東根景佐の予言

2011年04月02日 00:00

438 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/31(木) 22:51:58.29 ID:PY4FS6nc
東根景佐の予言

元和6年(1620)8月7日、体調のすぐれなかった東根景佐は嫡子親宜あてに遺書をしたためた。
「自分が相果ててしまったならば、源五郎様に相続の御礼に参上せよ。
また、源五郎様へのご奉公を大事にせよ。寄らしむべし、知るしむべし。
山野辺右衛門、小国日向(自分の妻の実家)、楯岡甲斐守光直の三人には、自分の形見を分け与えよ。
何ごともこの三人と相談すれば、悪いことはあるまじく候」と教え、
その末尾には驚くべき予言を書き残した。

もかミの御国三年と此分ニあるましく候~ハークションゲフンゲフン
「最上の国も、三年とはもつまい。せめて国替えにでもなったら(以下、意味不詳)」

数年後、遺書の予言通り最上家は改易された。




440 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/31(木) 23:30:07.35 ID:XaM+mHWG
最上が改易されたのは東根景佐の死の2年後だな。
スポンサーサイト