L_」 .| └-┘ |
                                       ̄ ̄ ̄ ̄


990 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 16:41:11.71 ID:dGTDoNsn
>>980
いくら昔の人でも信じる訳ねーだろw

992 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/02/26(土) 20:16:59.70 ID:Sq51FbAX
>>990
誰か忘れたけど有名な学者かなんかが、
大野道賢の最期のようなことは現実にありえると思うみたいなこと書いてた

993 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 20:19:06.41 ID:PZ1P8vyc
表面だけ焼けてたとか?

994 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 21:47:18.39 ID:Sq51FbAX
>>993
ごめん、詳しくは覚えてない。
ただ、山本常朝の父、重澄が大阪の陣参戦してるし、
大野道賢の話は本当にあった話だから広まったのだとオレは思ってる
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

大野道犬斎治胤の執念

2010年09月09日 00:01

838 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/08(水) 00:17:03 ID:fA2ewIfg

大阪の陣があった時のコト。
大野治長・治房兄弟の末弟、道犬斎治胤は堺方面に出撃、堺の町を焼き払った。

夏の陣が終わった際、彼は逃亡を試みるが捕縛されてしまった。
道犬が捕らえられたコトが世間に伝わると、堺の町衆はその身柄を引き渡すよう、家
康に要求、家康もそれを認めた為、道犬は堺へと連行された。

町衆の道犬への恨みは凄まじく、町と運命を共にした家族、友人達のように、生きな
がらに焼き殺すという復讐を遂げる。

浜辺に立てられた柱に鉄の鎖で括り付けられ、火あぶりとされた道犬。
道犬の身体どころか、木の柱までもが炭と化すまで火は燃え続けた。

火が消えた時、もう道犬の身体は炭となり、指も落ちてなくなっているという有様。

「これは流石に酷い……」

遠巻きに処刑を見ていた者達が近づき、道犬の遺体を降ろそうとしたその瞬間、炭に
成り果てていた道犬の身体が動いた!

身体を縛る鉄の鎖を引きちぎり、見物人の腰から脇差を引き抜くと、近くに居た者の
腹を突き刺す。
見物人を一人、道連れにすると道犬は力尽きたように倒れ込み、息絶えたという。


凄まじいまでの執念を見せつけた橙武者2号。
でも指がなくなってるのにどうやって脇差を抜いたんだろう?




863 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/09/08(水) 22:59:09 ID:p42YsdxP
>>838
火加減は重要ですね、火力が強すぎると外側は真っ黒でも
中身は生焼け、なんてことになりますからね、これは基本ですね、
どんなに怒りの炎で燃やしたくても、じわじわ焼くべきでしたね



関連
山本常朝「敵に首を打ち落とされても」
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-5172.html