このように科無き者を

2015年12月20日 17:20

791 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/19(土) 18:10:06.18 ID:YHu7a5p5
寛永2年(1625)、駿河大納言徳川忠長が鷹狩に出向いた所、空にわかにかき曇り寒風甚だしく
吹き荒れたため、とある庵室にて休憩をとった。

この時、家臣の一人、小浜七之助という者が、忠長がこの庵にいることを知らず、馬に乗ったまま
軒先まで乗り付けた。忠長はこれをキッと睨みつけ、顔色も少し損じた。

小浜は、ここに忠長がいると聞いて、馬を乗り放ちにし慌てて御前に伺候した。
忠長は小浜を召して命じた。
「囲炉裏の中に木をくべて、火を炊くように」
そこで住持の僧が薪柴を持って来た。しかし薪はその頃降り続いていた雪のため、みな湿っており
なかなか火が着かず、小浜は囲炉裏の方を向いて火を吹こうとした、

そこを忠長は佩刀にてただ一打ちに頸を打ち落とした。

「これを打ち捨てよ」
忠長の言葉に清水八郎右衛門という武士が参って小浜の死骸を取り収めた。すると今度は
「汝、この火を炊け」
普段近くに参らない者に命じた。

彼は恐る恐る這い寄り、薪をくべて火を炊こうとした。しかしその手は震え、息も切れ、
柴をかき乱し火を吹こうとしても息出ず、その上湿っているので火は燃えなかった。

男は生きた心地もせず、御前に伺候している人々も、『今斬られ参るか、今斬られ参るか』と、
魂が抜けるような思いをした。
しかし、この時は何のお咎めもなく、忠長はそのまま立ち出た。

このように科無き者を忠長自ら斬られた事、この年だけで6,7人に及んだという。

(藩翰譜)



792 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/19(土) 18:22:16.89 ID:I/EI524C
小浜光隆の子の話か
スポンサーサイト

台徳院殿が駿河殿を

2013年04月30日 19:54

465 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 17:30:56.69 ID:iq9Ay5af
台徳院殿が駿河殿を世継にしようと思し召されたとの世上の沙汰は大きな虚説である。

ある時、駿河殿は西の丸の御堀で鉄砲を使って鴨をしとめられた。
鴨は大御台所へ献上され、それが料理されて、台徳院殿へも御上げなされた。

(大御台所が)「これは国が初めて鉄砲でしとめたのですよ」とのいきさつを
仰せになると、台徳院殿は駿河殿の御附の某を御呼び出しになり、

「西の丸は神君御縄張であり、御世を手前へ御譲りの後はその西の丸におられた。
そして、只今は竹千代を差し置いておる。

それを、国松の分際でこの城へ向けて鉄砲を撃つなど、不届きな行為であるぞ!
附けておいた者どもの心得が悪いからこういうことになったのだ!」

と、たいそう御叱りになったということだ。この事から、台徳院殿が世継を
替えさせようと思し召しにはならなかったことが知れよう。

――『責而者草、鳩巣小説』



467 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 18:32:06.62 ID:STMvl791
葵徳川三代にあったな。

468 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 23:07:12.87 ID:PYRrWnfp
権力の中枢にいると、ちょっとした言動も命取りになる
政権側にとっても、こういうちょっとした事を放置して積み重なると瓦解に繋がる事がある
一見するとつまらない事で咎められたように思えるけど、小さな配慮はとても大事な事なんだよな
秀忠の言う様に、御付きに気が回る者がいなかった事は国松にとって不幸であった

徳川忠長と池田三郎左衛門貞長

2010年11月07日 00:02

172 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/11/06(土) 00:07:12 ID:Wr9ORYFs

徳川家光の弟、忠長の側近に、池田三郎左衛門貞長という男が居た。
貞長は忠長に大変重用されていたのだが、それを妬んだ者の讒言により、藩を追放
という処分を下されてしまう。

駿河を追われた貞長は、武蔵国岡村(埼玉県深谷市)に蟄居し、私財を投じて荒れ
た神社仏閣を改築するなどして、現地の人々に慕われていたと言う。

やがて忠長は家光との確執や、自身の問題行動などによって改易・切腹とされてし
まう。

切腹に当たり、忠長は自らが追放した貞長を思い出し、
「貞長を追放したのは間違いだった。今更謝っても許してはもらえぬだろうが、も
し許してもらえるなら、自分の菩提を貞長に弔って欲しい」
と言い残し、命を絶つ。

この遺言を聞いた貞長は、これを最後の主命として岡村に全昌寺という寺院を建立
し、荒れ果てていた岡上神社に新しい社殿を奉納する。

これらの寺社の落成を見届けた貞長は一人、真新しい社殿の前で、主君の後を追っ
て切腹して果てたと伝わっている。


あまり評判の良くない駿河大納言。
そんな彼にも殉死してくれる忠臣がいたんだね。

貞長が切腹した岡上神社は現在、周辺の神社を合祀し、岡廼宮神社と改称して存続
しています。