北条氏重と黒駒

2010年11月04日 00:02

278 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/11/02(火) 22:56:30 ID:HUqDg2QM
遠州掛川城3万石を領する北条出羽守氏重。
保科正直の四男であり、「地黄八幡」北条綱成の孫、氏勝の養子として北条家を
継いだ人物である。

氏重は常々一頭の黒駒を秘蔵しており、六十四歳という高齢にも係わらず、掛川に
帰ってくると、この黒駒に乗って鷹狩に出かけるのを楽しみとしていた。

しかし、歳には勝てなかったのか、ある時、鷹狩の途中で落馬。そのまま死去して
しまう。
主君の死を悲しんだ家臣達は、
「この黒駒こそが殿の仇! 普段からあれだけ眼をかけられておりながら不届きな
畜生め!」
と、掛川城内の広場に引き出し、四方から槍を持って取り囲み、滅多突きにして殺
してしまった。

この馬殺しの噂は瞬く間に世に広まり、「酷いコトをするものだ」と評判になった。
その後、北条家では跡継ぎが居なかった為、末期養子を願い出たのだが、それを許
されなかった。幕府が馬殺しの悪評を嫌ったせいだと言う。


死んだコトにこれだけ逆上されるんだから、家臣には慕われていたのかな。
慕われ過ぎて家を潰してしまった地黄八幡の末裔の悪い話。

……綱成のひ孫に当たるワケだから、江戸に入ってからの生まれだと思っていたら、
関ヶ原より前に生まれてる人だったのね。





スポンサーサイト