加藤貞泰は、途方にくれていた

2012年10月30日 19:59

138 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/29(月) 19:30:08.41 ID:XcVku1Kq
秀吉への初めてのお目見えを控えた加藤貞泰は、伏見城内で途方にくれていた。
彼にとって初めての殿中であったし、また若輩であったものだから、城内で大いに迷ってしまったのだ。

貞泰はなぜこんな事態に陥ったのか?それは、彼を御前へ誘引してくれる者が誰もいなかったからである。
大事なことなので何度となく繰り返すが、彼の父・加藤光泰と石田三成は不和であり、旗本の諸臣は皆、
三成にへつらっていたのだ。

しかしその時、山本嘉兵衛尚則という人物が貞泰を見つけ、自ら供を申し出てくれたうえ、
お目見えの式を整えてくれた。

貞泰はこの時の恩をずっと忘れず、後年、大坂落城で山本尚則が没落した時には、手を差し伸べ、
家中に招いたのである。
尚則は「老齢であるから」と辞退したのだが、貞泰は彼に隠居料を与えるとともに、
その子・三郎兵衛則兼を臣下にしたという。
(加藤光泰貞泰軍功記)




139 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/29(月) 19:38:22.62 ID:38HGUZFm
>>138
なんだか久々に純粋に良い話だな
有名な人はなんだか裏がありそうだけど。

140 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/29(月) 19:47:54.90 ID:sJa/mzJc
親切はしとくもんだね!

141 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/29(月) 20:33:22.90 ID:UOfu71bB
家督を継いだのが14歳ということなので、そのあたりの出来事として、純粋にありがたく思ったのかも。

142 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/29(月) 20:41:11.19 ID:lrjK18kf
迷ったのは事実だが、それを三成のせいにした様に見えるのはきっと気のせい

143 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/29(月) 21:44:45.14 ID:B4hZUQSB
14歳でぼっちか・・・

おいやめろ

144 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/29(月) 22:27:38.00 ID:+skKrbQG
親父がアレで息子がぼっちとか目頭が熱くなるな

145 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/30(火) 01:08:55.25 ID:UbAfimao
つーかこの手の無理やり三成を悪者として登場させて
踏み台にしてる系のいい話ってなんか感じ悪くて嫌いだわー。
書いた奴の魂胆が見え隠れするっていうか
スポンサーサイト

加藤貞泰の従妹

2011年10月18日 22:00

382 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/18(火) 00:09:45.30 ID:Sfy3t9PD
加藤光泰の後継・貞泰は父の死を石田三成による毒殺だと考え、深い恨みを抱いていた。
慶長五年、貞泰は上杉征伐へ出陣する予定だったが美濃に留まっていために西軍に巻き込まれた。
父の仇を討ちたい。だが、西軍優勢の美濃で一人反旗を翻したところでどうにもなるまい。
やむをえず西軍につくことにした貞泰だが、積年の恨みから、裏で東軍に内応することにした。
貞泰は家康のもとには病床に臥している実の弟を送り、三成には従妹を自分の娘と偽り人質に差し出した。


さて、この従妹に従ってきていた家臣・林孫大夫山利は考えた。
東軍が美濃に接近したあかつきには、主君がこの従妹を見捨てて寝返るのは火を見るより明らかである。
いよいよ石田方の旗色が悪くなったとみると、孫大夫はなんとか彼女を盗み出して連れ帰りたいと思い、
同じように人質を出していた姻戚・竹中重門の家臣と話し合った。

「二人とも七つか八つの子供だし、葛篭に入れて塀越しに投げ出してそのまま連れ去っちゃえば大丈夫!」

という訳で、投げてみたら石垣に激突した。あんまり大丈夫じゃなかった。


脚を損なったもののなんとか従妹は生きており、加藤家家臣の渡辺治大夫に嫁いで天寿を全うしたが、
このときの傷によって生涯不自由であったという。




383 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/18(火) 00:13:10.71 ID:XAg+IQE+
おいw

384 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/18(火) 00:15:16.95 ID:AJXmq3Vq
駄目駄目過ぎるだろwww

385 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/18(火) 00:18:04.32 ID:YZuFf1lX
こんなひどい話久しぶりに見た…

386 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/18(火) 00:18:17.62 ID:AzNtikw+
ひっでぇwwwwww

387 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/18(火) 00:19:07.11 ID:zLrTNZk7
脱出には成功したんだよね?
森忠政も一歩間違えればこうだったんだな…

388 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/18(火) 00:19:21.74 ID:YZuFf1lX
七つか八つの子を嫁に欲しいと思ったの?

389 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/18(火) 00:40:00.52 ID:gY3SN9HV
この後、すぐ嫁にいったとも書いてないんだが…
それに十になるかならないで婚約なんて珍しくない時代じゃね?

390 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/18(火) 00:59:27.47 ID:fQxnrAaQ
忠政公は森家の男だけあって丈夫だな。

391 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/18(火) 01:24:43.78 ID:YE1mV/g5
You can fly!

392 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/18(火) 01:38:32.68 ID:SUdMXtLt
鬼かこいつらwww

393 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/18(火) 03:42:28.19 ID:/L37wRt9
これに比べたら森家は荒事に馴れてるなw

394 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/18(火) 08:52:37.26 ID:YMCvw1YG
やはり布団は大事だな!

395 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/18(火) 09:01:07.75 ID:wUbuDy3p
どんくらいの高さから飛んだんだろ・・・

398 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/10/18(火) 18:31:09.23 ID:mWA9QZmc
姫視点でわらわの脚ぐらい三成殿にくれてさしあげますわ、おほほ
とか脚色すると大河にでられそうなぐらいかっこいいのに

399 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/18(火) 20:23:28.78 ID:2UUwmxhd
そんな金色のファルコみたいな姫って