日本のマルコポーロ

2011年02月14日 00:00

787 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 22:54:32 ID:PzZQvijq
日本のマルコポーロ

有名なペトロ・岐部、彼の話はまだ出てこないようなので。

1584年に豊後の豪族、岐部家に生まれ有馬のセミナリオにてキリスト教神学を学ぶ。
1614年、幕府によってマカオに追放される。が、この地では日本での布教が
はなはだ困難と知った教会は彼らを見捨てる。

これからが彼の執念の物凄さ、マカオからゴアへ、司祭の叙階を受けられないと知ると歩いて
イラン、アラビア半島を陸路西に向かい、日本人として初めてエルサレムに巡礼を成す。
バチカンに向かい、イエズス会を驚かせるが司祭に叙階。

日本に帰りついたのは1630年、激しい弾圧の中をキリシタンの隠れ里を密かに訪ね訪ねの伝道。
1639年、ついに捕縛される。この時期、彼は幕府にとっての最過激カルト集団の親玉であったから、
将軍家光直々の詮議があった。また転ばせ屋のプロ、井上筑後守も悪魔のごとき甘言、或いは
必殺逆さ吊りで攻め立てるもギブアップせずに殉教。
「沈黙」のモデル、横で吊るされた管区長代理フェレイラ神父はあえなく棄教。

岐部はあっさりと去っていくフェレイラを散々に呪いつつ死んだとか。




789 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/13(日) 01:29:27 ID:53rR/VRw
>>787
呪って死ぬんじゃ殉教の甲斐もないような。
キリスト教的には違背者呪う分にはセーフなのか?

790 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/13(日) 09:43:43 ID:goQl1g6w
岐部家は豊後海峡の水軍を司だった武門の家。
豊後は大友宗麟の庇護下にキリスト教が盛んだったから、
彼のようなハードコアな人物が出てきたのであろう。

岐部自身は、かなり意固地で功名心にはやる人だったらし
くマカオやゴアではうとまれていたらしい。
一人で托鉢しながら砂漠を歩いて行ったとか。

伝説では、遥かな地、バチカンのイエズス会の文書の中に、
豊後での布教に尽くした己が父の名を見つけ、涙したとか。
以後、焦る気持ちを抑える冷静さ、統率力を身につけたらしい。


791 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/13(日) 10:38:15 ID:x/b+taMa
ペトロの殉教とフェレイラの棄教を知った海外の宣教師は発奮し
カトリックの意地を見せるとばかりに日本に密入国しまくり殉教しまくったと聞いた
なんかブームの真っただ中に置かれてしまった日本のお役人の胃の明日はどっちだ

792 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/13(日) 11:25:47 ID:cULL00l1
>>789
この場合の呪うってのは呪術的な意味ではなく恨んでいったということでは?

793 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/13(日) 12:50:12 ID:7Owo/IJZ
暗黒面に堕ちたな。

796 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/13(日) 16:57:55 ID:h69winbY
>>787
勿体無いなあ。処刑せずにどんな経験をしてきたか口述筆記でもさせれば
いい情報が手に入っただろうに。
スポンサーサイト