FC2ブログ

【雑談】鬼武蔵もかっこよくなったなあ

2015年05月20日 16:31

森長可   
804 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/20(水) 06:37:14.82 ID:n4nOaZ3m
鬼武蔵もかっこよくなったなあ。
http://www.gamecity.ne.jp/souzou/wpk/countdown2/images/0519/htw_0519.jpg
htw_0519[1]

「数多くの型破りな逸話」って、やっぱりここ発信なんだろうなw



805 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/20(水) 08:04:19.68 ID:kBjgtbmQ
鬼武蔵が、関所を廃止しろという信長の命を受けて
わざと関所の番人に言いがかりをつけて殺しまくったから
関所の番人のなり手がだれもいなくなってスムーズに関所が撤廃された
という説が・・・あるのかな

806 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/20(水) 10:15:15.38 ID:yZQlf7kC
>>804
なんかみんな同じ顔だな。溝口さんや良い笑顔はまだ健在なんだろうか

雑談・鬼武蔵を主人公にした漫画…だと?

2015年01月08日 18:46

森長可   
196 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/01/07(水) 20:19:53.83 ID:C+PudB43
http://i.imgur.com/E4sdblr.jpg
http://i.imgur.com/hjxQ4e2.jpg
E4sdblr.jpg
hjxQ4e2.jpg

鬼武蔵を主人公にした漫画…だと?



こんな漫画が出るのですね。気になります!

追沢二股の竹

2012年11月19日 19:52

森長可   
407 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/18(日) 21:47:42.82 ID:I0cJ4jNX
追沢二股の竹


天正10年(1582年)、本能寺の変の後のこと。
信濃から美濃へと舞い戻った森長可は周辺の東濃の諸氏と日夜戦いを繰り広げていたが、
森家に喧嘩を売った家の中に明智光秀の嫁の実家である妻木家があった。

ある時、合戦で敗れた妻木家臣の茂塚六兵衛の一団は森家の追手から逃れるべく追沢の地に辿り着き、
ここでとある民家の老婆に金を与えて屋根裏に匿って貰う事になった。
それを追ってきたのが森家臣の豊前市之丞という男で、追沢の辺りで消息を絶った武将たちの事を
この老婆に聞いたが「知らぬ」の一点張りで取り付く島がない。

ならばと有力な情報提供の恩賞として市之丞は懸賞金を懸けて再び老婆に行方を聞いた所、
老婆は六兵衛の金より市之丞の金のほうが額が多かったので天井を指差して六兵衛らを
匿っている事をあっさりと白状し、
即座に天井裏に攻め込んだ市之丞の軍勢に六兵衛一行は悉く討ち取られた。

この事件の後にやがて老婆が死ぬとこの家には住む人間が居なくなったが、他の人間が新たにこの家に住むと
重病に倒れたり何かしら血を見るような死に方をしたりと不吉な出来事が必ず起こった為、
やがて誰も住まなくなった。
そんな家に事件後に生えた二股の竹にも「きっと六兵衛の怨念がこもっている」と恐れられたという。


現在はこの竹はもう無くなってしまったが六兵衛の無念を弔う小さな祠だけは伝承と共に現地に残っている。





408 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/18(日) 21:52:59.36 ID:Cy5BlbLP
まーた森家が岐阜県に不穏な逸話を残したのか・・・

410 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/18(日) 22:28:24.49 ID:LFmXm1nh
>>407
老婆が討たれる話かと深読みし過ぎた

411 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/18(日) 22:32:24.79 ID:uukB3FHG
>>408
いやだかしかし、今回ばかりは森家が悪いわけではないだろう

413 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/19(月) 00:01:50.21 ID:AswdiBZ1
すっかり鬼武蔵絡み=悪い話で刷り込まれてしまった。
もうどこで老婆が切られるのかと…。
でも森家ってケチってイメージないな。あげる時は気前いいよね?(出所はともかく…。

414 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/19(月) 00:23:18.95 ID:xVwgnoRT
>>408
むしろ、お金に釣られてあっさりゲロった美濃県民のちょっと悪い話・・・

415 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/19(月) 01:08:23.16 ID:d7MKuFgN
金で匿うならゲロするのも金だわなぁ

雑談・コーエー…ついに

2012年09月14日 20:30

森長可   
417 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/13(木) 22:03:58.09 ID:1TAtvP79
コーエー…ついに鬼武蔵の所業を知らしめてしまったか…ttp://beebee2see.appspot.com/i/azuYl7SIBww.jpg
鬼武蔵


418 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/13(木) 22:15:16.05 ID:YnpD7mjF
コーエーは鬼武蔵ネタなら無双3エンパでこんなネタやってた

信長「長可よ、門番はいかがした」
鬼武蔵「身の程知らずにも止めようとしたので、ぶちのめしました」
信長「本当にうぬは武蔵坊弁慶の再来よな」

森蘭丸「あ、兄上、その血は!お怪我は大丈夫ですか?」
鬼武蔵「ん、これは怪我ではないよ」

森蘭丸「兄上、なにをなさっているのです」
鬼武蔵「遺書を書いているのだ、わしがいうのもなんだが因果な商売だ、
お前はけっして俺の跡を継ぐなよ」

最後、忠政はいずこに

419 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/13(木) 23:44:03.25 ID:DsxZFvcu
>ぶちのめしました
…えっ

420 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/14(金) 01:01:54.30 ID:gur4czvT
詳細な描写をするとZ指定になってしまうからな
高遠城の描写はいいのかというツッコミはやめてください

421 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/14(金) 01:09:13.55 ID:YLNTrmuD
>>417
これだけ読むと鉄砲で武装した忍者軍団みたいな不思議な活躍だなw

422 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/14(金) 01:27:22.51 ID:bWnMOtFb
そもそも「お怪我は」って信忠じゃなかったかエピソード的には

森長可、川中島郡撤退

2011年11月04日 22:05

森長可   
790 名前:1/2[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 12:50:45.82 ID:CF6HGvx9
詳しい系行きますよ~


天正10年6月、越後の国は上杉景勝の領分、関山あたりまで、鬼武蔵こと森長可は侵入し、周囲の村落を次々と
放火して三本杉という所に陣をしていた所、6月6日未の下刻(午後2時頃)、美濃兼山より早飛脚が到来し、
6月2日、惟任日向守光秀謀反により、信長信忠両御公、京都において弑殺され、並びに近習の13人、
かつ蘭丸君、坊丸君、力丸君とも本能寺において討ち死にした旨を知らせた。

これを聞いた長可は、思いも寄らない信長の生害、弟たちの討ち死にに驚愕し、流石にショックを隠し切れない
ようであった。早々に信濃の海津城へと帰陣し、家老・番頭を呼んで今後の方針を評議した所、『この上は一刻も早く
上方に上り、信長公の弔い合戦をして明智光秀を討ち滅ぼす、それ以外にはない!』と決まり
森勢がその準備をしていたところ、信濃の武田旧臣であった春日周防らがそれを聞きつけ徒党を組み、
その上で使者を立て

『前にこの地に御入郡名された際に取られた人質が未だ長可様の所にあります。
御上洛されるというのなら、人質は尽く返していただきたい!
然らずばこの地の国人達は兵を以ってあなた方を追撃し、または街道の切所にて遮ることも在るべし!』

そう要求してきた。これを聞いた長可は激怒する

「信長公に不慮があったために、お前たちは我を侮ってこのような要求をするのだな!
人質は返さない!お前たちが我を討つというのなら、我もまたお前たちを討ち、信長公の弔いとしてくれよう!
我が首がここを出立するのは明後日の8日だ。汝ら、我と戦うべし!人質返すべからず!」

こう言い放って使者を追い返した。

ところで武田旧臣の国人たちには、森長可に立場の近いものも少なくなく、彼が怒るのも仕方が無いと
考える者もあった。

この頃春日周防は国中の一揆と共に山々の切り取りをしていたが、ここに有力国人の一人である
大塚次右衛門は鬼武蔵と春日双方の関係が無事に済むようにと、春日の元に赴きこう説得した

「春日殿、その方の嫡男である庄助に、長可様は烏帽子親となり、彼は苗字を頂き
森庄助とも名乗っているではないか。それほど厚遇されたのに今そなたが一揆に与しているというのは、
前代未聞の不義ではないのか?」

このように古今の事例や理を以て説いたので、さすがの春日周防も考えを改め一揆より離脱し、
「とにかく次右衛門殿に頼み入る」と、互いに誓紙を書いて、それを長可に提出した。
これによって海津城周辺の安全を得た長可の軍勢3500は川中島から出立することが出来た。
この時、人質もまた引き連れた。

千曲川のあたりで一揆勢三千に追跡を受たが、最初に一撃を加えた後、逃げると見せかけ猿ヶ馬場峠に
一揆勢が追撃してきた所を、伏兵によって上から散々に切り崩し、これを追い払った。


791 名前:2/2[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 12:51:17.48 ID:CF6HGvx9
さて、森勢が川中島表を脱出すると、長可は松本において引き連れてきた人質を、迎えに来たものに
返すと宣言する。
春日周防の家来は大塚次右衛門に向かって「どうか庄助をお返し下さるよう」と取り次いでくれるように
要請した。

翌朝

松本を出立の時、町から4,5町(約4~500メートル)ほど離れた場所で、長可は大塚次右衛門を前に
「周防の嫡子、庄助を連れて参れ!」と命ず。
中間二人に両手を引っ張られて引き出されて来た庄助に長可は

「うぬが親の周防めが、我を討たんと計ったが、こんな事もあると思って、かねてからお前に森の苗字を
与えて油断させていたのだ!
大塚次右衛門の計略によって我ら兼山の者は無事川中島から引き上げることが出来た。
さて庄助、汝にはこの世の暇を取らせるぞ!」

そう言うと人間無骨という十文字の槍を持ち、心臓の下を一突きに突き通した。
そして大塚次右衛門に「この死骸を持って帰り、この事を周防に申し聞かせろ!」と言い放つ。
この時、殺された庄助の乳母が

「私もここで殺せ!生きて在所に帰るなど出来るものか!」

と、泣き叫び大塚次右衛門に取りすがった。この姿を見て涙を流さぬものはいなかったそうだ。

ちなみに『老人雑話』では、人質50人を並べ、ことごとく手討ちにしたと記録されている。
(森家先代実録)




792 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 13:31:42.07 ID:AZTu+ov+
>>791の1行目で終わればいいはなしなんだけどなあw

793 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 13:48:42.85 ID:yN8PkuU6
まあ、思い直したとはいえ非常事態の弱みに付け込む真似だし、やられた方は
森さんじゃなくても、ハイそうですかと許せるようなもんじゃないだろうさ。

家康とかだと、この場は何食わぬ顔で許して後々地味~に仕返ししそうだがw

794 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 14:15:37.93 ID:iSG3QWqw
家康だけじゃなくて、信長や秀吉でも
とりあえずこの場は丸く収めて、仕返しは後日だと思うぞ。

795 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 16:24:07.05 ID:Xbt1Bn2Z
他の人がどういうやり方で復讐しようと最も相手にダメージを与えるのは鬼武蔵のやり方なのは間違いない

796 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 17:23:17.89 ID:sphrS5S3
後々でとかじゃなくその場で殺っちゃうと、
その後同じような場面があった時、
”信頼”されてしまうから損だからね。
上に立つ人のやりようじゃ無いな。
とても森家のやり方だけどさ。

797 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 17:29:47.21 ID:FY+sH6gN
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1168.html
こっちでは「庄助」が「勝助」か

798 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 17:47:45.45 ID:cK9ZV8Cu
滝川さんと対照的過ぎるわ

799 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 18:34:03.94 ID:+pDYzai5
滝川さんは出自不明の一浪人からスタートした苦労人だからな

800 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 18:45:22.99 ID:X98WFxF9
大塚さんは森家の貴重な頭脳労働要員

801 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 19:03:45.31 ID:UhJgM7t7
ヤクザの事務所の交渉役の大卒インテリヤクザみたいなイメージしか浮かばん。

805 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 21:43:05.22 ID:mK6WG3F0
>>801
戦国インテリヤクザと聞くと毛利元就を思い浮かべるなぁ
内面は案外ナイーブだったりするから意外だった

森長可、秀吉の条件に

2011年11月03日 22:01

森長可   
737 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/02(水) 23:36:47.92 ID:b7bXDjDB

天正12年(1584)、小牧長久手合戦の直前、美濃兼山の森長可の元に、羽柴秀吉から尾藤甚右衛門(知宣)、
細野主計が遣わされた。秀吉より

『自分に味方すれば駿河・遠江を与える』

との条件を知らせに来たのだ。これを聞いた森長可は言う

「甲斐もよこせ。」

細野主計はこれに
「こちらに出発する前、上様(秀吉)は我らに

『武蔵守(長可)は大気者なので、この条件に甲斐も加えてほしいと望んでいるだろう。
だが、そのことをあいつに言わせないようにしろ。
口に出してしまっては、こちらとしてもあいつに与えないことが、そして向こうも与えられないことが心に
引っかかってしまうだろう。甲斐については既に、与える約束をしている者が居るのだ。』

…そう、おっしゃいました。」

森長可はこれを聞きその意味を悟ると、ハラハラと涙を流し、暫く物も言わなかった。
そしてようやく

「それならば、我らの本領である兼山と駿遠を下さるように。」

と言ったが、これに尾藤甚右衛門

「その御訴えは後にして下さい。今はとにかくこちらの出した条件である、駿河遠江の両国だけを
御拝領する事を承諾して下さい!」

結局長可はこれを受け入れた。

両使が帰った後長可は側にいた小姓に、こんな事を言った

「さっきの条件でもわしに不自由はないのだ。だが駿遠甲の三ヶ国を手に入れれば、次節が来れば
其の方達にも小城の一つでも持たせることが出来たのに、お前たちにとっても運がなかった。」

そう悔しそうに言ったのだという。
これを聞いた家臣たちは、長可が自分の将来に大いなる志を持っているのだと、察したそうである
(森家先代実録)




738 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/02(水) 23:43:29.23 ID:mQbn0JlD
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2750.html
この詳しいバージョンだね

739 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/02(水) 23:51:33.01 ID:K5YR8Bxe
大封を要求したのは家来のためか・・・なるほど

741 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/03(木) 00:02:53.56 ID:PbW0qHJF
旧武田、今川領領有で天下取りだろ

森家『天の与えるものを受け取らなければ、却って災いを受ける』

2011年11月01日 22:01

森長可   
651 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/31(月) 23:03:33.51 ID:npjyO3qz
天正12年(1584)、秀吉と織田信雄の対立は激化。信雄は徳川家康を頼り、小牧長久手が
起きようとしていた。

多数派工作を進める秀吉は池田勝入に対し富田左近、津田隼人を派遣し、自分に付いた場合に
美濃、尾張、三河の三ヶ国を与えると約束する。
これに池田勝入は、重臣を集め評議を行った。

この時、池田家家臣、片桐半左衛門進み出て言うには

「そもそも勝入様は信長公の乳人子であり、その上お取り立て下さった主家である織田家を捨てて、
傍輩に過ぎない羽柴に与するのは、天の恐れも後の世の誹謗もいかがか。そう存じます。」

これに対し、同じく家臣の伊藤清兵衛は

「私は秀吉の近年の行いを見もし、聞きもしてきました。その上で、今の天下の諸大名と秀吉の
軽重を比べてみれば、明らかに秀吉のほうが重い。そう確信しています。
そうであれば天下の執権は秀吉となります。ここは理を非に曲げてでも秀吉に与し、それによって身も立て
労の報いも得るのが良いと、私はそう考えます。」

池田家家中はこの二論に割れ、勝入自身も大いに迷い
「自分の体が二つになって、双方に与したい」と発言する。

片桐半左衛門はこれを聞くと
「羽柴に一味するというのは天に違える行為で、後の瑕瑾となり行く末もはかばかしくはならないでしょう。」
と、眉をひそめてつぶやいた。

ここにおいて勝入は近習の土倉貞利を密かに、娘婿たる森長可の元に派遣し、長可の判断を聞いて
自らの去就を決めることとした。


さて森家である。森家においても重臣による評議が成されたが、彼らの意見は最初から完全に一致していた。
家臣は長可に、全員の総意を申し上げる

「確かに織田家は旧恩のお家柄です!だがしかーし!それはそれとして現在英雄というべき人物は
秀吉公でございます。であれば、後々のためにも秀吉公へ御一味して然るべきです!
世の中こう言うではありませんか、『天の与えるものを受け取らなければ、却って災いを受ける』と。
お仙君(忠政)もこちらに帰られたことですし、これはまさに、森家の長久繁栄の瑞祥です!!」

流石は織田家有数のドチンピラ軍団森家、ギャハハという下卑た笑い声が聞こえてきそうな、間違いなく
悪役の、それも三下クラスの提案である。
無論長可はこれを何の迷いもなく受け入れ、池田勝入もこれを知ると秀吉への一味を決心するのである。
(森家先代実録)

そう、そして何より恐ろしいのは、この誰が見ても悪のヒャッハー集団の会議としか思えない森家の評議内容が、
森家自身の記録であると言うところである。





653 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/31(月) 23:18:50.06 ID:6rXstGHl
必要以上にむりやり悪い話に持って行こうとしてないだろうか

654 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/31(月) 23:27:02.10 ID:8Xn4zK5n
この手の「どこにつく方が得か」なんて話はよくあるし、別に恥じる事でもないよな

655 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/31(月) 23:34:58.74 ID:Dhd0EQk6
まあ誇れることでもないがな

656 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/31(月) 23:35:06.67 ID:M1aXmbIa
どうも想像しがたいけど、
長可と秀吉の個人的関係は良好だったんだろうね。

657 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/31(月) 23:42:01.76 ID:df5FDz6g
悪い前田慶次のイメージ

658 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/31(月) 23:44:24.18 ID:JOuuo6MI
まあ「信長の乳人子」という事に色々助けられただろう勝入は当然悩むよね。

659 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 00:39:11.63 ID:zkFUI658
>>656
一緒に茶器を買いに行く仲だからね(棒)

660 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 00:39:51.93 ID:rvEaIs0f
池田のオッサンは、鬼武蔵のことを信頼してたんだな。

661 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 00:46:31.76 ID:68HQDpiq
会長?

森長可遺言状について

2011年11月01日 22:01

森長可   
662 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 01:14:58.25 ID:R8ebT6iE
鬼武蔵ネタを

これは、有名な森長可遺言状の全文である


『覚

一・澤姫の壺、秀吉様へ進上、ただし今は宇治にあり。
一・台天目、秀吉様へ進上。仏陀(寺)にあり。
一・もし討ち死に候はば、此分に候。母に候人は、堪忍分秀吉様へ御もらい、京に御入り候へく候。
  せん(忠政)は今の如く御側に奉公の事。
一・我々の跡目くれぐれ嫌にて候。この城(兼山城)は要にて候間、確かなる者を秀吉様より置かせられ候へと
  御申之事。
一・女共は急ぎ大垣へ御越候へく候。
一・悪しき茶の湯の道具、刀、脇差、せんに御取らせ候べく候。何れも何れも仏陀の如く御届け候へく候。
  仏陀の他は皆せんに取らせ申し候。但成次第此由御申候へく候。

天正十二 三月廿六日あさ     むさし

尾藤甚右衛門(知宣)さま 申給へ


又申候、京の本阿弥所に、秘蔵の脇差二つ御入り候。せんにとらせ申候。尾甚(尾藤甚右衛門知宣)に御申候へく候。
おこう事京の町人に御取らせ候へく候。薬師のやうなる人に御し付け候へく候。母に候人は、
かまいてかまいてかまいて京に御入り候へく候。せんもここもと跡継ぎ候事嫌にて候。
十万に一つ百万に一つ総負けになり候はば、皆々火をかけ候て御死に候へく候。
おひさにも申候。以上。』



かつては「自分の弟であっても才能がなければ跡を継がすのを潔しとしない実力主義」とか、妹とされる
”おこう”の処遇に「武士として生きる虚しさを表現している」とか言われてきたが、最近「それは解釈を
間違えている」という説が提示された。
では最新の解釈で、この遺言状の、肉親の処遇に関する部分を訳してみよう


・「もし討ち死にしたら、秀吉は母上に所領を与え『京都』に居住させよ。」
・「忠政は今のまま、(京で)秀吉の近習として使え。間違っても(京から遠く離れた美濃の)兼山城主などという
 自分の役目を継がせてはならない。」
・「おこうは『京の』(政権と繋がりのある有力)町人に嫁がせよ。(大名の診察をする)医師などがいい。」
・「母上は絶対に絶対に『京』に置くように。忠政にも兼山で跡を継がせるのは断固拒否する。」



このように、遺言に見える京への強いこだわりから、森家が政権中央である『京』で活動することを強く望んだ、
非常に生々しい遺言内容であると、最近では解釈されているのである。


ちなみに長可の討死後、この遺言状を読んだ秀吉は涙を流して、忠政が「兼山城主」を継ぐように命じた。
そんな鬼武蔵の遺言についてのお話w




663 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 01:28:09.70 ID:rqJSTOW4
イイハナシダー(;д;)

665 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/11/01(火) 02:27:16.56 ID:fEYsfdk5
>>662
本能寺で弟3人死なせて
残った末弟を思いやり娘に医療従事を薦める
愛に目覚めたヒャッハーの遺言なんじゃないのかなぁw

666 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 03:44:48.69 ID:KXJXsalY
そういえば、鬼武蔵が身内や家臣をヒャッハーする話はまだ見た事無い気がする。

667 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 05:57:50.05 ID:/nfSriOv
ラスボス「こいつら(鬼武蔵と愉快な仲魔たち)野に放ったらなにするかわからんしなあ…」

668 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 06:56:59.29 ID:9NXxT+rP
謙虚と見せ掛けて思いっきり野心のたぎる遺言だったと。

669 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 12:05:19.06 ID:n+zyvdcn
涙をながすほど嫌だったのかよ・・

670 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 12:13:31.69 ID:inc8dMqX
原文の写真のった本みたけど
どストレートに「いやにて候」って書いてるんだよね
なんかそれが、長可らしいなと思っちゃった

「田中泥薬師」由来

2011年09月17日 22:09

森長可   
637 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/09/17(土) 08:47:35.51 ID:bPzQxXC+
武将も出てきますが、神仏または里人のいい話。

岐阜県瑞浪市に、泥を塗って祈ると病が治るといわれる「田中泥薬師」という
仏像がある。「泥を拭うと祟られる」とも伝えられていたが、2008年、長年の
祈願で溜った泥を落として、本体を改めて供養した。

http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008102501000591.html

泥薬師となった由来はこう伝えられている。

天台宗に近しい武田信玄が勢力を伸ばした影響で、東濃では薬師如来を尊崇する
人が増えた。織田信長が美濃を蚕食されることをいつまでも座視する筈もなく、
武田方を押し返し始める。

「武田寄りの寺社は消毒だぁ~」。尖兵となったのは神仏など畏れない兼山城主の
森長可である。

里人は薬師様を土中に隠して鬼武蔵から守り、後に掘り出してからも、泥をなすり
つけて病や苦しみを身代りに引き受けてくれることを祈ったという。

私事ながら、瑞浪の東隣の明智町(現恵那市)が私の故郷で、明知城が武田に落と
されたのが勝頼に代替わりした後の天正2年。明知と瑞浪を結ぶ山間部に、武田の
西進を防ぐ付城があったらしいので、この由来譚はその頃の伝承のようです。

http://www8.ocn.ne.jp/~kanko/doroyakushi/doroyakushi.html




638 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/17(土) 09:25:35.49 ID:J7zEeC8P
こういう素朴な話、好きだなあ

森長可、信長の保科弾正忠正直処分命令に

2011年08月29日 22:43

森長可   
286 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 00:12:53.95 ID:XjaPiXcv
高遠城の戦いの後、二の丸の城将であった保科弾正忠正直は、森長可によって軟禁された。

「やぁ森殿、今日は朝から騒がしいですな。何ぞ騒動でもありましたかな?」
「おお、保科殿!実は上方より、こんな書状が届きましてな。」
長可は書状の一部を手で隠しつつ、正直に見せた。

“武田逍遥軒並びに保科弾正○○の事”
「さて、○○の部分は何と書いてあるでしょうか?」「…まあ、ロクな事は書いてありますまいな。」
「正☆解~!」
長可が手をどけると、そこには

“誅罰”の二文字があった。

「!!で、では今朝からの騒ぎは……」

「左様。すでに、わが手の者が逍遥軒のもとに向かっておる。しかし保科殿、貴殿の安否は心易かれ。
貴殿をも誅罰するつもりであれば、何でこの書状を見せようか?
この事、上方には報告しておらぬが、きっと信長様にお願いして貴殿の命、続かしめん!」

「も、森殿……!」

一種の信頼すら芽生えた二人だったが、直後に本能寺の変が起こると長可は旧領に帰って
二度と信濃に現れず、長可去った後、正直も祈願寺の僧の勧めによって滝川一益に仕え、
森家と保科家が再び交わる事はなかった。(赤羽記)

まあ、槍弾正Jrが殺しの軍団・森家の仲間入りしてヒャッハーするのも見たかった気はする。




289 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 00:15:40.13 ID:G7S70noy
いい…話?

290 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 00:39:12.81 ID:gvRheARJ
てっきり油断させといてぶっ殺すのかと思ったら
普通に助けてあげたからいい話だなー

291 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 00:41:38.74 ID:6GU0T4ht
信長の命令無視した上に事後承諾取り付けたる!
なんて、信長に気に入られてるのをかさに着て傍若無人な振る舞いしてたのが良い方向に発揮された良い話じゃないか。
しかし、鬼(畜)武蔵さんは
「ヒャッハーお前なかなかやるじゃねえか、気に入ったぜ!」
的な台詞が似合いすぎて困る

292 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 01:00:02.25 ID:VnHIVZzA
気に入らない奴らは皆殺しだけど
見所のある敵は家臣に取立てる
ある意味信長のやり方を忠実に守ってるとも言える

293 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 02:03:26.55 ID:ZNcONyn1
久しぶりに鬼武蔵キター。
毎回ほとんど似たような話しなのに、テンション上がるー。

294 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 02:17:14.63 ID:bpRQGDGi
鬼武蔵的には敵陣営の人間でも
戦の上手そうな奴はウェルカムなのか

295 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 02:24:23.86 ID:wAjyQQcS
しかしまぁ毎度毎度出展が違うのにキャラがブレないのは感心する。

296 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 02:31:22.87 ID:du+DpSpI
しかし遺言状?を読んで感動して
「きっと父も弟も戦で死んだから、戦が嫌いになったんでしょうね」
といった学者か小説家がいたとか前に見たような

297 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 05:27:38.20 ID:Ebs0gaA+
この人はちょっぴりSATSUGAIが好きなだけで、器の大きさを感じさせる逸話も結構あるんだよな。

298 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 13:26:18.36 ID:Z+30jwXX
スレチだが今週の『信長の忍び』に森長可(12歳)が出てきた
「後に戦国時代を代表する狂戦士となる男である」と解説されてたw

299 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 14:31:46.92 ID:v2bcXCOi
長可は最期の呆気無さがなぁ

300 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 15:05:02.26 ID:ztDFfdd0
潔くていいじゃないかw
まさに武士の鑑

301 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 16:13:00.58 ID:6+cu9AVu
小牧長久手で勝って欲しかった。 残念。

302 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 18:34:03.26 ID:mrKx5V3J
生き延びていた

303 名前:302[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 18:39:11.12 ID:mrKx5V3J
失礼
生き延びていたらどこか地方で3、40万石くらいの大名になっていたかな。

304 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 18:43:49.94 ID:G7S70noy
>>296
小和田哲男の『戦国武将の手紙を読む』でそんな風に語ってたような
娘は武家に嫁がせず、医者とかに嫁がせてくれとか
弟を跡取りにするのは嫌です とかこんなの自分だけで充分だよ…と思ったのかな

305 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 18:54:50.40 ID:HzqxeYRg
>>299
ヒャッハーらしい見事な死にざまじゃないか。

306 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 18:57:07.72 ID:G7S70noy
額に矢があたって即死して
その死体を乗せたまま帰ってきた馬も凄いよね

307 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 20:13:21.85 ID:jXdCAcjL
>>298
以前出たカードゲームといい、
鬼武蔵さんの方向性がかなり固まったな

308 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 20:15:00.19 ID:ztDFfdd0
>>298
マジかw買おうかなw

309 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/08/29(月) 21:02:07.02 ID:xy074avB
>>296>>304
> しかし遺言状?を読んで感動して
> 「きっと父も弟も戦で死んだから、戦が嫌いになったんでしょうね」
> といった学者か小説家がいたとか前に見たような

それは読み方を間違っていて、実際の鬼武蔵の遺言内容はそんなしおらしいものではなく、
鬼武蔵が秀吉に要求したのは、忠政には美濃の森家を継がせるのではなく「京の政権中枢で」使うように。
妹も「京で(政権に関わっている人間に)嫁がせるように」と、
政権に直接つながることを強く意識した遺言なのだ、って解釈を見たことがある。
[ 続きを読む ]

雑談・某戦国カードゲームで

2011年07月22日 23:11

森長可   
88 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/22(金) 01:25:29.13 ID:YKzARSQP
某戦国カードゲームで
鬼武蔵様がすばらしくヒャッハーしてて噴いた
ttp://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k138136676#enlargeimg
ヒャッハー01ヒャッハー02


89 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/22(金) 01:28:18.14 ID:B7P1lZLj
(((( ;゚д゚))))アワワワワ

90 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/22(金) 01:47:39.85 ID:g7FIpEV/
ここの影響かw?

91 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/22(金) 02:10:13.94 ID:rFPoq8vv
>>88
そのゲーム、超有名武将以外はどこら辺が○○なの?ってのが多いな
光秀と家康と昌幸と長政と半兵衛のイラストをシャッフルして家紋変えれば問題無いレベル…
募集イラストなんて和風萌絵しかないし
絶チルの浅井三姉妹とかはマジで勘弁して欲しかった
イラストレーターに史料やら見せて勉強させて描かせろよ…
このゲームはそのうちギン千代のラムちゃんとかマジでやりかねん勢いだ

92 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/22(金) 02:16:58.71 ID:EB3ZWx9W
三国からそういうゲームだしねぇ。

マイナーどころとか「山吉豊守のイラスト書いてください」って言われて調べてもイメージ沸かないでしょ。

93 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/22(金) 02:26:51.33 ID:QDWUTPQT
>>91
しかしこの鬼武蔵のカードに関しては、ヒャッハーだというのと人間無骨の形状は
把握はしているようだなw

95 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/22(金) 07:59:04.42 ID:GVFiWex8
>>88
こんなん止めようとした門番は
勇気あり過ぎと言わざるをえない

96 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/22(金) 08:16:11.34 ID:9nd5Zv+8
門番もデビルリバースみたい風体だったんだよ


103 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/23(土) 02:13:14.35 ID:0sfTCFEB
>>88
ゲッターに乗れそうだな

104 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/07/23(土) 10:08:31.73 ID:JGaRbagB
>>88
このゲーム、矢沢頼綱が名前のせいで某ロックンローラーにされてたり、鉄砲で討ち取られた三好義賢が
松田優作そっくりに描かれたりしてるんだよなw

雑談・森長可認知度

2011年03月02日 00:00

森長可   
61 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/28(月) 22:56:47.25 ID:Dc0G5Ddt
森長可認知度

初級 本能寺でノブと添い遂げた蘭丸の兄弟だって。へー

中級 戦国武将も本当は乱世が嫌だったんだよ。そんな哀しい遺書を残した悲劇の人


62 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/02/28(月) 23:03:06.06 ID:R0EC0wD9
>>61
上級 猛将で知られ荒れていた人
ココの住人 D Q N

63 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/28(月) 23:19:40.82 ID:x7el8Lin
初級 沖田畷でノブと添い遂げた直茂の息子だって。へー

64 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/01(火) 01:18:05.18 ID:R3akNM3Z
史実をそのまま書いてもアンサイクロペディアネタになるのが鬼武蔵

65 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/01(火) 02:17:58.64 ID:NY+7EYAU
「江」では弟達が森三兄弟として出てて、兄もいますって程度だったけど
「天地人」では名前しか出なかったけど、上杉家のみなさんに恐れられてたよw

66 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/01(火) 11:04:46.18 ID:G6hMI46O
そりゃ戦の勝敗を左右するような局面で死んでるのに
味方の総大将に喜ばれる猛将なんて他にいないもんな。

69 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/01(火) 15:44:00.61 ID:zEDs+gKX
>>66
あれは池田恒興のついでって感じだけどな>喜ばれる猛将
まあ戦後の領土配分についてかなり無茶な要求してたのもあるんだろうけど。

70 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/01(火) 20:32:37.60 ID:pL9MM+1T
今も尾張には森繁和という鬼がいるんだよな

71 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/01(火) 22:01:24.31 ID:ebhvwvvF
鬼だらけだなw
ほんに戦国時代は地獄やで

72 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/01(火) 22:01:55.97 ID:hqvV1BKj
>>無茶な領土分配
kwsk

73 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/01(火) 22:15:07.27 ID:5JYp6s5J
>>72
秀吉「勝ったら遠江と駿河あげるから味方になってよ!」
鬼武蔵「甲斐もつけろ」
秀吉「そこまでは…」

ちなみに当然のことながらこれらは「現在の美濃の領地も安堵した上で」だと考えられる。

74 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/01(火) 22:22:29.74 ID:u7MEPnwY
>>73
結局、家康から美濃尾張を受け取る末路になったのか

86 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/02(水) 05:37:31.38 ID:mveDh0CT
>>40

それは「新たな可能性・森武蔵守長可」三連発かなんかの逸話投稿から始まった……

ちょっとした歴史ドラマでありますな(

森長可の脇差と出浦盛清

2011年03月01日 00:00

森長可   
13 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/28(月) 01:47:03.09 ID:bbx+moJl
本能寺の変の後織田家の領内では動揺が続いていた。

森長可の所領であった信州川中島四郡でも状況は変わらず、長可は旧領金山への撤退を試みる。
それを知った川中島の郷民たちは長可を討つべく一揆を起こし
長可配下の国人たちもほぼすべてが長可を裏切り、逆に一揆を煽り立てる始末であった。

状況は長可自身が力戦して一揆を防がねばならないほど悪かったが、それでも節操を守って
長可に従い続けた者もいた。
出浦盛清がそうであり、彼は金山を目指すは長可一行の案内役を買ってでたのだ。
一行は猿ヶ馬場峠で一揆を振り切り、長可は盛清に形見として脇差を送った。

盛清は後に真田氏に従い、件の脇差も代々伝えられたという。




14 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/28(月) 17:24:07.13 ID:/kCfSaV/
鬼武蔵の話で死人が出ないばかりか、いい話だと?!

15 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/28(月) 17:58:30.79 ID:dA/DcY9o
いや、さんざん殺して逃げ切った後の話だしw

18 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/02/28(月) 23:06:32.30 ID:DgFpWwK1
やる夫スレでも聞いた話だ。たしか撤退する時に豪族の家族を貼り付けにして動きを封じて
安全圏まで到着したら皆殺しにしたんだったか。そういや盛清さんの家族は無事に返してもらえたのかな?

19 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/01(火) 00:40:52.31 ID:02fz7yr4
親父は立派だったのに・・・
http://www.jiji.com/jc/v4?id=usayama010001&rel=y&g=soc

20 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/01(火) 01:16:51.86 ID:R3akNM3Z
>>15
逃げ切った後は殺さない、いい話じゃないか

21 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/01(火) 09:47:23.78 ID:ohnobuHc
>>13これ森さんじゃなくて出浦さんのいい話じゃないか?

森長可、高遠城二の丸にて

2011年02月28日 00:00

森長可   
25 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/27(日) 19:47:46.63 ID:QrPs821e
天正十年三月、織田信忠率いる3万の兵が、武田勝頼の弟・仁科五郎盛信が篭る高遠城に押し寄せた。
織田軍は、画期的な戦法で高遠城三の丸を難なく落としたが、二の丸で保科正直と小山田兄弟に阻まれた。

「いやぁ流石に名高き槍弾正と小山田備中の子ですなあ。」
「くそ、ここまで来て・・・」
「殿、それがしに考えがありまする。」

なおも激しく渡り合う織田軍と城方の間に、突如織田軍の軍使が分け入った。
「待った!もはや両軍とも兵が疲れ切っておる。ここはいったん戦を止め、とりあえずの和議を結びたい。
保科殿、出ませい!話がしたい。」
これに応じた正直が数人を連れて二の丸を出た瞬間、織田軍が閉めかかる二の丸城門目がけて殺到した。

「なッ!こ、これはどういう事だ!森殿っ!!」
森長可は、平然と答えた。
「どういう事も何も、そういう事にゴザルよ。あっ、そこの保科家のみなさーん!殿様の命が惜しければ、
抵抗しないで城を出て降伏してくださいねー!?」

どうする事もできない保科隊は戦闘を放棄し、もはや戦線を支えきれなくなった小山田兄弟は二の丸を捨て、
本丸へ逃げた。正直は、なおも勢い止まらぬ織田軍と、火の手上がる本丸を呆然と見つめるしかなかった。

「あ、あのー森殿、ウチのカミさんなんかが、本丸に人質として上がってるんですが・・・・・・」
「だからなに?」

“御前は跡部越中娘なり。此節御篭城、春日仁左衛門、伊沢清左衛門付奉る。本城へ火懸りける故
櫓の下へ退け奉る。然れども遁げ奉るべき様なく、其にて指殺し奉りけり。両士も其にて切腹す。”
(赤羽記より)


http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-667.htmlとか
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-4467.htmlとか
鬼武蔵の策はストレートでわかりやすいが、普通の人間には考えつかない斬新?なものばかりである。




26 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/27(日) 20:01:19.69 ID:lYWp09jk
長野県の有名な県歌「信濃の国」の歌詞では何故か仁科の五郎信盛と
名前を間違えられてる盛信さん

27 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/27(日) 20:04:50.26 ID:/unBM87l
三の丸だけじゃなくて二の丸でもやらかしてたのかこの男・・・

28 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/27(日) 20:22:08.60 ID:3Bm3Jvq3
> 「あ、あのー森殿、ウチのカミさんなんかが、本丸に人質として上がってるんですが・・・・・・」
> 「だからなに?」

笑った後恐ろしくなった

29 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/27(日) 20:26:49.63 ID:T3hIjH2I
長可は武辺とかじゃなく、本当に人間のクズだな

30 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/27(日) 20:30:47.31 ID:zdv3KEUf
万が一徳川幕府の時代まで生き残ってたら
まず改易されるタイプですね。
森家は射殺してくれた人に感謝しないと

31 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/27(日) 20:32:51.34 ID:dPVdBXnl
「あ、あのー森殿、ウチのカミさんなんかが、本丸に人質として上がってるんですが・・・・・・」

「それは知らなんだ(嘘)それならそちを先陣に命じるゆえその手で救出して参れ」

とか言われるよりはストレートでいいような気もする・・・
まあ絶対に関わりたくないが

32 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/27(日) 20:49:51.75 ID:PdJoiQKp
保科正直は槍弾正じゃないんじゃないのか?槍弾正は保科正俊だろ
あと保科正直は戦闘放棄して城をおちたとは知ってたけど降伏してたのか?

33 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/27(日) 21:09:13.34 ID:Z0G8ufqP
名高き「槍弾正と小山田備中」の子
という意味ではなかろうか。

34 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/27(日) 21:10:00.18 ID:lNPWpYxh
>>32
「子」は「槍弾正」と「小山田備中」の両方に掛かってる

36 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/27(日) 21:52:09.52 ID:PdJoiQKp
了解読解力なさすぎワロタ・・・
ちょっと腹切ってくる

37 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/02/27(日) 22:31:52.51 ID:9fjpSBt7
>>28
逸話を見る限りだと、やっぱり長可って、こういう、自分より立場の弱い相手に
とことん傲慢に振舞うという話ばかりでどうにも好きになれんな。

しかも、ここ一番で何ひとついいところを見せられないまま討ち取られる情けなさといい、
こいつを猛将といっていいのかどうか

38 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/27(日) 22:53:43.83 ID:4D5OwtqH
アンチが付くとは有名になったもんだな

39 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/27(日) 23:03:00.56 ID:XT+Z8cch
喜ばしいことだw
鬼武蔵もさぞや満足だろう

40 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/27(日) 23:04:48.81 ID:AKTMuzPa
>>38
いい悪いスレでブレイクするまで、この戦国板ですら「森長可?ああ蘭丸の兄貴にそんなのいたね」
くらいの扱いだったしなw

41 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/02/27(日) 23:09:53.46 ID:/unBM87l
江戸期の当主が下衆だけど政局には敏感な忠政で良かったねというのは思います。
[ 続きを読む ]

子安観音像と稚児岩

2010年10月03日 00:01

森長可   
393 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 10:28:59 ID:w13yJNxh
子安観音像と稚児岩

昔々、森長可の家来で加藤彦右衛門という人が駄知に来て暮らしていたそうな。
この夫婦には子供がいなかったので、森長可にもらった観音様に一心にお祈りして過ごしておった。

ある夜、その観音様が夢に出てきて「ここの西南の山上に池がある、私をそこに安置すれば子供を授けよう」
とお告げがあった。
夫婦は喜んですぐに観音様を捧げにやってくると、滝が洞と呼ばれる場所で不思議なことに観音様が
ピタリと動かなくなりそこに観音様を安置した。

それから夫婦は毎日お祈りしていると、ある日急に空がかき曇り恐ろしいほどの夕立ちになった。
その時谷底から『おぎゃあ、おぎゃあ』と赤ん坊の声が聞こえてくる、びっくりした夫婦は岩間を下っていくと
谷底には大きな岩があるだけで赤ん坊の声も止んだそうな。
暫くして夫婦には玉のような子供が授かり、それ以来この岩を稚児岩と呼ぶようになったということだそうな。
めでたしめでたし。

なお岐阜県土岐市駄知町滝ケ洞にはその子安観音像と
市の天然記念物となった稚児岩が今でもあるので見に行ってみるのもいいかもしれません。




394 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 10:39:01 ID:CM7Ms4Dc
その時谷底から『ヒャッハー!、ヒャッハー!』と・・・

395 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 10:46:52 ID:cX7UD6cm
>森長可にもらった観音様

鬼武蔵が部下に観音像をあげるところが想像できんw

396 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 10:48:53 ID:0bme+/ia
>>394節子、それ観音は観音でも官能や
>>395節子、それ観音は観音でもkanon砲や

397 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 11:06:51 ID:V0XspFH5
あれ、変だな……
鬼武蔵関連の話なのに死者が出てないぞ?

398 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 11:07:26 ID:Wwlq0/Du
鬼武蔵がどうやって観音様を手に入れたのか想像してみろ

399 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 11:19:05 ID:VDAyUinF
その話を聞いた鬼武蔵は「よし!おれがその観音を退治してくれる」と言って...
と続いてない!?

400 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 11:28:12 ID:aITsItpb
森武蔵でいい話?ということに不信をいだいて、ググってみたらこんなサイトが
ttp://www.geocities.jp/ukikimaru/ran/ranmaru/tounou.htm
上記の話の紹介に続き
"また、別の話に、彦右衛門を兄の仇と知った妻が彼を殺してしまうというものもある。
その後、産まれた子がこの岩で遊んでいて転落死したので「稚児岩」と言ったともいう。"

・・・こっちが正解だな。森武蔵的に考えて


401 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 12:01:22 ID:McvgxLqt
観音様から授かった子供なのに最後に転落死って・・・
まんが日本昔ばなしでやったら苦情がくるわwww

402 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 12:49:32 ID:w13yJNxh
>>400
知ってはいたが、いい話の方を採用してみた。
後この稚児岩は推定重量が13tで一説によると武蔵坊弁慶がわざわざ持ってきたとか…


403 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 13:22:36 ID:V0XspFH5
>>402
駄目じゃないか、鬼武蔵の関わる話でいい話の方を採用しちゃあw

404 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 13:32:03 ID:w13yJNxh
>>403
むしろこういうリアクションを望んでいたんだw

405 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 14:31:41 ID:lnYRLqnQ
鬼武蔵にもわりといい話あるよ
橋番のうち幼子のいる1人は殺さないであげた(半殺しで済ませた)…とか

406 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 14:45:45 ID:nF2opseC
>>405
さしもの鬼武蔵も幼子には弱い…てことか。
ねじり切っちまいそうだが。

407 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 14:53:33 ID:McvgxLqt
そんな鬼武蔵も娘の将来を案じて結婚相手は医者にするよう遺言


408 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 17:02:03 ID:GMgWa4Ld
外に厳しく身内に甘いってのはヤクザの(ry

410 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 21:03:46 ID:4G9gYVJB
その子供、成長したら武蔵の再来と呼ばれるほどのヒャッハーになるんじゃ…


411 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 22:58:41 ID:5FYquMoc
>>396
長可「ボクの事、忘れて下さい」

412 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 23:09:02 ID:aITsItpb
>>411
そのカノンじゃねえw
謙信「四十九年 一睡の夢」
信長「人生五十年 化転のうちにくらぶれば 夢幻の如くなり」
光秀「五十五年の夢 覚めくれば一元に帰す」
秀吉「難波のことは夢のまた夢」
家康「浮世の夢は 暁の空」
鬼武蔵「夢、夢をみている」

あまり違和感はないか

413 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 23:14:25 ID:nk2k5FaC
>>407
立場とかで物理的に打撃を与えられないヤツを薬殺するために
医者を抱えこみたかったと考えてしまうのは毒されすぎなんだろうか?w

414 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 23:46:32 ID:anEMn6Cn
しかし鬼武蔵も数百年後に電子掲示板で自分のことを噂されるとは思わなかっただろうな

415 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 23:53:30 ID:OvfGDIy3
四百年後の未来でまで武勇を語られるのは武門の誉れw

416 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 23:53:47 ID:8qQCR0pb
>>407
そうそう、身内に医者がいるとヤバイあの薬も簡単に入手・・・
っておいw

人質同然な政略結婚が当然の戦国時代に娘の幸せを願ったいいい話なのに
ひどい言われようだw

417 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/03(日) 00:29:40 ID:DOKnMM4F
むしろ鬼武蔵はいい話があるほうが恥だから。

418 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/03(日) 00:50:53 ID:jpPPTztP
>>415
蛮勇じゃなくて?

419 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/03(日) 06:29:22 ID:rDWF7/Cl
つか当時のひとも長可さんのことをこんな感じで噂してたりしてw
400年後の未来にさらにネタ化した鬼武蔵ががが

420 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/03(日) 06:32:52 ID:2/reILwL
そのうちご当地のゆるキャラになったり萌美少女化されたり
挙句の果てには男の娘化したりされるんですねわかります

421 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/03(日) 06:41:33 ID:rDWF7/Cl
ああ戦国ランスが歴史教科書になる日もあるかもな

422 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/03(日) 07:42:17 ID:1Xhm9hOd
鬼武蔵「く くやしい でも感じちゃう!」

423 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/03(日) 10:20:47 ID:mTXqrpKo
ビクンビクン!

雑談・鬼武蔵は基本ヒャッハーだろw

2010年09月19日 00:01

森長可   
78 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/17(金) 23:39:20 ID:sEKW0D8z
鬼武蔵は基本ヒャッハーだろw

79 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/17(金) 23:41:42 ID:jN/nWgtP
いい話と悪い話があったら、悪いほうが鬼武蔵らしいからそっちを採用すべき。

80 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/17(金) 23:59:18 ID:dWH4mRBZ
戦国ちょっと鬼武蔵22

みたいなスレがあったらそれでいいんだけど

81 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 00:10:25 ID:AGBBTU9G
戦国いつもの奴らの話 ならちょっと欲しい。
DQNの絡む美談系のネタ投下するときいつも悩む。

82 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 00:18:03 ID:RG2IJuJt
春は、ヒャッハァー!
やうやう白くなりゆくヒャッハァー!
少し明かりて紫ヒャッハァー!雲の細くたなびきたる。

夏は、ヒャッハァー!
月の頃はヒャッハァー!闇もなほ。ヒャッハァー!の多く飛び違ひたる。
また、ただヒャッハァー!二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。ヒャッハァー!など降るもをかし。

秋は、ヒャッハァー!
ヒャッハァー!のさして、ヒャッハァー!の端(は)いとヒャッハァー!なりたるに、
ヒャッハァー!の寝どころへ行くとて、三つヒェッハァー!、二つヒャッハァー!など、飛び急ぐさへヒャッハァー!なり。
まいてヒャッハァー!などの列ねたるがいとヒャッハァー!見ゆるは、いとヒャッハァー!。
ヒッ入り果てて、風のヒャッハァー!、虫のヒャッハァー!など、はたいふべきにヒャッハァー!

冬は、つとめて。
雪の降りたるはいふべきにもあらず。
霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎ熾して、炭もて渡るも、いとつきづきし。
昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりて、ヒャッハァー!

83 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 00:19:52 ID:AGBBTU9G
秋落ち着けw


84 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 01:07:12 ID:dlE442E3
冬元気ないぞww

85 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 03:05:32 ID:WcBfBgWi
はらいてえwww

86 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 05:05:18 ID:bSyrjz9G
鬼武蔵が冬より秋が好きだ、ということが分かった。

87 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 08:43:35 ID:l2vAJa9T
秋は飽きないんだよ

89 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 10:38:43 ID:y0Ha0q+6
春を愛する人は 心清き人
どさくさまぎれに城を攻める 僕の友達

夏を愛する人は 心強き人
一向宗を撫で斬りにする 僕の親方

秋を愛する人は 心深き人
勢いで村を焼いてまわる 僕の与力

冬を愛する人は 心広き人
ムカついたら斬るのが普通 鬼の長可

「徳沢」由来

2010年09月19日 00:01

森長可   
88 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 10:36:32 ID:OMI2iH/q
>>49の載っていた本にちょっとショッキングなお話も載っていました。
みんなの夢を壊してしまうかもと投稿をすこし躊躇しましたが、
しょせん地元の言い伝えですので、こんな事もあるのだと思って読んでください。


伊岐津志と兼山の境に「徳沢」という沢があった。
しかしこの沢はもっと昔には「毒沢」といったらしい。
その名の由来は、この沢には「ドクボボ」と呼ばれる実がたくさん生えており、
このドクボボを馬が食べると死んでしまうので毒沢と呼ばれていたのだ。
金山の領主である森家は可成の頃からこのドクボボを馬が食べないよう気をつけており、
長可が領主になった時には長可の愛馬である百段という大変賢い馬がいつもドクボボを
見つけると嘶いて他の馬が食べないよう教えていたという。

そして本能寺の変が起きた。
強大な後ろ盾を失った長可が信濃中の国人達に狙われながら金山へ帰還しようとしていた頃、
米田城主の肥田玄番が長可の留守を狙い、金山に兵を進めていた。
玄番の軍が毒沢に差し掛かり少し休憩を取っていると、疲れた馬達はその辺に生えている
ドクボボを食べ始めた。
無論それが毒である事など玄番の軍の者は誰も知らないので止める者はない。
再び金山に進軍し始めた頃、馬がころころと倒れみんな死んでしまった。
なぜこんな事になったのかわけの分からない玄番は、「えらいことになった!何かの祟りか!
金山攻めは中止だ!」と慌てて引き返していった。

それから二、三日後、長可が無事帰還して金山は取られずに済んだ。
その後、 森 長 可 の 徳 の お 陰 で 毒沢にドクボボがあり、
城を取られずに済んだのだと、「毒沢」を「徳沢」と呼ぶようになったという。


血なまぐさい地名が鬼武蔵がらみで良い地名になった、悪い話。




90 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 10:44:06 ID:eMJSs3mu
> 徳 の お 陰 で

ドクだけに

91 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 11:01:25 ID:FW58ulb5
つーか毒草の群生を放置していたんだからむしろ猟奇的だわな。
そこを「徳」と呼ぶことも含めてw

92 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 13:25:39 ID:qWU0JQE0
祟り神を祀って自然の猛威から身を守ろうとするのに似た思考を感じるな

93 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/09/18(土) 13:40:06 ID:Cb59nVXa
問答無用で悪い話かw
つか、百段は頭までいいのか。

94 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 13:52:54 ID:RG2IJuJt
祟り神(長可)を祀って、自然の猛威(鬼武蔵)から身を守るか・・・

95 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 14:52:54 ID:Dy+wWLR4
実は鬼武蔵と磔右近はスタンドで本体は百段の方だった説

96 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 18:27:45 ID:dlE442E3
>>88
百段はかしこいなあ

97 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/09/18(土) 18:32:39 ID:QCArhsVD
ドクボボって今もあるのかね?


98 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 18:37:05 ID:f5wL+TE+
ボボって言葉さあ・・・
いや、何でもない・・・

99 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 18:40:38 ID:VSIcDHaI
鬼武蔵が植物を庇護した、良い話www

102 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 19:26:25 ID:L+tEVQpK
>>98
お主九州の者だな

103 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 19:30:02 ID:f5wL+TE+
>>102
今は九州方言だけど、江戸時代の頃はかなり広範囲でつかわれた言葉・・・・何でもない・・・

104 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 19:33:04 ID:g2BZz+or
>>98
飛騨だと子供って意味だな

105 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/09/18(土) 19:36:11 ID:oNenYMRc
さるぼぼってそういうことかw

107 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 19:36:52 ID:f5wL+TE+
>>104
どっちなんだろうか。
まあ、オオイヌノフグリなんかと同じノリの名づけ方だよ。
ドクボボ・・・

森長可の御嵩城攻めと、代わりの城と小栗信濃守

2010年09月17日 00:00

森長可   
49 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/16(木) 16:33:40 ID:rjnXuyKN
森長可が本能寺の後美濃で大暴れしていた時の事である。
既にいくつも城を落としている長可は勢いに乗って小栗信濃守の御嵩城を攻めていた。
だがこの城、随分と古く大して堅固な城でもないのに長可は手こずっていた。
それは城のせいではなく、総攻撃を掛けようとする度に途端に濃霧が発生し
進軍できなくなってしまうからだった。
噂によると霧は自然のものではなく、城の守り神の大蛇が城を護る為に霧を
発生させているらしいのだ。
長可はこの先何度攻めようともその度に濃霧が発生していては到底落とす事は
敵わない、と落城させる事を諦め、小栗信濃守と和睦をする事にした。
和睦の条件は、「御嵩城を攻めるのはやめるが、どうしてもこの地の城が欲しい。
自分が新しい城を用意するのでそっちへ移ってはくれまいか」というものであった。
信濃守は「霧のお陰で助かっているが、城自体は古いしロクなものでもない。
万一霧が出なければ鬼武蔵に攻められて皆殺しにされるだけだろうし、和睦できる上に
新しい城をくれるというなら願ってもない話じゃないか。」そう考えて和睦に応じ、
長可に降る事を了承した。
だが相手はあの鬼武蔵。もちろん本当に城が出来るまでは信濃守は動かない。
長可は金山の城を改修させている大工をそちらへ回し、大急ぎで約束通り別の場所に
城を築くよう命じた。
やがて思いの他立派な城が建ち、これは有難いと信濃守は喜んで御嵩城を明け渡し、
両者の和睦が成ったのであった。

だが信濃守がいざ住んでみると、この城、見かけは立派だが使い勝手が非常に悪い。
あまりに住みづらいので侍女達の文句も続出。
信濃守は仕方がないので使い勝手の悪い場所を改修する事にした。
だが、改修のため大工を入れたその瞬間、

「俺が建ててやった城が使いづらいだと?!恥かかせやがって!」

いくらも住んでいない信濃守以上にこの城に詳しい鬼武蔵が大軍勢で攻めてきたのである。
そうしてあっという間に城は落ち、信濃守は自害したのであった。



最後に地名シリーズ。
小栗信濃守にははたちになる娘がいたのだが、落城の折、囚われの身となる事を嫌って
城山の崖から下の川に身を投げた。
その地は「はたちが原」という地名で今に残る。




50 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/16(木) 16:40:51 ID:8pWaWmOe
このあと大蛇は鬼武蔵がおいしくいただきました

53 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/16(木) 18:42:02 ID:xuP93Zps
>>49
鬼武蔵の悪知恵なのだろうか…いやでもまさかな
そこまで住みづらいとは一体どんな城にしたんだw

54 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/16(木) 18:47:51 ID:sMqiiZhr
知恵だったらまだしも、武蔵さんは本能の赴くままに・・・

55 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/16(木) 19:18:48 ID:b7zc7zoE
>>53
ウィンチェスターハウスみたいな城だったりしてな

56 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/16(木) 21:56:59 ID:/92+2+qZ
>>49
ひでえwwwクソワロタwww

57 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/16(木) 22:08:20 ID:TjbtSyKe
一度は聞いてみない、長可のちょっといい話。

58 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/16(木) 22:08:37 ID:bHcGGIHT
鬼武蔵「貴様の死によって聖帝十字城は完成するのだ」


59 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/16(木) 22:11:36 ID:qU44D37f
>>53
当時侍女の一番の仕事は水汲みだからな
水場が台所から遠いとかじゃね

60 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/16(木) 22:44:00 ID:OpAKQsFz
そういえば大学時代に住んでたアパート、
8部屋が”ユニットバス”2つを共用する謎設計だった。

森さん施工のもどうせそういうのだろ。

61 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/16(木) 22:47:08 ID:udHeNCzh
御嵩ヒルス森タワー

75 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/17(金) 16:33:20 ID:fVipxxa+
>>49
http://www.geocities.jp/utinomyuchan/gifu_files/mitake.htm

何かちがうお。

77 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/17(金) 23:27:56 ID:ukM0ikOF
>>75
すいません。まとめの方にも書いたんですが、>>49は兼山に昔から伝わっている話を
まとめた本がソースなのでいろんな所が適当だったり逸話がごっちゃになってるみたいです。
地元の伝承として読んでください。

あと分かりづらかったみたいですが、これは鬼武蔵の策です。

鬼武蔵の秘策

2010年07月28日 00:00

森長可   
182 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/26(月) 21:45:22 ID:aZnUjsxZ
鬼武蔵の秘策

天正10年(1582年)、森長可は東濃の反抗勢力征伐の為の戦いを続けていたが、夏ごろには
斎藤玄蕃の守る加治田城という城と対峙していた。
しかしながら「却敵城」の異名を取るこの加治田城、なかなか一筋縄では行かない。
森軍ははっきり言って攻めあぐねていた。
業を煮やした長可はついに自ら出撃。指揮を執るべく前線部隊へと合流すると
加治田城攻略への策を考える事になる。

加治田城兵は加治田城へと攻め登る間道、要害の至る所に配置されており、まともに攻めれば
待っていましたとばかりに攻撃を加えてくる・・・

そこで長可の考えた作戦というのは実に単純明快であった。「 正 面 突 破 」である。

要するに馬鹿正直に間道など使わずに道なき道を正面から突っ切り、加治田城を一気呵成に叩くという
作戦だった。
しかし、当然の如く山城において人が攻めてくる訳が無いと想定されている場所から攻め登る訳なので
どうなるかは分からない。
一応は地元民からの聴取ぐらいして、踏破した者が誰か居たのかもしれないが鎧武者が登り、
しかも城を落とすというのはやはり前代未聞である。

しかしながら鬼武蔵が言うなら家臣は首を縦に振るしか無い。直ちにこの登山作戦は実行に移された。
そして、森軍は気合で道なき道を踏破し、加治田城へと取り付くことに成功したのだった。
そして栄えあるこの城攻めの一番槍は・・・

長可「加治田城兵は消毒だー!」
門番「ぬわー!」

登れると豪語した鬼武蔵が家中髄一の体力を見せつけ、そのまま家臣を置き去りにし一番槍を取った。
その後、山攻めには慣れている森軍の兵士たちも続々と山道から現れ、加治田城へと雪崩れ込む。
全く想定外の所から現れた森軍の攻撃に殆ど間道や要害への配置に回していた加治田城は
敢え無く陥落してしまった。

こうなればもう策は必要ない。隠れている場合ではなくなった加治田城兵が城を取り返そうと
包囲しに来た所を普通に道から攻めてきた森軍の後詰めが寄せれば素敵なサンドイッチの完成である。
こうして加治田城は森軍の手に落ちたのであった。




183 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/26(月) 22:02:00 ID:fnOpRwVR
いろいろ致命的にオカシイところがある気がするが
城は落ちたし結果オーライだな!

184 名前:奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM [] 投稿日:2010/07/26(月) 22:41:04 ID:t7HhmRrY
ぼくの地元を蹂躙しないでください・・・

185 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/26(月) 22:51:04 ID:ySbbHPvj
もう500年も前の事だから細かい事は気にすんなwww
って鬼武蔵が人間無骨を手に取りながら仰ってます

186 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 00:40:07 ID:5wNHLyDt
高遠城攻める時も諏訪から杖突峠通って途中から道を無視して月蔵山(1192m)に突っ込んで
高遠城東口に陣取るというハイキングしてるし加治田城のある古城山の踏破ぐらい目じゃあるまい。

187 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 09:19:42 ID:422NLvgb
森ガールならぬ、森ボーイですな

188 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 11:08:16 ID:pqoQfwS+
森長可と佐々成政が組めば、富士山八合目の城だって落とせそうだな。
ひょっとしたら天空の城だって落とせるかもしれん。

189 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 11:11:31 ID:AxmUv2zH
この城も不快の森に飲み込まれたか・・・

190 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 11:19:02 ID:pC4f9Dmc
本能寺に鬼武蔵が同行してたら光秀なんか返り討ちですよ

191 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 11:21:41 ID:c+M6U1BB
光秀は鉄砲の名手なんだぜ。
眉間打ち抜かれるぞw

192 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 11:22:47 ID:gAabla/G
鉄砲はらめぇ

193 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 12:38:58 ID:VO3EgTl+
ドラキュラには十字架
狼男には銀の銃弾
鬼武蔵には火縄銃

194 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 17:52:00 ID:aTDrxGwh
おまえら考えろ
鬼武蔵さんは撃たれたんじゃない、自ら当たりに行ったんだ(キリッ

『鬼』の風化

2010年06月27日 00:00

森長可   
580 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/26(土) 13:28:42 ID:UPakxgY5
男が尾張岩作の安昌寺を参拝したついでに、池田恒興の供養塚を見に行くと、畑の外れに塚が立っていた。

「勝入(恒興)が討ち死にしたのは、畑の中に陣取っていた時じゃなかったのかね?」
男は近くにいた百姓に聞いたが、
「へぇ、確かにその向かいの畑ン中でしたが、そこに塚なんぞ立てても、わしらの収入が減っちまうんでね。
そんなこと言ってたら、後の世の人間が『当時は、そんな細かいこと気にしてたのか』って笑いますぜ。」

まさかと思った男が森長可の供養塚に向かうと、案の定これも実際の死に場所から五、六反(約11m)離れている。
男は、これについても百姓に問い質した。
「確かに長可公の遺体が、ここに落ちてたんで立てたんですがねぇ・・・」

「いや、長可が眉間を撃たれて落馬した時、家臣が遺体をかついで逃げたんだ。そこに本多八蔵が追いついて、
置き去りにされた遺体から首を取ったのさ。だから、実際に死んだのは五、六反ほども向こうだよ。
オレは、それを見たんだから。」
「お侍さん、面白ぇこと言うなあ!」百姓たちは、男の言葉に笑った。



笑い事では、なかった。

男の名は、丹羽氏次。尾張岩崎城主である。長久手の戦いの時は、徳川軍の先鋒に加わり、城を留守にした。
主不在の城は池田軍に攻められ、留守部隊は良く守ったものの、森長可の突撃を受け、落城。
城を守っていた氏次の妻の兄・加藤忠景、実弟の氏重など留守部隊三百の兵は、長可に皆殺しにされた。

一族の仇、『鬼』と呼ばれ世を騒がせた男が風化して行く現場を見た氏次は、複雑な思いで長久手を去った。




581 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/26(土) 13:35:40 ID:d+CylV+5
そこは笑った百姓を皆殺しにしないと

582 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/26(土) 14:09:28 ID:Y43vLrVE
 

583 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/26(土) 20:21:08 ID:s+9sBRx2
武士の美学も、百姓の現実主義の前に打ち砕かれてしまうのであった…

584 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/26(土) 21:14:17 ID:qn+ejkgu
名誉もまた儚いものなんだなぁ

585 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/26(土) 21:46:52 ID:6jvVsr0G
超時空太閤H「露と落ち 露と消えにし なんとやら
      天下人となったわしの生涯でさえ夢のまた夢なのだから
      彼らのような者共の尚更じゃ」

586 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/26(土) 22:07:24 ID:0DfDK7C8
>>585
嬉やと 再び醒めて 一眠り 浮き世の夢は 暁の空
「まったく、夢のような一生でありましたな」

587 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/26(土) 22:16:46 ID:55XHXEAE
そしてさらばこの世

先に行く あとに残るも同じこと 連れて行けぬを別れぞと思う