FC2ブログ

総じて城を囲む場合

2021年02月10日 18:25

931 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/02/10(水) 16:07:24.70 ID:Wd9sOa69
城を囲む時、仕寄り場を見聞しようと、その大将が進み出たのを、近習の輩が諫したが、
傍にあった老武者が申し上げた

「いやいや、少しも苦しからず。とくとく御出ありて、御心静かに御覧あるべし。
総じて城を囲む場合、初めのほどは、囲まれた城中は何かと騒ぎ罵って、大形の事には
目をかけぬものである。後になると、城中の人々もそれぞれ担当の持ち口を受け取り、
人気が立つと些かの事にも目をかけ、気を配るようになるもの故、人影を見れば
鉄砲を撃ち弓を放つようになる。その時は、卒爾に仕寄りの外には出ないものである。

かかるも引くも、時によるというのは、みなこのような心得を言うのだ。」

そう語った。

備前老人物語



932 名前:人間七七四年[] 投稿日:2021/02/10(水) 17:41:04.39 ID:l6iCHpTY
こういうのって一兵卒が組頭に
聞いたら「いちいち聞くな!」と怒鳴られ
聞かなかったら「誰に許可取った?!」と怒鳴られ
やらないでいたら「なんで撃たない!」と怒鳴られ
やったらやったで「勝手な事してんじゃねぇ!」と怒鳴られるからな
結局何をしてもしなくても趨勢にはさほど影響はない

933 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/02/10(水) 18:35:39.13 ID:pMpHBJJE
>>931
こういう戦さ場の呼吸というか駆け引きみたいな話、いいな
まあ眉唾の可能性もあるがw
スポンサーサイト



「どうする家康」について久能山東照宮の反応

2021年01月23日 17:26

537 名前:人間七七四年[] 投稿日:2021/01/23(土) 11:38:11.52 ID:+u5/bON7
https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/442313.html
2023年 大河ドラマ「どうする家康」主演は松本潤さん!


今、最も期待される脚本家のひとり・古沢良太が、新たな視点で、誰もが知る歴史上の有名人・徳川家康の生涯を描く。

ひとりの弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語




https://twitter.com/kunozan_toshogu/status/1352174799603159042
国宝 久能山東照宮 公式@kunozan_toshogu

番組名だとしても #どうする家康 と言うのは憚られるので、#如何される家康公 とか #如何なさいますか家康公 とか、何かしっくりくる表現はないものかなぁと思案に暮れる担当者です考えている顔

午後5:42 ・ 2021年1月21日

『武功雑記』より、雑記

2020年10月08日 17:23

620 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/10/07(水) 23:36:29.82 ID:GcERk3uE
武功雑記』より、雑記

加藤清正福島正則の不和
加藤清正より、福島正則に平野長元を遣わし申し入れようとしたのは「秀頼公のご恩をお忘れではないでしょう。そうであれば、わが軍の兵船があまたあるので、兵を乗せ、出船します。そのとき、福島殿も兵をあまた上らせてください。(途中に)家康の婿の池田輝政がいますが、押し攻め『フミツフシ』てしまえば、苦もないでしょう。そうなれば大坂までは『大道』を歩くよりも安心して進軍でえきるので、御意を得たい」という内容だった。
この件を申し入れる隙がなかったので、京都へ古田織部の茶会に正則が赴いたとき、長元も出向き、外露地で「卒度」(そっと)申し伝えると、正則は「いやいや、それがしは承知しがたい。家康公から大国を賜った厚恩は忘れがたい」と返事をした。
このことを長元が帰国して清正に伝えた。すると、清正は「福島はさてさて、ふがいない者だ」と腹を立て、清正と正則の仲が悪くなった。長元は平野長泰の弟である。(平野権兵衛から話を聞いた)

・島津維新の親父ギャグ
島津義久(ママ、義弘)は剃髪して維新と号した。大脇差を差し、樫の木の棒を常についていた。
あるとき、小姓たちが囲炉裏にて、火箸を焼いて慰みにしていたところに義久が現れ、小姓たちは驚いて火箸を灰の中に差し込んだ。
すると、義久は知らずに火箸を握ったが、少しも熱いという表情をせず、火をおこし、静かに灰の中に差し込んだ。
のちに西郷壱岐守に語ったのは「小姓どもが悪さをして手を焼かされている」といって、手を見せると「手ノ内焼フクレ」ていた。

・やはり面倒くさい三河武士(というより彦左)
永井善左衛門の邸宅へ板倉重宗が振る舞いに出向いた。相客は石谷十蔵、横田甚右衛門(尹松)、井上太左衛門、戸田半平、大久保彦左衛門(忠教)、今村九郎兵衛だった。
このとき、今村は鑓奉行、大久保は御旗奉行だった。
今村が言い出すには「それがしは小牧長久手のとき、人が十人で挙げるほどの手柄をどの鑓合戦の場所でも立てた。それなのに何のお褒めもなかったが、彦左はなにも優れた手柄がなかったのに、よい役職を得ているのはなぜだ?」と問うた。
彦左衛門が返答したのは「それがしは鬼神のごとくに聞こえたる岡部元信を長篠で切り落とし、本多主水に首を取らせた。そのほか『チクチク』(細々)としたことはあまたあるが、甲州者みたいなやつから逃げたことは功名なのか?」。
(元武田家臣の)横田はそれを聞いて、「それがしが(武田方として徳川軍の攻勢から)高天神城に籠城したのは運を開くためではなかった。勝頼が(後詰めに)同心しなかったので、仕方なく務めを果たし、どうしようもなくなれば敵を切り抜け、勝頼の元に参るという君臣のちぎりをかわしていたからだ」。
それに彦左衛門は『(城の)狭間くぐり』というのだ」。
横田は「何を言うか。三河者の頭の上を越えて活路を開いたのだ。手助けする者もいなかった」。
彦左衛門は「その(手柄の)ほかになにかあるのかねえ(何ソアルベキカヌ)」
横田は「(本能寺後の)蘆田小屋(春日城)でも前のように私こそ働いた」。
彦左衛門は「いかにも蘆田小屋では横田が逃げたとは聞かなんだ」。
横田は「これを聞かれよ。三河衆は『口ガワルクテ』人の武功に難癖をつける『意地ノアシキ』ことだと言われている。近藤石見守に起請文を書かせて語らせれば、有り体に話してくれるだろう」。
そのとき、板倉重宗は「みんなもう、老年なんだから、孫や子のことだけ考えていると思ったが、武功争いをしているのは近頃、珍しいことだ。若い者のためにもいいことだ。気が済むまで争ってください。とてもいいことですよ」。
その言葉で座敷は静まりかえった。

・信長と根来衆と餅と馬糞
根来を織田信長が天下(畿内)を取る3年前に通ったとき、根来の法師は信長が器量の大きな人と思っていた。
そこで大きな折を進上しようとをこしらえ、3つ進上した。
信長は馬上でそれを見て、「奇特である」と言い、折を開けて笄で餅を貫いて食べ、そのほかの折は「侍ども、食べるがいい」、大庭にぶちまけると、餅が馬糞の上に転び出た。
すると、どの侍もちょうだいして食べた。
その様子を根来の法師は見て、「位のある大将だ」と感じ入った。
その後、信長が天下を取って根来に軍事行動すると、かの人は怖じ気づき、さっそく降参した。



621 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/10/08(木) 00:54:40.99 ID:ehS9sQ5G
この辺りから実像と違う通説の福島や加藤像とか信長像が若干できつつある感じしますね

622 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/10/08(木) 01:32:01.01 ID:hneWQDBE
「甲州ものなどに、逃げたるが高名になりたるがあると云。」は
 甲州の者で、逃げたのが武功であるかのようになってる者が居る(と謂われてる)な

「三河のものゝ頭の上をこえて通りしに、手さすものもなかりし」は
 (狭間をくぐるようにこっそり逃げたのではなく)三河者の頭の上を越えて活路を開いたが、(三河者で)手を出してくる者もいなかったぞ

ではないかと

>岡部元信を長篠で切り落とし、本多主水に首を取らせた。
『三河物語』でも特記してる位の彦左衛門の(本当は)高天神城での自慢話のついでに
第二次高天神城攻防で脱出した横田をあてこすってるというのがこの話の流れかと

余談
「大久保党が徳川家裏切ったことがない」って話で大久保VS横田の第ニラウンド始める模様

酉刻の終わり頃、伏見に光物があった

2020年08月15日 17:13

265 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/08/15(土) 10:24:36.16 ID:jjtTjOVp
慶長十一年五月二十五日、酉刻の終わり頃(午後七~八時頃)、伏見に光物があった。唐傘ほどの光物が
城より出て、豊後橋の通りあたりで落ちた。その後に小さな光物が同じように出て、同じ通りに落ちた。

また同月十三日に、伏見古宮より挑灯程の光物出て、これも先の通りに行き落ちた。
又加藤主計頭(清正)の屋敷より、行燈程の光物が出てすぐに落ちた。
愛宕山にも唐傘程の光物が有ったと、今日の町人たちは云った。

又、「やぶれ車」という変化の物が京中にあり、これは車が通る音がするが、その方向を見ても目には
見えない物であった。
昔年に二度このような怪異が有ったが、二度とも凶兆であったという。

当代記

謎の発光現象についてのお話



266 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/08/15(土) 10:42:47.13 ID:C5/zy7y4
なんかの実験やろ

271 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/08/15(土) 21:19:34.63 ID:5EtuP/f0
>>265
>>268
    r⌒\// ////:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ //// //
    (´ ⌒)\ ///::::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|// //
ポッポー ||  \|:::     ( ( /    ヽ) )+     ;| _/ /ヽ        /ヽ
     人   ...\    +  ) )|~ ̄ ̄~.|( (       ;;;/ /   ヽ      / ヽ
    (__)     \    ( (||||! i: |||! !| |) )    /__/U  ヽ___/  ヽ
また (__)天狗か .\+  U | |||| !! !!||| :U  /__/   U    :::::::::::U:
    (・∀・#)       \   | |!!||l ll|| !! !!|/| | 天 // ___    \     ::::::::|
  _| ̄ ̄||_)        \∧∧∧∧/  | | 狗|   |    |  U     :::::::::|
/旦|――||// /|      <   天 >  | |  |U |    |        :::U::|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |      <   狗 >      l ├―‐┤   U   ...:::::::/
|_____|三|/      < の の >     ヽ      .....:::::::::::::::::::::::<
────────────< 予 仕 >─────────────
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \< 感 業  >天狗じゃ!天狗の仕業じゃ!   
/⌒ヽ  / ''''''     ''''''  ヽ<.!    >こういう天狗のように鼻が立ってたのが
|  /   | (●),   、(●)   | ∨∨∨∨\天狗の天狗なんだよな今の天狗は
| |   |    ,,ノ(、_, )ヽ、,,     / ヤダヤダ \天狗の天狗を知らないから
| |   |    `-=ニ=- '    /〃〃∩  _, ,_  \天狗の仕業じゃ!  , ;,勹
| |   !     `ニニ´   `/  ⊂⌒( `Д´) <\          ノノ   `'ミ
| /    \ _____ /      `ヽ_つ ⊂ノ    \        / y ,,,,,  ,,, ミ
| |    ////W   / )、._人_人__,.イ.、._人_人_人     / 彡 `゚   ゚' l
| |   ////WW /<´ 天狗じゃ!天狗の仕業じゃ!>\  〃 彡  "二二つ
| |  ////WW /    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒   \|  彡   ~~~~ミ

わいの先祖。

2020年08月13日 18:08

253 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/08/12(水) 20:09:10.92 ID:z6EQmOdD
わいの先祖。
近江の土豪で蒲生氏郷に使え会津まで付いてくも、当主の早死にが続き減封でリストラ。
運良く近江の名家京極家にデューダするが関ヶ原で大津城籠城に参加し、落城落ち延びる。
またまた運良く親戚が有力大名に使えててその縁で再就職。その親戚が大阪の陣で大活躍して永代家老職になり、先祖安泰。
しかし有力大名が粗相して切腹。わいの先祖は討ち入りに参加。
おとんは長男には秘密にして次男は養子にだして御家存続を図るも、いざ集合場にいったら家族三人勢揃い。お家はなくなっちゃいました。



254 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/08/12(水) 21:04:07.35 ID:mb3/KsK0
デューダするって21世紀になって初めて見た気がするw

255 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/08/12(水) 21:05:14.67 ID:v7GOyqug
奉行に届けてるだけ理知的だなって思ってしまった

256 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/08/12(水) 21:17:50.26 ID:tsLUhoru
>>253
間喜兵衛か

292 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/08/24(月) 05:14:25.16 ID:VJwm7SWo
>>256
マイナーなのによく分かるな。すごい。

296 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/08/24(月) 17:21:29.52 ID:Wzvp7A45
>>292
47人のうち一家三人参加で考えると間家しか

不思議な神子

2020年07月25日 17:54

218 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/07/24(金) 22:48:42.24 ID:r3NYavW9
文禄二年の春、奈良の近くに不思議な神子(巫女)が現れた(歳十七計也)。
ある時、伊勢御祓笠の上に落ちかかったかと思うと、狂気して水垢離を、日中に百桶計りずつ行った。
そうして、井垣を結い注連縄を張り、其の身は高き所に居た。

さて、彼女を詣で来る者があると、その病はたちどころに平癒し、痛みのある場所は、神子がその手を以て
さするとそのまま治った。こうして彼女のもとに貴賤の群衆する事大変なもので、問う者が心に思ったことが、
この神子が先立ってありのままに語り申した事と少しも違わなかったという。

其の頃、彼女は懐妊し、その年の冬が終わって誕生したのは狐であった。これを見てかの神子は死んだという。

当代記



219 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/07/24(金) 23:20:45.99 ID:gVjjP19o
後の安倍晴明…ではないのか

【ニュース】「福知山城天守の写真発見 再建前の姿、明治初期撮影か

2020年07月23日 18:11

411 名前:人間七七四年[] 投稿日:2020/07/22(水) 23:33:13.10 ID:xuQjvyR8
ニュース「福知山城天守の写真発見 再建前の姿、明治初期撮影か」
https://news.yahoo.co.jp/articles/3e795b05e95eabe73136548c894a07f1f709b52b


光秀時代の建物ならすごいけど



414 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/07/23(木) 10:35:14.29 ID:TiWbhyZS
>>411

和歌山城でしょ。

大阿武船解体までの顛末

2019年09月12日 16:05

387 名前:人間七七四年[] 投稿日:2019/09/11(水) 17:39:44.40 ID:gQUFVVVN
長いですが大阿武船解体までの顛末です。

http://0845.boo.jp/times/archives/cat_cat37.shtml
せとうちタイムズ2002年09月28日号
人気漫画の映画化 少女剣士「あずみ」 決闘舞台に大阿武船ロケ

動かない銭食い船として不評をかもしていた村上水軍主力船を復元した「大阿武船(おおあたけぶね)」が、
映画「あずみ」の撮影ロケに使われることになり日の目を見ることになった。
大阿武船は外装が木造で全長25メートル、幅10メートル、100トン。1997年、日本宝くじ協会の助成金1億円をかけて
「全国に因島村上水軍をPRしよう」と内海造船田熊工場で建造した。1999年の瀬戸内しまなみ海道開通イベントには
土生港から大浜町相川ビーチまで海上パレードしてお披露目した。
もともと同船にはエンジンがなくこの時の曵き船によるえい航費用が約250万円。何かのイベントに利用するとすれば
200万円前後は必要となる。このため内海造船田熊工場内の船台に保管されたまま眠っていた。その保管料が年間300万円。
市は有効活用を模索してきたが妙案にめぐりあえず大浜町しまなみビーチの陸上展示を検討していた。
今回の映画製作会社からのロケ利用で日の目をみることになり「全国に因島村上水軍がPRできれば因島水軍まつりにも
はずみがつく」と無償貸与を決めた。

せとうちタイムズ2005年08月20日号
合併のお荷物 一億円の「大阿武船」因島市検討委初会合

中世の村上水軍のロマンを求め全国にPRしようと因島市が日本宝くじ協会から1億円の助成を受け復元した水軍旗艦船
「大阿武船(おおあたけふね)」が建造以来、
ほとんど活用されず内海造船田熊工場に保管されたまま野ざらしになって老朽化している。
このため市は17日、活用方法を探る検討委員会をたちあげて初会合を開き、委員長に宮地正助役を選び地元観光協会や
文化財協会などから6人の委員が出席、これまでの経過、説明を受けた。
現在、大阿武船は設計建造した造船所に年間保管委託金300万円を支払っているが自力で航行できない海洋建造物のため
水軍まつり協賛事業に活用するにも経費のねん出に問題がある。
大浜町のアメニティ公園に陸上展示する案は2~300万円かかる。インターネットで引き取り先を公募したが「タダでもいらぬ」という結果が出た。
こうした経過などをもとに委員会で意見交換が行われたが、ユニバーサル造船因島事業所長、若野晃一委員から「船を他角度
からビデオ撮影。コンピューターグラフィック(CG)を加えれば歴史教材になる」と提案。同市中庄町の水軍城周辺に
陸揚げ展示案も出た。そのためには周辺整備を一体化しなければ効果がないなど、廃船よりも利活用する提案が出た。
このほか、老朽化防止や補修問題など専門的な意見が出た。同委は次回、内海造船田熊工場に保管されている船体の現地調査、
移転候補地など視察する予定。いずれにしても尾道市との合併をにらんで作業を進める。

せとうちタイムズ2006年06月17日号
大阿武船がついに解体

尾道市は12日から、因島村上水軍の主力船を復元した大阿武(おおあたけ)船の解体作業を開始した。今月中に終わる見込み。
建造費1億円のこの船も全国から4件の問い合わせがあったが、活用のめどがたたず、市も「文化財の価値はない」と判断した。
作業は内海造船田熊工場に陸揚げされて始まった。杉材は廃棄され、鉄製の骨組みは再利用される。総費用は約580万円。

388 名前:人間七七四年[] 投稿日:2019/09/11(水) 17:45:51.99 ID:gQUFVVVN
せとうちタイムズ2007年07月28日号
旧因島市建造の大阿武船の追想

梅雨があけ、参院選が終盤を迎えた25日夜。テレビのチャンネル転換が忙しかった。RCCの特別企画(4時間)の「ハリー・ポッター」、ホームTVの
サッカーAFC「日本×サウジアラビア」。NHK「その時歴史が動いた=アンコール・信長の巨大鉄船戦国の海を制す(戦国の軍艦)」。
戦国最強の村上水軍が織田信長の命令で建造した「鉄の船」との海戦で予期しない敗戦シーンが目に止まり、しばし釘付け。中世で最強を誇った
村上水軍も織田水軍に破れ、阿宅船が炎上する場面が、旧因島市建造の大阿武船の追想と重なった。
建造費1億円をかけたこの船の出番は2回だけだった。デビューはNHK大河ドラマ「毛利元就」の合戦のシーン。次は平成11年しまなみ海道全通記念事業として
大浜町のしまなみビーチで繰りひろげられた火まつりの水軍絵巻。以後は輸送に経費がかさむという理由から出番が無く無用の長物となり、
尾道市との合併を機に解体という運命になった。
ちなみに解体船は鉄製の船底上に木枠組みした言わば張り子だった。



389 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/11(水) 19:18:39.42 ID:HklVf1Z/
外観復元なだけじゃ「文化財の価値はない」だわな

391 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/12(木) 14:53:32.25 ID:/feMcuRk
もし船にエンジン付けて自分で動けたら
コンクリートの城と同じで世間に叩かれてたよな

足ノウラヲカク

2019年09月02日 15:51

353 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/01(日) 20:56:01.50 ID:J7AQ/r7P
人を殺して止めを刺す時に、あるいは喉を断ち切り、あるいは胸を突き通し、またその足の
裏を割るのが古の一例である。これを“足ノウラヲカク”という。

――『志士清談』



354 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/01(日) 21:26:25.56 ID:hPEwf+FO
足の裏って地面につく部分のことでいいの?

355 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/01(日) 23:31:20.36 ID:Mb3OXDLx
戦国時代の足の裏はめっちゃ硬そう

さもあるべき実情の物語

2019年08月09日 17:45

135 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/08/09(金) 00:56:49.57 ID:jo9Grmbb
戦国が治まって太平に成った頃まで長生きした老人が有ったが(この老人の名前も聞いたのだが忘れてしまった。
これを指摘した上で追って再び聞こうと思うと、川尻は言った)、とある集まりで雑談していた時に、
年若き輩が、戦場に出て功を成すのだと狂おしく語っているのをこの老人が聞いて笑い出した

「それは大きな了見違いである。私は数度戦場に出たが、なかなか恐ろしくて兼ねてからの心がけなど
出来ぬものである。私はある戦の伏せ勢に組み入れられて、草高き林の中に埋伏していたが、その時の
心には『とうか敵がこの道を通らないように』と哀れにも思っていた。遥かに馬煙が見えた時は
いよいよ恐ろしく、この合戦が終わったならば武士を辞めよう、とまで思っていたが、敵が我々の伏せている
所を通過しようとする頃、『合図これ有り候』と打って出るに至った時には、それほど恐ろしいとも
思わなくなり、味方の馬に踏まれたり打物に当たったりして討死の数に入る者も出たのだが、その時に
至ると何とも思わなく成っていた。

私は籠城にも何度か加わったのだが、これも籠城の最中は『再び武士になど成らない!』と思い詰める時も
有ったのだが、その戦が終わってしまうと、武士を辞めようという気も無くなっていた。」

そう老人は語った、さもあるべき実情の物語であると、聞いたままに記録した。
またかの老人の物語に

「私が臆した心底である故にそんな事もあるのだ、と思われるかもしれない。しかしその当時の同輩たち、
何れも同様であったのだよ。」と語った。

(耳嚢)



敵陣に大量のキングコブラをまくという戦法

2019年05月29日 18:22

71 名前:人間七七四年[] 投稿日:2019/05/29(水) 17:57:14.41 ID:38thBiDl
敵陣に大量のキングコブラをまくという戦法 [無断転載禁止]
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/sengoku/1494619655/


戦国板にもこういうネタスレがありますが、海外ではマジにこういう戦法が日本であったと思われているらしい。
欧州の研究家が江戸時代の軍記物のネタ話を丸写しで信用し、そのまま出典として引用しちゃったそうで・・

The Samurai Capture a King: Okinawa 1609
著者: Stephen Turnbull
https://books.google.co.jp/books?id=hF21CwAAQBAJ&pg=PA50&hl=ja&source=gbs_selected_pages&cad=2#v=onepage&q&f=false
SnapCrab_No-1445.jpg
SnapCrab_No-1446.jpg



72 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/29(水) 18:27:45.34 ID:g8U7CXov
>>71
まあ日本でも三国志のぶっ飛んだ逸話信じてる人いるししゃーない

73 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/29(水) 18:42:47.13 ID:AEb8hRxI
>>72
同じ伝記でも水滸伝だと完全にフィクションだろってことでスルーなんだけど、
下手に歴史物な三国志だと信じる人結構多くなっちゃうねい。

74 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/29(水) 19:18:47.59 ID:mk5fFJh4
鈴木真哉「戦国時代の計略大全」p189だと
甲州流、北条流などの軍学書にな、蛇攻め、もしくは蛇責めというものがあるが中身の説明はまったくないので実態不明。
浸し攻めと並ぶ水攻めの方法の一つ、と書いたものがあるから
蛇が水没したねぐらから城に入って人々を苦しめる程度の小規模の水攻めだろう

としていた。

「蛇を撒く」だと、むしろ
フラウィウス・ヨセフス「ユダヤ古代誌」にある、
エチオピアがエジプトを攻めた際、モーセが敵陣に奇襲をかけるために
蛇がうようよする内陸の道を、蛇を食べるトキを連れて通り、見事奇襲に成功した。
という映画「十戒」でもネタにされている話の方が近いような。

75 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/29(水) 19:30:43.27 ID:znGVlwxs
>>72
薩摩の琉球攻めの軍記物だから、三国志演義の南蛮攻略とほぼ同じノリなんだよねえ
おそらく実際に参考にしてると思う

76 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/29(水) 20:47:43.30 ID:F/n+f8Zb
前田利常が蛇責めやってたゾ

77 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/29(水) 21:05:19.62 ID:kRg60A/1
>>76
拷問と城攻めを一緒にしちゃいかん

78 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/29(水) 21:11:48.92 ID:UGOt4bAO
スサノオがオオクニヌシにやってたゾ

79 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/30(木) 09:30:54.16 ID:GaQuAx5H
著者のタンブル氏は欧米で東アジア戦史に関しては、日本で言えば小和田・本郷ポジションだもんな
思い込みと資料の未精査と誤訳も多いけど

80 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/30(木) 11:29:15.28 ID:rRAGmZNE
>>71
薩摩の琉球侵攻作戦にしか見えない
ハブ撒いたの琉球じゃん

81 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/30(木) 12:13:52.40 ID:Oa0G9WWv
Kindleで出てたから買って読んだら
・1942年にドイツ語で薩摩の琉球侵攻の本が出ているが
軍記物を参考にしていてあてにならない
・良質な史料としては琉球サイドの喜屋武親方の「喜屋武日記」
薩摩サイドの「琉球渡海実記」「琉球軍記(軍記とはあるが史実的に正確)」
・軍記物で記述されてる人物も実在の人物と乖離しているものとしては「島津琉球軍精記」それを基にした「絵本琉球軍記」がある
・何百匹ものハブを集めて放した話は「喜屋武日記」にはないが薩摩方の記録にある

となっていた。
ぱっと読んで違和感があったのは
・島津忠久は頼朝の庶子。頼朝が嫉妬深い正妻から離すために忠久を遠国の領主とした
・琉球の初代国王舜天は追放先から逃亡した源為朝の子供と言われるが、為朝には追ってきた船を矢を放って沈没させたあと切腹したという説もある。
(外国の読者に、矢で船を沈没させるよりは逃亡した方がありえそう、と思わせるような内容)

83 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/30(木) 17:56:57.91 ID:yM5amPZr
>>81

英文だからしかたないが誤字ありますね
薩摩の琉球侵攻の薩摩・琉球それぞれの一次史料とされるのが、市来孫兵衛『琉球渡海日々記』、喜安『喜安日記』

影佐『琉球軍記(琉球入ノ記)』はさほど年月が経たない時期に書かれたとされていますが、七島衆(吐?喇列島)の
船頭衆が功績を誇示するためにかなり膨らませて書いたと考察されてますんで、あんま参考にしない方がいいかと思います

一次史料を見る限りは沖縄本島での戦闘は、首里の手前で100余人の琉球軍が薩摩軍の鉄砲で散々に打ち破られたという程度
(ただし薩摩軍は行く先々で放火してますが)
以前NHKの琉球特番でもやった、那覇港要塞の火砲で島津船団を撃退したというのは琉球軍記の記述です
でもこれもどうやら・・

84 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/30(木) 18:01:59.35 ID:Oa0G9WWv
>>83
原文のローマ字表記をこんな漢字だろう、としてみたら随分違いました
ちゃんと原文通り書けばよかったですね、すいません

85 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/30(木) 18:13:15.89 ID:yM5amPZr
https://i.pinimg.com/originals/4f/fd/32/4ffd32696d17a0d13c814d38a57c65b0.jpg
https://i.pinimg.com/236x/c2/51/2d/c2512d1808a489d1399889d3486f679d--samurai-wars-katana.jpg
4ffd32696d17a0d13c814d38a57c65b0.jpg
c2512d1808a489d1399889d3486f679d--samurai-wars-katana.jpg


資料の存在しない琉球軍の想像図が酷過ぎるが、まあ日本人も外国中世風ファンタジーではよくやってるからいいか(よくないけど)

86 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/30(木) 18:22:45.81 ID:yM5amPZr
ところで、琉球時代の歌謡集『おもろさうし』では、薩摩軍の侵攻などを歌った部分に、薩摩兵を前坊主(まえぼじや)と呼んでいるので、
月代を剃っていたのが確実視されているとか

87 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/30(木) 18:47:21.84 ID:Oa0G9WWv
そのあたりの記述
琉球の防衛側の武装については島津に比べほとんど不明。
おそらくは原始的でないにしろ島津より劣っていただろう。
もともと日本や明から武器を輸入していたのだが、1450年代の倭寇のせいで明の福建の商人が琉球に武器を売らなくなってしまった。
また明同様、日本刀は珍重されていたが長いkatanaは実用的ではないため短いwakizashiを使っていたと思われる。
木製の盾も使っていた。
おそらく日中折衷の武装で弓、刀、槍、銃、ハルバード(中国式の広い刃か日本式のnaginata)も使っていた。
琉球の王は早くから火器を取り入れており、1450年代の朝鮮の漂流民は琉球での火器仕様について触れている。
喜安日記には「敵軍(島津)は弾を浴びせながら橋を攻略してきた。我々はそのような銃は知らなかった」と書いてあるが
それは一斉射撃を知らなかっただけで火縄銃自体はあったと思われる。
また石火矢という琉球製の大砲もあり、1貫(3.75kg)の弾を発射したとされるが、
これは首里城から発掘された直径7-9cmの弾と合致する。
また石火矢は那覇港にも設置された。

90 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/31(金) 19:05:13.61 ID:TpoYaScU
>>87
https://thetv.jp/i/nw/103166/570881.jpg
570881.jpg

沖縄の琉球放送で製作した特別ドラマ「尚巴志」の画像だけど、まあ実際の15世紀初めもこんなもんだったんじゃないかってことだそうですよ。
頭だったものは日本式の武装で、あとは手に入るめぼしい武器、雑兵は平服に棍棒だとか。

中国や東南アジアの武器が出土しているにしろ、必ずしも異国風が主流ではなく、やっぱり本土日本風らしく、例えば博多や堺で
中国南蛮の出土品が見つかったからといって、当時の風俗が中国南蛮風だったかというとそうじゃないようなもので。


でもこういう厨二風の独自のやつもあるので、なんかわくわくしますね琉球時代の沖縄。
https://vps8-d.kuku.lu/files/20190531-1848_ac8b40959509e14bf60d30ebc0413f15.jpg
20190531-1848_ac8b40959509e14bf60d30ebc0413f15.jpg
※管理人注・PDF
https://sitereports.nabunken.go.jp/files/attach/21/21195/15959_1_首里城京の内跡出土品展.pdf

99 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/02(日) 19:08:34.47 ID:y+oIOg2Y
>>86
沖縄で波平スタイルのひとはどういう扱いだったのか

総じて名物の兜というものは

2019年03月19日 15:39

732 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/03/19(火) 09:08:49.07 ID:2YlsPBCU
武隠叢話巻八に曰く、細川三斎(忠興)に奉公していた老人の牢人が京にあったが、彼の物語によると、
摂津国に一ノ谷、二ノ谷と並ぶ峠があり、一ノ谷のある場所を鐵蓋ヶ峯といった。

美濃菩提城主・竹中半兵衛重治の兜は「一ノ谷」と云い、明智左馬助秀俊の兜は「二ノ谷」といった。
これは一ノ谷の兜に推し並ぶ名物であるということで二ノ谷と云い、柴田伊賀守勝豊の兜は
「鐵蓋ヶ峯」と云った。これは「一ノ谷より上手」という事である。

総じて名物の兜というものは、浦井(浅野?)若狭守の水牛、黒田長政の大水牛、日根野織部(高吉)の唐冠、
原隠岐守(長頼)の十王頭、福島正則の四段鹿角、本多中書(忠勝)の忠信が兜(佐藤忠信の兜であり秀吉より
賜る)、蒲生氏郷の鯰尾、伏木久内の割蛤、三斎(細川忠興)の山鳥、竹中半兵衛(重治)の一ノ谷、
明智左馬助の二ノ谷、柴田伊賀守の鐵蓋ヶ峯、矢田作十郎の鯉冑、武田信玄の諏訪法性、秀吉公の八日月、
台徳院殿の御召になった角頭巾御冑、これらが隠れなき名物と呼ばれるものである。

加藤清正の長烏帽子、藤堂新七(良勝)の帽子なども、世に名高き兜である。

(安斉随筆)



733 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/03/19(火) 10:39:33.59 ID:1G6dHz3g
5行目までが浪人の語った話ってことでいいのかな?

タバコが流行り始めたのは、久しく昔という訳では

2019年03月17日 18:54

727 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/03/17(日) 13:06:28.81 ID:VEmyViUy
私(伊勢貞丈)の若年の頃、ある老人の物語して、たばこと申す物は古来は存在しなかったのだが、
天正年中、切支丹宗門というものが世に広まった時節より、たばこも始まったのだという。
ということは、元来は南蛮国などで産する草であったのだろうか。

以前はキセルなどを作る細工人も稀で、値段も高く、末々の者ではなかなか求めることも出来ず、
竹の筒に穴を通し、先の方を火皿としてタバコに火を付け吸っていた。

タバコは元は西国筋より流行り始め、中国五畿内でも人々はもてはやしたが、関東筋ではタバコを吸うと
いうことを誰も知らなかった。いつの程にか段々と流行りだし、またキセルを作る細工人なども多くなったため、
竹の筒のキセルなどという物も廃れた、というようなことも、かの老人の物語ったものである。
これらから考えると、タバコが流行り始めたのは、久しく昔という訳では無いように思われる。

(安斉随筆)



728 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/03/17(日) 18:20:13.34 ID:5akfMxjR
タバコみたいな美味いの何でみんな吸わないのだろう
高くて手が出ないのかな

729 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/03/17(日) 23:28:56.83 ID:t4iSdy89
前田慶次が吸っていたキセルはなんだったのか

【ニュース】姫路の化粧品メーカーが姫路城の紋瓦型せっけん販売へ

2019年02月08日 17:57

670 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/02/08(金) 12:48:10.44 ID:Hub/Hg8U
姫路の化粧品メーカーが姫路城の紋瓦型せっけん販売へ(姫路経済新聞)
ttps://himeji.keizai.biz/headline/1803/

姫路の化粧品メーカー「しらさぎ化粧品」(姫路市飾東町)が1月28日、姫路城の紋瓦をかたどった
「姫路城紋瓦石鹸(せっけん)」の販売を始めた。

紋瓦石鹸
ttps://images.keizai.biz/himeji_keizai/headline/1549294484_photo.jpg
1549294484_photo.jpg

平成の大修理で姫路城の瓦を作った「光洋製瓦」(姫路市船津町)の瓦師(かわらし)の協力で原型を製作し、
本物そっくりの質感を出すため竹炭を使い、一つ一つ手磨きでアンティーク加工を施した。
大きさは直径約9センチ、重さは約85グラム。

ココナツオイルとオリーブオイルを主成分に、ペパーミントの精油で香りを付けた。紋瓦のデザインは
「羽柴秀吉の五三桐紋」「池田輝政の揚羽蝶紋」「酒井忠恭の剣酢漿」を再現した。商品には海外からの
観光客を意識し、日本語・英語・中国語で「紋瓦石鹸」「光洋製瓦と姫路城瓦」を説明した紙を同梱する。

パッケージ
ttps://images.keizai.biz/himeji_keizai/photonews/1549294615_b.jpg
1549294615_b.jpg


秀吉の桐紋使用はもっと後だけど、まぁ仕方ないか


【ニュース】江戸時代初期に「大坂幕府構想」検討か 新たな書状見つかる

2018年12月21日 22:39

578 名前:人間七七四年[] 投稿日:2018/12/20(木) 19:29:56.80 ID:ArJ6pWRU
江戸時代初期に「大坂幕府構想」検討か 新たな書状見つかる
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181220/k10011754471000.html


何か面白いニュースがあった。
何気に島津家久(悪)が登場してて笑えるんだがw

579 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/12/20(木) 19:51:57.17 ID:X8bbhAyj
NHK正月時代劇「家康、江戸を建てる」

581 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/12/20(木) 20:45:52.09 ID:fs8f75Bh
大名屋敷が整備された形跡もないし
そもそも大坂城は元々将軍の持ち城だし
まあいつもの藤田達生だな
見出しで釣ろうという魂胆が透けて見える

582 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/12/20(木) 21:13:53.93 ID:PR43Q323
>>578
あくまでも遠州個人の考えじゃないの?

殉死せぬこと

2018年02月08日 18:00

623 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/02/08(木) 10:24:07.71 ID:ja1k65Sr
主人への殉死をしなかったと言って、家中の多くが悪しく言う者があった。
この者、主人の忌日に家中の者惣じて寺へ参詣した所で、彼らに所用があると引き止め、
惣衆集まった時に申し出た

「私について、殉死すべきであると、この座中におられる方々の中にも御沙汰があると
承っております。そのような方々はきっと、私が殉死すべき仔細をご存知なのでしょう。

私自身は、私が殉死しする事が御奉公に成るという理由が見つけられません。
主人によって御取立いただいた者は、必ず殉死すべきであるというだけなのなら、私は全く
納得に及びません。故に、殉死いたしません。

ただし、今ここであっても、その道理をお聞かせ下さるのなら、御奉公のことである以上、
すぐに殉死いたします。」

この言葉に、座中は一言の返答にも及べなかった

彼は重ねて申し上げた
「このように理を尽くして申した所、とかくの仰せも無い様です。である以上、殉死のことは定めて
あなた方による御沙汰では無かったと考えて良いですね?
この上は、今後うしろにて殉死の批判をされる方は、侍の本意にもとる人物であります。
その心を得られたまわれ。」

そういって退出したという。
(士談)


マジヤバいお話

2017年11月24日 17:17

334 名前:人間七七四年[] 投稿日:2017/11/22(水) 21:13:57.78 ID:hGDrQ4Ly
前野長康はマジヤバい。
まず実の父親が凄い。坪内勝定。
この男は前野長康と12歳差。つまり満11歳の時に仕込んだってことだ。
とんだヤリチンだぜ。

さらに母親が凄い。生駒右近善長の妹。
なお、生駒右近善長は長康より45歳年下。
自分より年下の母親から生まれてくる前野長康はヤバすぎる。



335 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/11/22(水) 21:38:01.55 ID:lnkCnPsw
出典は武功夜話?

336 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/11/23(木) 15:15:29.02 ID:jQjOTTHt
細川元勝もなかなかヤバい
父である細川昭元と13歳差
母もすごい。織田信長の妹お犬の方
生まれたのは両親が結婚する16年前で異父兄の佐治一成より6つ年上
マジヤバい



337 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/11/23(木) 21:25:40.38 ID:ArIA571p
>>334>>336
    r⌒\// ////:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ //// //
    (´ ⌒)\ ///::::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|// //
ポッポー ||  \|:::     ( ( /    ヽ) )+     ;| _/ /ヽ        /ヽ
     人   ...\    +  ) )|~ ̄ ̄~.|( (       ;;;/ /   ヽ      / ヽ
    (__)     \    ( (||||! i: |||! !| |) )    /__/U  ヽ___/  ヽ
また (__)天狗か .\+  U | |||| !! !!||| :U  /__/   U    :::::::::::U:
    (・∀・#)       \   | |!!||l ll|| !! !!|/| | 天 // ___    \     ::::::::|
  _| ̄ ̄||_)        \∧∧∧∧/  | | 狗|   |    |  U     :::::::::|
/旦|――||// /|      <   天 >  | |  |U |    |        :::U::|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |      <   狗 >      l ├―‐┤   U   ...:::::::/
|_____|三|/      < の の >     ヽ      .....:::::::::::::::::::::::<
────────────< 予 仕 >─────────────
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \< 感 業  >天狗じゃ!天狗の仕業じゃ!   
/⌒ヽ  / ''''''     ''''''  ヽ<.!    >こういう天狗のように鼻が立ってたのが
|  /   | (●),   、(●)   | ∨∨∨∨\天狗の天狗なんだよな今の天狗は
| |   |    ,,ノ(、_, )ヽ、,,     / ヤダヤダ \天狗の天狗を知らないから
| |   |    `-=ニ=- '    /〃〃∩  _, ,_  \天狗の仕業じゃ!  , ;,勹
| |   !     `ニニ´   `/  ⊂⌒( `Д´) <\          ノノ   `'ミ
| /    \ _____ /      `ヽ_つ ⊂ノ    \        / y ,,,,,  ,,, ミ
| |    ////W   / )、._人_人__,.イ.、._人_人_人     / 彡 `゚   ゚' l
| |   ////WW /<´ 天狗じゃ!天狗の仕業じゃ!>\  〃 彡  "二二つ
| |  ////WW /    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒   \|  彡   ~~~~ミ

338 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/11/23(木) 21:32:18.42 ID:XjByv4RE
一瞬、「細川元勝」を、天狗の修行した細川政元の父親の「細川勝元」と間違ってレスをしたのかと思った


339 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/11/24(金) 20:27:54.04 ID:BHx6D7ip
細川政元と言えば司箭院興仙っちゅう政元の修験道の師匠がいるんだが
1570年に安芸国から空を飛んで京都の愛宕山に住み着いたとかなんとか
政元に仕えてた人物がその時期まで生きてたとある通り非常に長寿だったようだが
100歳になっても若々しかったなんて話もありなんか嘘くさい

ちなみにこの人物武芸にも優れていて河野通昭(左京大夫通宣の庶子)にそれを伝えたという
河野から築山に改姓した子孫が貫心流として広島藩に剣術を広めたりしている
開祖の名前が源義経になってたりしてどっか嘘くさい


ついでだから書くが河野から築山に改姓した理由は先出の河野通昭が
秀吉への襲撃を企てたため子孫に累が及ぶのを恐れた、とされている
これは築山氏の編纂した史料に記載されており豊臣側の史料にはそれらしい記述はないようである
やっぱり嘘くさい

不覚悟の品々

2017年09月17日 12:52

231 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/09/17(日) 10:09:51.72 ID:+anRRzXN
古人曰く、侍の大身小身ともに、不覚悟の品々というものが有る。

一に、人の悪口、噂を賢しらに言う人
二に、侍と侍の間の仲が悪いからと言って、座席や路頭において慮外の輩
三に、親兄弟の敵を狙わぬ事
四に、被官、下人などが口論した時、言い過ぎた方や、非分の働きのあった方に、早く理を言って
   話談するようさせなければならない。事に大身奉行たる人は、自分の配下に即座に罪科を
   申し付けて事を済ませるべきだ。
五に、相奉行にて損得のある仕事をする時、自分の得のために傍輩を出し抜くこと。
六に、武士たる者、万事につけて自分より勝るものを嫉むこと。
七に、身体を治められず好色をいたし、要らぬことに過分の振る舞いあること
八に、武道具の嗜み無く、弄ぶ所の器物(茶道具など)を専らとする事。
九に、人の良き道具をあれこれ言いくるめて取ること。
十に、少しの心ばせが有るからと言って、人より優れているかのように過言すること。
十一に、仕合が良いと未練な侍であっても褒め、良き武士であっても足元が弱いのを侮る事。
十二に、有徳(裕福)な町人を見込んで武士の聟にすること。
十三に、良き縁者を持つ女性を女房とし、女房の縁者の威勢が衰え、或いは亡くなると、その女房を
    悪しく扱う事。

おおよそこれらの事は、傍らより見聞きしても大変見苦しいものであるから、人々は自ら戒めるべき事である。

(士談)

近世初期くらいまでの、武士の倫理観について



232 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/09/17(日) 13:32:06.28 ID:lOeraY96
戦国武将は大抵逆の事してる

233 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/09/17(日) 17:23:55.16 ID:0gyA34Re
士談って明治頃の本だろ?もはや戦国の雰囲気ないわな

236 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/09/18(月) 18:57:09.29 ID:gtKRsMo1
>>233
士談は山鹿素行の著書だから、一応近世初期だぞ

和談の使い

2017年06月26日 16:39

61 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/26(月) 09:38:11.31 ID:W+BjMk6D
ある人、敵より攻められている城より、扱いを乞う和談の使いとされて城外に出ることとなった。
この時大将初め諸侍それぞれ言った

「御辺は、大勢のうちから特に指名されて城外に出ることとなった人物であるので、今更言うには及ばない
だろうが、城中のこと、少しでも弱みがあるように云っては、扱いに成りにくいものである。
随分城中の強みを語り、兵糧弾薬等までふんだんに有ることをよくよく言い聞かせられ然るべきである。」

使いの侍
「委細、相心得ております。古来よりの作法でありますから、宜しく申すでしょう。」

そう言って外へ出、寄せ手の大将の所に至ると、先ず湯漬けを望んで2,3杯を食し、その上で酒を望み、
これを飲んで申し上げた

「城中では、先月の5日より10人を以て一升扶持にしていましたが、今月に入ってそれも配給できず、
酒などは大将物頭ですらろくに口に入れることも出来ず、味噌などは皆消費し尽くし、今では一口舐めるのも
古の雁鴨の料理よりも大切に存じています。」

寄せ手の歴々聞いて、未だ兵糧は潤沢と考えていたので意外に思った
「これは思っていたのと相違している。しかしながら左様な事も有るだろう。久しき籠城であったのだから。」
「さて、弾薬の方はいかがか?」

「弾薬もまた、只今は不通にこれ無く候。」

「そういう事であれば、何故に今まで城から出ず、籠城しているのか?」

使いの侍、言った
「その事です。若年の者たちは『これではどうにも成らないから、一方へ切って出て、一同に討ち死にすべき!
必ず一報をば打ち破ります!』と主張しているのですが、大将も物頭も奉行どもも、物資が残っている事を理由に
同心致しませんでした。そこで彼らは『同心無くてももはや一方へ切って出て打ち抜くべし!』と言い出し
ましたが、大将が強いて抑留しことで、さすがに打って出ること出来ず、今日まで引き伸ばされております。」

「その、打って出ると主張している人数はいかほどなのか?」

「それも僅かに、百七,八十人ばかりです。雑人や下々は存じもよらぬことで、ただ侍分の者ばかりこれを
主張しています。」

これを聞いた寄せ手の者たちは談合した
「この使いの申す所、一々偽りが無いようです。であれば、仮に百七,八十人の侍が必死の思いをなせば、
寄せ手が勝利したとしても、大勢の死傷者が出るでしょう。ここは和談を用いるべきでしょう。」

こうして和議が整い、城が明け渡された時、兵糧雑器は未だ山のように残っており、弾薬も大量に
備蓄されていた。ただし、打って出ることを決意した人数を百七,八十人と言っていたが、実際には
十七、八人も居なかったという。

この扱いの侍、優れて才の逞しき者と言うべきであろう。

(士談)



62 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/26(月) 16:27:33.20 ID:SoVYyyyF
なるほど。舐めてかかって来るならば潤沢な弾薬で一捻りするのか

63 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/27(火) 10:16:38.98 ID:T68U6Os8
兵糧弾薬残ってるのに城明け渡すなんて利敵行為じゃないの

体内の光物

2017年06月23日 09:25

52 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/22(木) 23:51:44.66 ID:53keMK1k
ある人の語った所に寄ると、戦場へ出る度ごとに戦功を顕し、先駆け殿の功重なる勇者があった。
彼の友人がこれを羨み、

「我も人も、武士の家に生まれて一通りの働きを遂げぬ者は、家職を辞めて農工商の職を行う人に
成るべきだろう。だからこそ一通りの働きはしているが、御辺のように度々の戦功を成し、
後にて後悔もないような、心と身と口の一致した働きをするのは、致しようというものが有るのだろうか?
有るのなら是非承りたい。」

こう問われ、この勇士は
「奇特なることを尋ねられるな。わかった、語って伝えよう。しかしこれは武士の本意であるので、三日
物忌みをしたまえ。その上でこそ伝えよう。」

これに問うた者は喜び、三日斎戒して再び対面した

勇士曰く
「生死は一大事である。人の生きることを止めないために慎むべき事であるから、この事を秘事にしているのだ。

大きな仔細が有るわけではない。人の身には手毬ばかりの大きさの、光る丸い物があって、常には臍の下
あたりに静まっている。
しかしこの光物は常に身中を往来し、面門(口)から外へ出入りもする。

臆病な者は、この光物が抜けて内に無い。このため光を失い何事も分明ならず、方向を失うのだ。

それより少し心得有るものは、外に抜けてはいないといっても、面頭に上がり、このため目も見えず
耳も聞こえず、その場における善悪の判断も出来なくなる。

それよりも一段上の人は、この光物が胸に上がり、胸騒ぎがしきりである。

上段の人は、臍下に留まり気は勝り、病気などに成ることもない。こう言った人こそ心口行の三つ一致して、
所行常に静かにしてその理も分明である。

これを修行するには、人に会って怒りを覚えた時、この事を思い出す事だ。
そこでよく考え、体の中の光物を納め付けた時、終には修行が本意に至るのだよ。」

この教を受け、問うた者は拝して退いたという。
これは定論ではないのだろうが、この説を実践すればその至極に至ることも出来るだろう。
かの孟子が論じた「放心」にも似ている。

(士談)



53 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/23(金) 02:05:21.72 ID:/IPKuLm8
武術でいうところの「気」か