『並ぶ者はあるが、増す者はいない』が良い

2017年09月27日 09:17

257 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/09/26(火) 23:40:04.01 ID:MoqyhZHA
越前朝倉英林(孝景)が言ったことに
「武者の雑談で出てくる、いかにも巧者の言葉を信仰し、能く聞くこと肝要である。
ただし若い頃から、合戦において巧者のように振る舞えば、却って悪名を得る事もある。
武者の事において人を褒める場合、『あれほど成る者は有るまじき』とは言わぬものである。
『並ぶ者はあるが、増す者はいない』と褒めるのが良い。」

(士談)

英林公の、人の褒め方についてのお話



スポンサーサイト

家中の武士どもの中に、

2014年05月17日 18:55

959 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/05/17(土) 10:34:45.74 ID:XWf9Iihi
家中の武士どもの中に、能力に劣る者や、何をやらせても下手な者がいても、
その気持ちにおいて真心で仕えているのならば、とくに目をかけてやり愛憐の心で扱ってやらねばならぬ。
また勇気に乏しく、か弱い者であっても、威儀を正して仕えようとするならば、
これもまた真心があり、いずれ何かの役に立つ侍であるから、人並みに扱ってやるべきであろう。
ところが、悪い点だけで、どこにも良い点のない者は、
目をかけていたわっても、或いは人並みに平等に扱ってやったとしても、到底、無駄と言うしかない
(朝倉敏景十七箇条)




吉日だろうと悪日だろうと

2014年03月17日 19:08

644 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/16(日) 18:55:45.74 ID:3d41eKx2
後がなく勝つしかない合戦や、落とすしかない状況で城を攻めるとき、
吉日を占い選んだり、縁起のよい方角を考えることに時間を費やすのは、
はなはだ無駄なことで、不満足であると言わざるをえない。
吉日だからと台風の日に船を出したり、吉日だからと多勢にひとりで突撃するのは、
いかに吉日だからと、それが無益であるのは火を見るよりも明らかである。
たとえ悪い方角に向かおうとも、仏滅の日であろうとも、
情勢をしっかりと洞察して、なにが虚か、なにが実かを考察し、
臨機応変に武士どもを動かして、敵に知られぬよう武略を敷くならば、
吉日だろうと悪日だろうと必ず勝利を招くものである

『朝倉敏景十七箇条』





英林公の分国法

2013年01月17日 19:50

112 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/17(木) 00:13:06.88 ID:xQWti9FN
戦国時代の分国法というのも、集めてみると現代にも通ずるものがあると思うので、
分国法の一つ・朝倉孝景条々(朝倉英林壁書・朝倉敏景十七箇条とも)をちょっと紹介してみます。

下克上第一人者こと朝倉英林孝景(敏景は斯波義敏麾下時代の名乗り)の定めた分国法……
まあ、国内法というよりは朝倉家の家訓集。ただし、全部が全部孝景が書いたものではなく
後々で氏景・貞景・宗滴といった後継者達が条文を加筆する事で現存する形になったものと思います。

以下、原文(といっても幾通りか残っているものの一つ)、口語訳、ついでに寸評を少し。
口語訳中の( )は、自分が文書を通して裏読みしてみた補足的なモノw


一 朝倉之家に於いて宿老を定むべからず、其身の器用忠節によるべく候。

「朝倉の家においては、重臣は固定させてはならない。家臣の能力や働きぶりで選ぶように。
 (重臣層が固定化すると、当主の足かせになる事がある。重臣であっても任免権を手放すな)」


二 代々持来候などとて、無器用の人に団扇並びに奉行職を預けられましく候。

「代々その役に就いてきたからって、ボンクラに部将や奉行をやらせちゃいけない」


※現代人からすれば何を今さらと言いたくなる、人事面の総則。
 しかし裏を返せば、当時の幕府や守護大名はこういう当たり前の事ができていなかったのかも知れない。

113 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/17(木) 00:19:51.11 ID:xQWti9FN
>>112続き

三 天下静謐たりといふとも、遠近の国に目付けをおきて、其国のていたらくを聞候ハん事専一候。

「平穏な時期であっても、諸国に調査員を派遣して、各地の情報を逐一つかんでおくように」

※たぶん忍者がどうのという話ではない。商工業の取引なんかも、情報収集の一環だと思う。


四 名作の刀、さのみ好まれまじく候。
  其ゆへは、万匹の太刀を持ちたりとも、百匹の槍百丁には勝たれまじく候。
  万匹をもつて百匹の槍を百丁求め、百人にもたせ候はば、一方は防ぐべく候。

「高価な名刀を買い漁ったりするのはやめておけ。
 そもそも、銭100貫の名刀を買うぐらいなら、その100貫文で1貫文の槍100本を買って
 100人の槍隊を編成すれば、合戦場で戦線の一つを受け持たせる事ができるだろ」

※英林殿はどうやらコストパフォーマンス志向だったらしい。
 なお、その100人の兵士への手当がどうのと考えるのは現代人の発想であるw


五 京都より四座の猿楽細々呼下し、見物このまれまじく候。
  其の値を国の猿楽のうちの器用ならんを上らせ、仕舞をも習はせられ候はば、後代まて然るべくか。
  城内において夜能かなふまじく候。

「都から売れっ子の猿楽師を何度も呼びつけて興行させるのは、金がもったいないぜ。
 そんな金があるなら、地元の猿楽師の研修や育成に投資した方が、よほど後世の役に立つ。
 城内で夜遅くまで能楽? 論外。(周りの迷惑だし、日中の仕事に差し支えるだろうが)」

※英林殿は地産地消志向でもあったらしい。おかげで曾孫玄孫の代には文化芸能が大いに振興したわけだがw

114 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/17(木) 00:26:58.76 ID:xQWti9FN
>>112-113続き

六 侍いの役なるとて、伊達・白川へ使者をたてよき馬鷹もとめられまじく候。
  自然他所より到来候はば尤に候、それも三ケ年すきは、他家へつかわせられべく候、長もちすれは後悔出来に候。

「馬や鷹が武士のたしなみだからと言って、陸奥伊達郡・白河郡といった遠隔の名産地にまで買い求めるのはよせ。
 他所からそういう馬や鷹を貰ったのなら使えばいいが、3年ぐらいたったらスッパリ手放してしまうといい。
 (3年も働かせていればくたびれるはずだから)長々と惜しんでいると後で痛い目を見るぞ」

※基本、ブランド品に金かけるのを戒める条文が多い。戦国乱世は実用品第一!という事か。


七 朝倉名字中をはしめ、おのおの年始の出仕の時上着布子なるべく候。
  並びに各の同名定紋をつけさせられべく候。
  分限のあるとて、衣装を結構せられ候はば、国の端々のさふらい色を好み、
  ふきそゝきたる所へ此ていにて出にくきなどとて、
  嘘病をかまへ、一年出す二年出仕いたさすば、後々は朝倉の前へ伺候のものすくなかるへく候。

「朝倉一門衆にしろ家臣にしろ、年始の出仕の時は布子(麻製の普通の布地)の上着で来い。
 あとそれぞれの家の家紋をつけろ。(家紋でどこの家か分かるようにしないと、普段顔を突き合わせない連中が困る)
 裕福な家柄だからって豪華な絹服で出仕すると、家格の低い連中がそいつ等の派手な服の間に並ぶのを嫌がって
 仮病を使ってだんだん出仕しなくなるだろ? そんな事を繰り返してたら家臣が減っちまうだろうが」

※安物のスーツ姿で成人式に出たりしたら、すっごい居心地悪くなった人には身につまされる話かもw


八 其身のなり見にくゝ候とも、健気ならんものには情可有之候。
  又臆病なれともゆふ儀をしたてよきは、供使いの用にたち候。
  両方かけたらんは所領たうなに候か。

「風采が上がらなくても勇敢で真面目に働く奴は、きちっと評価して目をかけてやれ。
 逆にヘタレだが人当たりのいい奴なんかは、供侍みたいな補佐役系の役目に向いている。
 見栄えも勇気もダメな奴? それって俸禄の無駄遣いじゃね?」

※人材活用の心得その1。適材適所、評価すべき点は評価、役立たずには辛く。

115 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/17(木) 00:32:47.42 ID:xQWti9FN
>>112-114さらに続き

九 無奉公のものと奉公のともから、おなしくあひしらはれ候ては、奉公の人いかていさみあるへく候。

「仕事しない奴とキチッと仕事する奴を一緒くたに扱うなよ。真面目な奴のやる気が萎えるからな」

※人材活用の心得その2。人事評価する方も楽じゃない。


十 さのみ事かけ候はすは、他国の牢人なとに祐筆させられましく候。

「よほどの緊急時でも無い限り、他国の牢人に文書係をさせるなよ。
 (機密文書は信頼の置ける奴に扱わせる、これ大切)」

※裏を返すと、祐筆(秘書みたいなもん)が機密を漏洩する事はよく起きたんだろうなあ。


十一 僧俗ともに能芸一手あらんもの他家へこされましく候。
   但身の能をのみ本として、無奉公ならんともからは曲なかるべく候。

「僧侶にせよ俗人にせよ、一芸に秀でた人材を他家に引き抜かれないように気をつけろ。
 ただし自分の才能を鼻にかけて反感買ってる奴とか、ろくすっぽ働かない奴はこの限りじゃない」

※明智光秀って、まさかこの但し書き部分に引っかかってスルーされたんじゃないだろうなw


十二 勝べき合戦とるべき城攻め等の時、吉日をえらひ方角をしらべ時日を逃す事口惜候。
   如何によき日なるとて大風に舟を出し、大勢にひとりむかはば、其曲あるべからす候。
   あく日あく方なりとも見合により、しよ神しよ仏・八幡・まりし天に別してせいせひをいたし、
   信心をもつて戦われ候はば、勝利をゑられべく候。

「勝てそうな戦、攻め落とせそうな城を目の前にして、日が悪いだの方角が悪いだのと言って
 好機を逃すのはアホの所行だ。逆に、吉日や吉方だからって嵐の日に船を出したり
 寡兵で敵の大軍にカチ込むのもパープリンのやる事。たとえゲンの悪い日や方角であっても
 神様仏様のご加護を信じて機会を捉えれば、八幡様や摩利支天様が勝たせてくれるってもんさ」

※現代人には想像しにくい、中世人ならではの験担ぎへの警鐘。
 いや、現代人だって判断に迷った時は縁起のいい方をつい選んじゃうもんだし・・・

116 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/17(木) 00:41:00.79 ID:xQWti9FN
>>112-115と続いているがあと一息です

十三 年中に三ケ度ばかり器用正直ならんものに申付、国をめくらせ、土民百姓の唱えを聞き、
   其さたを改められべく候。少々かたちを引かへ、自身もしかるべく候。

「有能かつ嘘のない家臣を選んで、年に3回ばかり領内を巡察させて、庶民の様子を見させ声を聞かせ、
 その報告を元に政務を見直しするといい。自分がお忍びで実際に見て回るのもアリだ」

※戦国大名の走りらしい、地域密着思想。朝倉始末記とかだと、気さくな人だったらしい。


十四 朝倉か館の外、国のうちに城郭をかまへさせまじく候。
   惣別分限あらんもの一乗の谷へこされ、其郷其村には代官百姓等はかり置かれべく候。

「朝倉家に属するものではない城や砦を、越前国内に築城させないように。
 (国人や土豪が独自に城を構えだすのは、反乱や一揆の温床になる恐れがあるからな)
 特に、重臣クラスは一乗谷に館を構えて常駐させ、所領には代官を派遣して統治させるように」

※前半の城云々は、百年後に秀吉や家康の出した一国一城令とは、意味合いが違うと思う。
 これは多分、築城計画の一元化による集権統治への試みの一環じゃないかと。


十五 伽藍仏閣並びに町屋等通られん時は、少々馬をとどめ、
   見にくきをば見にくさと云、よきをばよきといはれ候はば、
   いたらぬ者なとは御ことばをかかりたるなとゝて、悪しきをば直し、よきをば猶たしなむべく候、
   さうさをいれす、国を見事にもちなすも心ひとつによるへく候。

「神社仏閣や町屋を見て回った時は、(毎回でなくてもいいが)時には馬を止めて
 汚れや破損があったら注意し、綺麗にしてあれば誉めてやるといい。
 殿様が直々に評価してくれたとあれば、庶民もキチッと受け止めてくれるからな。
 ま、こういう無造作な声かけも、国を統治するための心配りって奴だな」

※英林殿の地域密着思想その2。こういう条文は後代の加筆ではなく、初代孝景のオリジナルだと思う。

117 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/17(木) 00:48:53.48 ID:xQWti9FN
>>112-116続き、これで最後

十六 諸沙汰直奏の時、理非すこしもまげられましく候。
   若役人わたくしをいたすのよし聞およはれ候はば、同とかにかたく申付られべく候。
   諸事うつろをきんこうにさたいたし候へば、他国のあくとう等いかやうにあつかいたるも苦しからず候。
   みたりかはしき所としられ候へは、他家よりてをいるゝものにて候。

「裁判や決裁をする時に、物の道理に合わない裁きを下しちゃいけねえ。
 もし汚職や依怙の沙汰をする役人がいたら、敗訴した奴と同じだけの罰を下してやれ。
 政治や司法が公明正大に運営されていれば、他国の敵勢力だって付け入っては来られない。
 他国に越前を侵されるとしたら、お前達の政治に悪評が立っているせいだと思え」

※これ読んでるとガチで心配になる、本当に大丈夫か現代ニッポン?


 (この後第十六条は当主の心構えが長々続くがどうにも抽象的な話なので割愛)

(末文)
十七 この条々大方におもわれては益なく候。
   入道一孤半身にて不思議に国をとるより以来、昼夜目をつなかすくふういたし、
   ある時は諸国の名人をあつめ、其かたるを耳にはさみ、いまにかくのことくに候。
   あいかまへて子孫において此条々書をまもられ、まりし天・八まんの御おしへとおもはれ候はば、
   かつくも朝倉の名字あひつづくべく候、末々において我がままにふるまはれ候はば、たしかにこうくわい可有之者也

「これまでに俺が挙げた家訓をおろそかにしても、あんましいい事無いぜ。
 俺は親を早くに亡くした身ながら運良く越前一国を手中に収めて、今こうして国を治める事ができたが、
 そいつは昼も夜も目を曇らせずに創意工夫し、諸国の名人智者の話を聞いて参考にしてきたからだと思う。
 お前達も子供や孫に俺の残した教訓を守らせ、神様仏様と同じぐらいに大事に守ってくれれば
 朝倉家は今後も続いてくれるだろう。
 将来アホンダラの子孫が我が儘なことをしだしたら、ぜってー後悔すっからな」

※「義景がアホだから」の一点張りに朝倉家滅亡の責を帰す気にはなれないけどね。


以上、福井県民による朝倉家のPRじみたネタでした。現代人の参考になりそうな教訓、あったかなあ……orz






119 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/17(木) 01:25:49.09 ID:baYWWs4p
まぁ戦は数の暴力でだいたい勝てるてのは今の日本人にゃよく分かるだろうて

120 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/17(木) 04:45:22.08 ID:xq3kLk4g
この朝倉孝景条々に書かれてる内容って戦争関連の記述に関しては英林孝景本人(又は2代氏景)が
書いていて
家内統制、領国運営みたいな項目に関しては3代貞景、宗淳孝景、宗滴が加筆していったっていう
見方がされているね
初代と2代目当主の頃は国内に敵残存勢力もまだまだ多くて越前国内でも毎年戦があって
国内統治もままならなかったが
3代、4代の頃に書状の発給量や寺社の建設数が飛躍的に伸びているのが残された
日付等から窺い知れるそうだ

そもそも今度の一天下の乱は

2011年11月22日 22:00

120 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/22(火) 01:25:52.31 ID:I6Pi0Jv+
文明3年(1471)8月5日の記事より

『先月21日、越前において、西軍斯波義廉の部将甲斐左京亮と、東軍に寝返った朝倉孝景が合戦し、
朝倉方が討ち負けた。朝倉方はもっての外の少勢であったそうだ。

これは越前守護職を得て以来、朝倉孝景は国司気取りで、烏帽子狩衣の、まるで殿上人のような姿をして、
その驕慢な振る舞いは隠しようもなく、そのため越前の国衆たちは彼を嫌い尽く背いたのだとか。
稀代の事だとの評判である。

そもそも今度の一天下の乱(応仁の乱)は、この朝倉孝景の所業によって起こったものなので、
彼はついに天罰を被ったのだと、世間ではもっぱら噂している。』
(大乗院寺社雑記)

後に越前で強力な戦国大名となる朝倉氏であるが、その初代である朝倉孝景が驕慢であったこと、
越前を必ずしも掌握できていなかった事、何より彼が応仁の乱の原因であったという認識があったことなど
色々なものが見えてくる記録である。




121 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/22(火) 08:22:37.11 ID:7K43f71P
へぇ、この時代は朝倉孝景が応仁の乱の原因なのか
おもしろいもんだ

122 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/22(火) 09:21:08.32 ID:KimIK5o3
>>120
狩衣で殿上人www

123 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/22(火) 17:57:20.40 ID:eeunHnWU
英林さんさすがや

124 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/11/22(火) 23:12:01.07 ID:Bm6AWC69
面白いな。

125 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/23(水) 18:11:52.94 ID:LZLJjBQO
英林と言えば英林壁書

もっとも実際いつ成立したのかわからないが