摂津・岡太神社伝承

2011年06月13日 00:01

618 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/12(日) 12:28:54.04 ID:8O7Zkq4A
初めて投稿させていただきます。

私の地元にある岡太神社の伝承

天正10年(1582年)
本能寺の変の後、備中の戦陣から大返ししてきた秀吉を、明智光秀の配下・四方天但馬守が摂津・三軒屋で
迎え撃った。

かなり酷い乱戦となり、但馬守と秀吉が一騎討ちする事態になり、但馬守が秀吉を組み伏せた。
これぞ好機と、但馬守は咥えていた刀で首を討とうとしたが、不覚にも歯が欠けてしまい刀を落としてしまう。
但馬守はその一瞬の隙を突かれて、秀吉を助けに来た加藤清正に討ちとられてしまった。

この時但馬守は「無念だから、これから歯の悪い奴を治してやろう。」と言い残したと言われる。

こうして岡太神社に祀られていた禳災の猪神・白山大神は、白山さん→はくさんさん→はくさ(歯瘡)さんとして転訛。
現在、岡太神社では歯神さんとして祭られている。

但馬守の歯の悪い話

ちなみにこの神社、小松内大臣こと平重盛の居館跡とも言われており、供養塔と碑と説明板があり、
別名・小松神社と言われています。




638 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/13(月) 09:52:24.01 ID:Js72Iwys
>>618
まさか大返しの話が歯の神様のいわれになると思わなくてワロタ
子供「ねえどうしてこの神社は歯の神様なの?」
大人「時は本能寺の変後、中国毛利氏と和議を結んだ秀吉が…」
子供「ぽかーん」
とか想像してワロタ

639 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/13(月) 10:51:23.68 ID:VUFOISIE
>>618
歯が欠けた無念で歯を治してくれたり
切腹したら痛かったからって「妊婦大変だな、助けてやるよ」ってなったりする
人のよさそうな逸話って面白いな

640 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/13(月) 12:17:15.42 ID:lvYh6W5a
俺「我が墓に詣でる者には必ず職を見つけてやろう」

642 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/13(月) 13:34:45.47 ID:LVG1aZr1
>>640
墓どこどこ?早く死んで!

643 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/06/13(月) 13:57:39.70 ID:Uos6U95N
俺「今後我が墓に詣でる者は、必ず不純となるべし」
スポンサーサイト