思いもよらぬ死

2012年02月06日 21:51

767 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/06(月) 03:47:49.44 ID:Otl5hA4/
思いもよらぬ死

武田家に仕えた浅利信在は、家中に置いて比類なき剛の者であった。
信在は常々、「自分が討ち死にするなど思いもよらぬことだ」と言っていた。

どんな状況に陥っても「(ここで死ぬなどは)思いもよらぬことだ」と言って
平然としていたので、郎党足軽に至るまで浮き足立つことを知らなかった。

ところがある時、信在は病に倒れ、あっというまに死去した。

慌てて葬儀に駆けつけた同僚達は、
「討ち死にすら思いもよらぬ方だったのに、まして急に病死なさるなど思いもよらぬことだ」

と言って、その武勇を偲び泣いたということである。


以上、武田家の陸戦モンスターの思いもよらぬ死でした。
それにしても武田家、比類ない剛の者が累々といすぎである。




スポンサーサイト