諏訪家切腹の作法

2012年02月08日 21:52

811 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/08(水) 12:17:42.71 ID:cDmWnN4l
まだ書かれてないようなので。時専で風林火山再放送、諏訪頼重切腹の回、放送記念に。

諏訪家切腹の作法

諏訪頼重は妻の弟武田晴信に敗れ、甲斐の東光寺に幽閉。ついに切腹の時を迎えた。
神長官守矢氏の残した『守矢頼真書留』によると、

切腹に先立ちサケ、サカナを所望したところ、酒は持ってきたが肴はないと武田の家臣が応
えた。それに対して、頼重は「武田では切腹の作法を知らないと覚える。肴とは刀のこと。わ
れらほどの武士に腹を切らせることは、武田家では今までなかったのであろう。」 といって
作法通りに立派に切腹した。

とのことであった。これは、東勝寺で北条高時とその一門自害の際、得宗御内人だった諏訪
入道直性が「この後に続く人はこれを肴に」と自らの腹を切った刀を長崎円喜入道の前に置
いた故事(太平記)によったものであろう。




823 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/02/09(木) 04:42:49.77 ID:RQkSHSm+
>>811

浅利信在「武田家では戦場にて討ち取られる以外に死ぬなどは思いもよらぬことだったもので」
スポンサーサイト