加藤光広の「徳川征伐」・悪い話

2008年10月16日 13:30

168 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/09/26(金) 19:05:16 ID:LBReE+9y
江戸時代の毛利家で思い出したけど、元旦の問答の話。

家老が当主に向かって「今年こそ徳川を討つべし」
当主が答えて「未だその時期ではない」

このやり取りがお正月の恒例行事になってたらしい。
多分毛利家だったと思う、違ったら島津かな





169 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/09/26(金) 19:11:49 ID:tfyYMlnq
>>168
それは都市伝説で、おそらく実際には存在しなかった。

「徳川を討て」といえば、加藤光広(加藤清正の孫)が、これが典型的な暗君で、
重臣たちが困るのが面白くて、酒に酔っては「これより徳川を征伐に行くぞー!」って叫んでたりして、
しまいにゃ悪戯で徳川征伐の密書を作って、大騒ぎになったんだけど、結局これが元で
熊本の加藤家は改易された。




170 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/09/26(金) 19:49:11 ID:cLCWFCXE
>>168
幕末の時はよしやれとかったんかね

171 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/09/26(金) 19:56:28 ID:TzYJQqku
>>170
「そうせい」だろうな

172 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/09/26(金) 20:08:04 ID:Yv/HL7M7
>>169
加藤・福島家の改易って、巷間言われてるような「言いがかりで改易」というよりは、
改易された側にもかなりの問題があったらしいしね

173 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/09/26(金) 22:24:45 ID:cLCWFCXE
加藤(肥後も会津も)は残れたかもしれんね
福島は・・・改易なくてもドッカよそに移されそうだ
これは本当に「はめられた」って感じがするし
案外初期に潰れた大身外様大名で
どう頑張ってものこれなかった奴は少ないかもね
無嗣改易とか多いし
徳川が虎視眈々とつぶす気満々だったってのは疑問が残る

174 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/09/26(金) 22:31:25 ID:sHaKSLri
前田も伊達も毛利も島津も、敢えて加えりゃ細川も黒田も大身だがうまく立ち回ってるぞ
福島は脳筋で加藤はバカ
幕府に従順な振りだけでもしときゃいいのに空気が読めないのはいつの世もハブられる運命
自業自得だろ

175 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/09/26(金) 22:36:40 ID:tfyYMlnq
家光の時代くらいになると、旗本や親藩に、外様のロビー組織みたいなのが出来てて、
外様が存在していてこそ利益がある、って連中が幕府内部にもたくさんいた。

福島も、最初は城の破却で所領安堵、って裁定が下ったのに、不完全な破却にとどめて
それが幕府を逆撫でして、改易って事になってしまった。

176 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/09/26(金) 22:38:35 ID:bP1pJXFJ
ただ、この辺は詳細がわからんからなんとも言えん。
ただの難癖かもしれん・・・・ってこういう話はお隣のスレだな
スポンサーサイト