中野杢之助の最後

2012年03月21日 21:51

359 名前:人間七七四年[] 投稿日:2012/03/21(水) 17:02:24.52 ID:Vndyx+ow
年寄役だった中野杢之助は、参勤交代の道中である者に讒言され、
勝茂公の覚えが悪くなり、お目通りを許されなくなった。
勝茂公の病気がひどく重くなったので鍋島常辰が、
「私と志波喜左衛門、そして杢之助は、
勝茂様が御全快なさらぬときは追腹を切ると約束しております。
されば杢之助を御存命中にお目通りかなうようにおはからいくださいますように」
と申し上げたので、すぐに召し出された。
御臨終のとき、鍋島、志波の両氏は、
それぞれ悲しみを表現し、泣いていたが、急に立ち、来客、同藩の者に、
「どなたさまも、古くから御懇意にしていただき、
誠にお礼の申しようもありません。
名残おしめば幾日語り明かしても尽きないでしょう。
『私どもはこれにて失礼いたします』」
と言って通りすぎていった。
いあわせた人はみな涙を落とすばかりであった。
剛勇をもって聞こえた美作守殿さえ声も出せず、
「ああ剛の者よ、剛の者よ」
と言われただけだった。
中野杢之助は最後まで自分を讒言した者のことを憤っていた。
鍋島常辰は家に帰り疲れを休めるため行水し、
しばらく寝て目が覚めてから、
「枝吉利左衛門がくれた毛布を敷いてくれ」
と言い、その上で腹を切った。
介錯は三谷千左衛門だという。
ある人に聞いた話だが、杢之助のいつも持っていた扇子に歌が書かれていた。

惜しまるる とき散りてこそ 世の中の
花も花なれ 人も人なれ




スポンサーサイト

中野杢之助が隅田川でヤクザを斬ったこと

2012年03月18日 23:40

335 名前:人間七七四年[] 投稿日:2012/03/17(土) 23:39:37.56 ID:WdE5+nZc
中野杢之助が隅田川でヤクザを斬ったこと

中野杢之助が小舟に乗って涼みに出ると、
同じ船にヤクザ者が調子に乗って船の上から立ちションベンしていた。
杢之助はそれを見て問答無用に、首を斬り落とした。
生クビは川に落ちたから、胴体は素早く人にバレぬようにした。
そして船長には、
「こんことは口外するな。
隅田川の人目のつかんところに、
ヤクザの死体は隠せ。
金ならやるから。」
と言った。
船長は承知して、それ以降、なんの噂も上がらなかったと言う。

葉隠より




342 名前:人間七七四年[] 投稿日:2012/03/18(日) 12:54:28.17 ID:sO9NNaXa
>>335
さすが葉隠・・・
死狂いは伊達じゃない

343 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/03/18(日) 13:06:02.15 ID:COuNkRGO
いや伊達だろ